医師監修の美容医療メディア Call to Beauty

医師監修の美容医療メディア

大陰唇脂肪注入とは

最終更新日:2020年8月25日

この記事は、La Clinique Ginza平田麻梨子 先生が監修しています。

概要・基礎知識

大陰唇は加齢や急激なダイエットにより、ハリを失うことで小陰唇が大きく見え、バランスが悪くなってしまいます。

そこで自身の太ももや腹部から脂肪を採取して大陰唇に注入をすることで改善することができます。豊胸術でも使用されるコンデンスリッチ、ピュアグラフト等を使用して脂肪の定着率を上げるクリニックもあります。

術後約1カ月は施術の影響で腫れていますが、約3カ月で腫れが落ち着き、脂肪が定着します。クリニックによってはヒアルロン酸を注入する施術法もありますが、約6カ月~1年で吸収されるため、半永久的に持続させる方法として脂肪注入があります。また術後1カ月間、性交は控える必要があります。

こんなお悩みに

・大陰唇に張りを持たせたい方
・ふっくらさせたい方

ダウンタイム/経過

施術部位の腫れがわずかにある場合がありますが約1週間で大きな腫れは落ち着きます。
脂肪吸引部位については痛みや腫れがあり、脂肪吸引部位の圧迫等を行う必要があります。

術後1カ月は性行為及びタンポンの使用は控えてください。抜糸時期は約1週間後、または溶ける糸の場合はなし。

注入脂肪の定着率は4~9割で個人差があり、3カ月ほどで安定します。

費用

28~40万円

リスク・副作用

腫れ、痛み、熱感、脂肪の定着率は4~9割で個人差があります。

婦人科の治療

婦人科の治療が受けられるクリニック

美容外科美容皮膚科
住所:大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第四ビル 6F
最寄駅:JR大阪駅徒歩3分
院長:飯ケ谷 重来
診療時間:10:00〜19:00
休診日:年中無休
美容外科美容皮膚科
住所:埼玉県さいたま市大宮区宮町1-5 大宮銀座ビル4F
最寄駅:JR大宮駅東口徒歩2分
院長:洪 鍾秀
診療時間:9:30~20:00
休診日:年中無休
形成外科美容外科美容皮膚科
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-1-1 アルシェ 8F
最寄駅:JR大宮駅西口徒歩1分
院長:加藤 英樹
診療時間:月~土10:00~19:00 日・祝10:00~18:00
休診日:年中無休

大陰唇脂肪注入に関連する記事

  • 関連する記事はこれから登録されます。
PAGE
TOP