目尻のしわ治療のコラム一覧

  • ソノクイーン(sonoQueen)HIFU

    ソノクイーン(sonoQueen)はHIFU(高密度焦点式超音波)を用いてメスを入れずにリフトアップができる機器になります。超音波により肌の奥へ熱エネルギーを与えると、そのダメージを回復させるためにコラーゲンを多く生成するため、肌のリフトアップ効果が得られます。リフトアップのほかに肌のハリやキメが改善したり、照射部位によっては二重あごの改善にもつながります。

    ソノクイーンは従来のHIFU機では対応しきれなかった目元の小じわなど皮膚の薄い層(深さ2.0mm)への照射ができるアイリフトカートリッジがあります。それ以外にも毛穴やその他部位の小じわに効果を発揮するカートリッジ(深さ3.0mm)、たるみ(SMAS)に効果を発揮するカートリッジ(深さ4.0mm)があり、悩みに応じて選択することができます。

    また痛みが軽減されているため従来機で痛みが強くてHIFU治療を断念していた方にもおすすめです。効果は約3~6か月で、施術後約3か月でコラーゲンが生成されきるので、3か月に1度の施術が良いとされています。

    この記事は、
    城本クリニック 立川院
    滝本磨理香医師が監修しています。

  • ウルトラセルQ+(HIFU)

    ウルトラセルQ+は切らないたるみ治療器といわれていて、1度の施術で顔のたるみ、法令線、マリオネットラインの改善に即効性を感じることができる治療になります。

    HIFU(高密度焦点式超音波)という超音波テクノロジーでSMAS筋膜(表情筋層)に熱エネルギーを加えることでSMAS筋膜を引き締めます。熱エネルギーを与えることによりコラーゲンやエラスチンを増生するため長期的に効果を持続させ、術直後から2~3カ月後に最も効果を感じ、半年~1年間程度持続します。

    数あるHIFU治療器のなかでも痛みが軽減されている機器で、痛みに弱い方でも安心して施術を受けることができます。
    また顎下周辺の治療に特化したヘッドの「リニア」は、脂肪溶解を目的として約58度の熱エネルギーを脂肪部分に照射して溶解させます。頬から下への施術で、小顔効果・二重顎が改善されます。線状照射により、照射時間が通常の2倍速となるので施術時間が短く済み、痛みも緩和されます。 

    この記事は、
    プリモ麻布十番クリニック
    大場教弘医師が監修しています。

  • ハイフシャワー

    ウルトラフォーマーやウルトラセルQなどのハイフ(高密度焦点式超音波)を用いて、お肌のハリ艶やトーンを上げる治療がハイフシャワーです。施術には、筋膜層よりも浅い皮膚への効果を高める1.5mmや2.0mmのハンドピースを使用します。

    超音波による熱エネルギーを皮膚の浅い層(1.5〜2.0mm)に加えることで、肌内部のコラーゲンが収縮し、即時的な肌のタイトニング効果をもたらします。また、熱による刺激から肌が回復する課程でコラーゲンが再生されるので時間の経過とともに肌質改善、毛穴の引き締め、肌がなめらかになるといった効果も実感できます。
    筋膜へ熱を届ける、たるみ改善のハンドピースと併用することで、美肌効果と小顔効果を同時に目指すこともできます。

    施術名はシャワーを浴びるように軽めの熱をスピーディーに照射していくところからきています。皮膚表層へのダメージがないためダウンタイムはありません。術後はメイクをして帰宅可能です。
    ハイフは、サーマクールやイントラジェンなどのRF(高周波)機器と組み合わせて、たるみ改善の相乗効果を狙うこともできます。

    この記事は、
    オーキッド美容クリニック東京御徒町
    西浦蘭子医師が監修しています。

  • マイクロCRF療法(フィラーゲラー)

    自分の体から採取した脂肪から余分なものを取り除き、濃縮して良質な状態にしたものを注入してシワやくぼみなどのエイジングサインを改善する治療方法です。CRFとはコンデンスリッチファット(濃縮脂肪)の略称になります。術名は「マイクロコンデンスリッチ脂肪注入」「コンデンスリッチフェイス」としているクリニックもあります。

    従来の脂肪注入やヒアルロン酸注入などと比較すると定着率が高く、効果の持続期間が長いところが最大の特徴でしょう。また、効果がすぐに実感できるという点でも、これまでの脂肪注入より優れていると言えます。

    注入に使用する脂肪(CRF)は非常になめらかで不純物などを含みません。しこりや石灰化だけではなく術後、肌に凸凹が生じるリスクも軽減しています。目の下などの細かい箇所への注入にも適しています。さらにCRFには良質な幹細胞が豊富に含まれていることから、肌質の改善効果も期待できます。

    採取する脂肪は太ももから採取することが多いです。注入部分のダウンタイムはほとんどありません。

  • プロファイロ

    イタリアのIBSA社の製品プロファイロ(PROFHILO)は高分子と低分子のヒアルロン酸を独自の特許技術によって安定した状態で配合したハイブリッドヒアルロン酸製剤です。

    このハイブリッドヒアルロン酸製剤をBeauty Esthetic Pointと呼ばれる顔、首にある10の箇所にピンポイントで注入することで、細胞が活性化し真皮層のコラーゲンやエラスチンが増生されます。その結果、加齢によって低下したツヤと弾力を取り戻し、自然なリフトアップ効果がもたらされます。

    これまでのヒアルロン酸注入は主にシワを埋めたり、くぼみにボリュームを与えるフィラー(充填剤)として使用されてきました。そのため、注入する箇所や量によっては不自然な印象を与えることが欠点でした。

    これに対し、プロファイロのヒアルロン酸は低粘度で皮膚によくなじみ、注入後の炎症やアレルギー反応を起こしにくいという特徴があります。肌そのものを再構築(リモデリング)する再生治療に近い形で注入するため、自然なリフトアップ効果が得られるのがメリットのひとつでしょう。

    この記事は、
    ルラ美容クリニック渋谷本院
    佐藤さゆり医師が監修しています。

  • スネコス

    スネコスは非架橋ヒアルロン酸と6種のアミノ酸からなる製剤です。含まれる6種のアミノ酸は特許を取得した特別な比率で作られており、注入剤としてイタリアで製造・認可されています。
    真皮層に注入することで線維芽細胞を刺激してコラーゲンやエラスチンの生成を促進し肌を若返らせて小じわやハリ、たるみ、肌の水分量、難しいとされるクマの改善など幅広い効果を発揮します。

    また、スネコスは非架橋ヒアルロン酸なので、従来のヒアルロン酸におけるアレルギーのリスク、と言われている架橋剤が含まれていません。また、さらっとした形状であるためヒアルロン酸注入の最大のリスクである血管閉塞が起こりにくいとされています。

    従来のヒアルロン酸やボトックスと異なり、何度施術を行っても不自然な仕上がりになることはなく、肌の土台からたるみや小じわが改善される治療です。施術は7日から10日ごとに4回を1クールとして注入を繰り返すことでより効果を実感しやすいといわれていますが、好きなペースで治療を受けることもできます。

    この記事は、
    八重洲形成外科・美容皮膚科
    原かや医師が監修しています。

  • サイトリッチACRS

    サイトリッチ(ACRS)とは「自己血サイトカインリッチ血清治療」のことです。PRP治療と同じく、自分の血液から成長因子と炎症誘発性サイトカインを抑える物質を高濃度で増やし、抽出した血清を衰えた毛包や皮膚に注入することで再生を働きかける治療になります。
    日本ではまだ導入されて間もない治療ですが、開発国のドイツでは以前から広く利用されているため実績がある治療です。エイジングケアの他にもニキビ治療やアトピー治療などにも効果を発揮します。

    人の老化(しわ・たるみ)は蓄積された老化細胞が慢性炎症をしているため引き起こされます。炎症を抑えるサイトカインをいれることで肌トラブルが改善し、肌質の向上へと導きます。

    血液を10㏄ほど採取し専用キットに入れます。専用キット内のポリマーに血小板が吸着してサイトカインを放出させます。より多くのサイトカインを放出させるために37度の温度で約3時間待ちます。サイトカインは37度に保つことで増殖します。
    その後、遠心分離機を使用して血球と血清に分離させ、血清成分のみを取り出し、血清をろ過して抗炎症性サイトカインを取り出します。そして注射、ダーマペン、水光注射、メソガンなどで顔全体や頭皮へ注入をします。

  • ボトックス注射(表情しわ)

    無毒化したボツリヌス菌を注入して気になる部分を改善する法です。眉間・額・目尻等、表情筋の動きによってできるシワに対して効果が期待できます。これらのシワは筋肉の収縮によっておこります。ボツリヌス菌の筋肉の動きを抑制する作用を利用してシワができるのを防ぐ施術です。

    また、ボトックス注射は筋肉が肥大している場合はエラに注入し、物を噛むときに使う咬筋をゆるめることで小顔効果が期待できます。

    この記事は、
    東京美容皮膚科クリニック
    二宮幸三医師が監修しています。

  • PRP血小板療法

    PRP血小板療法は患者自身の血液から取り出した血小板を利用したしわ治療法です。

    採血後、遠心分離機を用いて血小板成分を抽出し、気になる部分に注入していきます。濃縮された血小板には成長因子が豊富に含まれているためダメージを受けた肌をスムーズに回復させ、若返りを図ることができます。また、自分の血液から採取した成分を使用するので、アレルギー反応などの心配がない治療方法でもあります。

    効果が自然という点もPRP(PRP血小板療法)のメリットと言えるでしょう。

    この記事は、
    東京美容皮膚科クリニック
    二宮幸三医師が監修しています。

  • ヒアルロン酸注射(しわ、ほうれい線)

    年齢と共に減少するヒアルロン酸を気になる部位にピンポイントで注入して、肌にうるおいとハリを取り戻す施術です。ヒアルロン酸によって内側からふっくらさせることで、ほうれい線やマリオネットライン等を改善することができます。ヒアルロン酸はもともと人体に存在する成分なので、アレルギーなどが起こりにくい治療です。

    シワのような線だけではなく、面で肌を持ち上げることも可能です。見た目年齢を上げる深いほうれい線に注入することでしわを目立たなくさせ、若々しく見せることが出来ます。
    使用するヒアルロン酸には濃度や分子の大きさなど、さまざまな種類があり、シワの深さや顔のパーツによって適切なヒアルロン酸を選ぶ必要があります。

    外科手術不要、ダウンタイムがほとんどなく短時間で若々しい肌を取り戻すことができ、万が一気に入らないときはヒアルロン酸分解酵素で元に戻せるのも大きなメリットでしょう。プチ整形のひとつとしてされる人気が高い治療法です。

    この記事は、
    東京美容皮膚科クリニック
    二宮幸三医師が監修しています。

  • FGF注入療法

    線維芽細胞成長因子FGFとはFibroblast Growth Factorの略で、人間の体内で作られるたんぱく質の一種です。

    FGF注入療法では、細い針を使ってこのFGFを肌の気になる部分に注入しコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成促進機能を持つ線維芽細胞を増殖させます。これによって肌が本来の再生力を取り戻し、しわやほうれい線、肌のくぼみやクレーター状になったニキビ跡などのダメージが改善されます。

    針で注入するだけの施術なので、これまで治療が難しかった首や手の甲のエイジングケアにも適しています。また、コラーゲンやヒアルロン酸が真皮層に保持されることでお肌の透明感やうるおいもがアップし、肌の美しさが底上げされるという嬉しいメリットも見逃せません。

    FGF注入療法は異物を注入するのではなく、自家組織を再生させる治療であるため安全性が高く効果の持続期間も長くなっています。ダウンタイムもほとんどなく、自然な仕上がりが人気の施術です。

  • グロースファクター

    グロースファクターとは、成長因子とも呼ばれる細胞を活性化させたり、増殖させたりする効果を持つたんぱく質です。さまざまな種類がありますが、美容クリニックで主に使われるのは、EGF(上皮成長因子)FGF (線維芽細胞成長因子)、KGF(ケラチノサイトグロースファクター)、IGF(インスリン様成長因子)です。いずれの成長因子ももともと体内にありますが、年齢とともに減少してしまいます。

    EGFとFGFは、主に肌の悩みに使用されます。EGFは皮膚の表面部分である表皮の細胞に対してFGFは真皮層にある線維芽細胞に対して働きかけます。KGFとIGFは、毛髪再生療法に用いられます。KGFはケラチン(毛髪の主成分)へ、IGFは毛母細胞や毛乳頭へそれぞれ作用する成長因子です。

    グロースファクターを使った代表的な治療には、注射でEGFやFGFを注入してシワやたるみ、目元のクマなどを改善する肌のアンチエイジング治療のほか、グロースファクターを頭皮に塗布してからダーマスタンプを押し当てて浸透させる毛髪再生治療などがあります。

    また、グロースファクターは治療のオプションとして使われることもあります。ダーマローラーやイオン導入、PRP血小板療法、ケミカルピーリングなどの治療とグロースファクターを併用し、さらに効果を高めることが可能です。

    この記事は、
    クリントジュネス
    黒田愛美医師が監修しています。

  • スプリングリフト

    スプリングリフトはフランスで開発された非吸収性の素材で作った糸を用いた"切らないフェイスリフト"です。フェイスラインやアゴ、首のたるみを広範囲に引きあげることができます。 

    使用する糸はポリエステルとシリコンでできており、耐久性と伸縮性に優れています。切れたりゆるんだりしにくく、筋肉の動きに合わせて糸が伸び縮みすることから、つっぱり感や見た目の不自然さがほとんどありません。また、非吸収性なので長期間リフトアップ効果が持続するというメリットもあります。
    また、糸についたコグ(トゲ部分)はシリコン製で丸みを帯びています。皮下の組織を傷つけないので、痛みを感じることなくしっかり肌をリフトアップしてくれます。

    シリコンとポリエステルは生体適合性が高く、体への影響はありません。医療現場で長年、インプラントの素材として使用されてきただけに、安全性の高い素材と言えるでしょう。吸収性の糸を使ったリフトアップの施術で満足できなかった方にもおすすめです。

    この記事は、
    ビスポーククリニック 福岡院
    五反田希和子医師が監修しています。

  • マトリックスIR

    マトリックスIRは高周波(IR)と美肌効果の高いダイオードレーザーの2つのパワーを組み合わせた美容医療機器です。主に小じわや毛穴などの改善、キメを整える目的で使用されています。

    マトリックスIRのダイオードレーザーはフラクショナル化(細かい点状)して照射されます。同時に高周波を照射して熱を与えることで、従来の治療と比べて肌の深部にまでエネルギーを届けることができるため、痛みを抑えながら効率よくたるみやしわを改善することが可能です。

    マトリックスIRでは、照射時の熱によって皮膚上層部のコラーゲンが収縮し、術後すぐに引き締め効果が実感できます。さらに皮膚深部に到達した熱エネルギーによってコラーゲン生成が促されハリがアップするため、継続的な若返り効果も実感できるでしょう。

    しわやたるみの改善はもちろん、加齢とともに気になる毛穴を目立たなくしてキメ細かい肌に整えてくれるのもマトリックスIRのメリットです。皮膚の質感を高めたい方にも適した治療と言えます。

    この記事は、
    東京美容皮膚科クリニック
    二宮幸三医師が監修しています。

  • リジュラン(サーモン注射)

    抗酸化作用の高いアスタキサンチンを豊富に含むサーモン(鮭)のDNA(ポリデオキシヌクレオチド)から抽出した分子・ポリヌクレオチド(PN)によって肌が持つ本来の力を高め、お肌を若返らせることができる注入治療です。

    リジュランはヒアルロン酸注射のように精製物質を充填することなく、肌の細胞がもつ本来の力を高めてハリを向上させます。これによってコラーゲンやヒアルロン酸の産出が増え、肌は内側からふっくらとしてシワやたるみ、毛穴が目立たなくなるのです。

    さらにポリヌクレオチド(PN)には血管新生効果や抗炎症効果もあります。血管が新生され血流が改善すると肌の再生によりよい環境を整えることができます。また、抗炎症効果によって炎症を持つニキビや赤ら顔の改善や炎症による肌老化の抑制も期待できるでしょう。

    リジュランは顔はもちろん、デコルテや手の甲、首などに注射することもできます。皮膚の薄い目元のこじわや目の下のくま、くぼみの改善にも最適の治療方法です。

    この記事は、
    タケダスポーツ・ビューティークリニック
    武田りわ医師が監修しています。

  • ベビーコラーゲン

    ヒアルロン酸やコラーゲンといった真皮の成分を作りだしてくれる、ヒトの線維芽細胞を培養して精製された安全性が高い「ベビーコラーゲン」を注入してしわやクマを改善する治療です。

    コラーゲンは、タンパク質の一種でたくさんの種類がありますが、皮膚を構成しているのがⅠ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンです。皮膚や体に多く含まれているのがⅠ型コラーゲンで、骨や皮膚を形成、肌の弾力、ハリや潤いなどを保つ働きがあります。

    このⅠ型コラーゲンと共存しているのが、Ⅲ型コラーゲンです。Ⅲ型コラーゲンは創傷治癒の初期段階で増殖し、Ⅰ型コラーゲンに置き換わることで組織を再生しています。胎児の皮膚や血管壁などに多く存在していることから、ベビーコラーゲンと呼ばれており、肌の再生能力を高めるのに欠かせない要素であることが分かっています。

    施術では気になる部分に少量ずつ注射で注入していきます。目元や口もとのちりめんじわをはじめとするシワや目の下のくぼみ、クマなどに効果的です。

    ベビーコラーゲンはヒアルロン酸と違って造形力が低く、柔らかいためしこりを形成しにくく肌に馴染みやすいというメリットもあります。また、ヒト由来のコラーゲンなのでアレルギー検査が不要でカウンセリング当日に施術を受けることが可能です。効果の持続は数か月から1年程度となります。

    この記事は、
    タケダスポーツ・ビューティークリニック
    武田りわ医師が監修しています。

  • スカーレットRF

    スカーレットRFは、しわ、たるみを改善する最新のリフトアップ美容治療機器です。極細の針で刺激を与えながら高周波(RF)を照射することによって、皮膚の真皮から皮下組織にまで熱エネルギーを届けることができます。針の刺激と熱のダメージによって起こる創傷治癒反応を利用してコラーゲンの生産を促し、肌のハリやニキビ跡などを改善する施術です。

    頬や額、首といったパーツはもちろん、鼻や眉の下、下まぶたのキワなど細かい部分にも照射することができます。さらにマイクロニードルを通じて照射されるため、頭皮内に照射し生え際部分の引き締めを図ることも可能です。RFを照射する従来の治療と比べ、表皮へのダメージや痛みが少ないのも特徴でしょう。

    この記事は、
    東京美容皮膚科クリニック
    二宮幸三医師が監修しています。

Go to Top