パントガールとは(概要・基礎知識)

女性の薄毛や抜け毛を改善するための内服薬です。女性の薄毛で最も多いのが、びまん性脱毛症です。髪の分け目から薄くなり、全体的に毛が抜けてしまうことです。脱毛原因は様々ですが極度のストレス、貧血、妊娠出産~授乳期、過度なダイエットによる栄養不足等様々な要因があります。

びまん性脱毛はパントガールという薬が有効です。パントガールはドイツの製薬会社により開発され、世界で初めて女性の薄毛に効果が認められた薄毛治療薬です。びまん性脱毛に効果を与える必須栄養素(アミノ酸、たんぱく質、及びビタミンB群L-シスチン、ケラチン、D-パントテン酸カルシウム)が含まれています。

服用方法は1日3回服用し、最低でも3カ月の服用が推奨されます。効果を持続させるためには6~12カ月服用すると良いとされます。パントガールを服用するにあたり大きな副作用の心配はありませんが、過去にパントガールに含まれている成分でアレルギー症状が出た方、12歳未満の子供には服用することができません。処方を希望の際には医師に既往歴等を正しく伝え、相談する必要があります。

パントガールが向いている人(こんなお悩みに)

・薄毛、抜け毛を改善したい女性の方

ダウンタイム/経過

食後に1錠を1日3回、毎日服用します。万が一服用し忘れてしまった場合はスキップし、次の服用を行うようにしてください。
早い方で3カ月、一般的に6カ月で効果が表れます。

費用

5千~1.2万円(1カ月分)

リスク・副作用

蕁麻疹、発疹、腹痛、胃痛、めまい、頭痛、動悸
※妊娠中は服用不可

*本記事内でご紹介した治療機器、施術内容は、個人の体質や状況によって効果などに差が出る場合があります。記事により効果を保証するものではありません。価格は、特に記載がない場合、すべて税込みです。また価格は変更になる場合があります。記事内の施術については、基本的に公的医療保険が適用されません。実際に施術を検討される時は、担当医によく相談の上、その指示に従ってください。

監修:

南寿美医師

BIANCAクリニック銀座

埼玉医科大学医学部卒業。皮膚科医として勤務を経て、2019年にBIANCAクリニックへ。
様々な美容外科施術をおこなっていますが、特に皮膚科医としての知識を活かして美容皮膚科施術にあたり、ドクターズコスメの知識も豊富。 またヒアルロン酸注入の症例がSNSに多く掲載されており、特に涙袋形成には患者様の魅力を最大限に引き出せるように工夫をしています。

埼玉医科大学医学部 卒業
東邦大学医療センター大橋病院 勤務
2018年 東京慈恵会医科大学皮膚科 勤務
2019年 BIANCAクリニック入職



婦人科の他の治療

婦人科の治療が受けられるクリニック

  • 住所: 大阪府大阪市北区梅田1-11-4大阪駅前第四ビル6F
  • 最寄駅: 大阪駅中央口徒歩3分
  • 院長: 飯ケ谷 重来
  • 診療時間: 10:00〜19:00
  • 休診日: 年中無休
  • 住所: 埼玉県さいたま市大宮区宮町1-5大宮銀座ビル4F
  • 最寄駅: JR・東武野田線共通大宮駅東口徒歩2分
  • 院長: 洪 鍾秀
  • 診療時間: 10:00〜18:00(土日祝も診療)
  • 休診日: 年中無休
  • 住所: 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-1-1アルシェ 8F
  • 最寄駅: JR大宮駅西口徒歩約1分、東武アーバンパークライン大宮駅徒歩約2分
  • 院長: 馬場 彬
  • 診療時間: 10:00~19:00
  • 休診日: 年中無休

婦人科に関連する記事

関連する記事はこれから登録されます。

の治療カテゴリ