医師監修の美容医療メディア Call to Beauty

医師監修の美容医療メディア

レーザー除去(刺青・タトゥー除去)とは

最終更新日:2020年7月3日

この記事は、BIANCAクリニック金児盛 先生が監修しています。

概要・基礎知識

レーザーでの入れ墨除去治療は、色の深さと面積により、1回~数回に渡りレーザーを照射して徐々に刺青の色素を除去していきます。使用するレーザーはQスイッチルビーレーザーやピコレーザーなどがあります。

レーザーを極短時間に照射するQスイッチルビーレーザーは、肌の深部へ到達してターゲットとなる色素細胞を破壊することができます。黒や紺、濃い茶色などの入れ墨には効果が出やすくなっていますが、赤やオレンジ、黄色といった明るい色には反応しにくい性質があります。一方、ピコレーザーは長い波長をもつレーザーで黒や茶色といった色の他、赤、黄色、青、紫などさまざまな色素を破壊することが可能です。

レーザーでの刺青除去治療は色素細胞のみをターゲットにできるため、正常な部分の肌に与える影響が少ないのがメリットです。ただし、レーザーは徐々に刺青を薄くしていく治療であるため、1回の照射で除去することが難しくなっています。

結婚や就職をなどを前に刺青を消したいなど治療時間に制限がある場合は、事前にどのくらいの回数と期間が必要になるかカウンセリングで確認してから治療をスタートさせることをお勧めします。

こんなお悩みに

・刺青を切らずに消したい方
・なるべく傷跡を残したくない方

ダウンタイム/経過

腫れや痛みが数日~1週間程度、残ります。痛みが引いたあともかゆみや乾燥が残ることがあります。
刺青の色や大きさによりますが、3カ月に1回の治療を数回繰り返す必要があります。

費用

10,000~18,000円程度(面積1cm×1cm)

リスク・副作用

施術後、数日から1週間程度、腫れ、痛みがあります。
本来あるべきの色素の恒久的喪失、ケロイドの発生、皮膚の深いところまで達している場合は、黒単色でも消えないことがあります。色によって効果に差があります。

刺青(タトゥー)除去の治療

刺青(タトゥー)除去の治療が受けられるクリニック

形成外科美容外科皮膚科美容皮膚科
住所:東京都中央区銀座1-5-6 銀座レンガ通り福神ビル 4F
最寄駅:東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅5番出口徒歩1分 、東京メトロ銀座線銀座駅徒歩5分、JR有楽町駅京橋口出口徒歩5分
院長:堀田 和亮
診療時間:10:00~19:00
休診日:不定休
形成外科美容外科美容皮膚科
住所:東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
最寄駅:東京メトロ丸ノ内線西新宿駅徒歩30秒
院長:中村 大輔
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容皮膚科
住所:大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル6F
最寄駅:JR大阪駅中央改札口徒歩約7分
院長:富 隆志
診療時間:10:00~20:00
休診日:

レーザー除去(刺青・タトゥー除去)に関連する記事

  • 関連する記事はこれから登録されます。
PAGE
TOP