PRP血小板療法とは

最終更新日:2020年7月7日

この記事は、東京美容皮膚科クリニック二宮幸三 医師が監修しています。

PRP血小板療法とは(概要・基礎知識)

PRP血小板療法は患者自身の血液から取り出した血小板を利用したしわ治療法です。

採血後、遠心分離機を用いて血小板成分を抽出し、気になる部分に注入していきます。濃縮された血小板には成長因子が豊富に含まれているためダメージを受けた肌をスムーズに回復させ、若返りを図ることができます。また、自分の血液から採取した成分を使用するので、アレルギー反応などの心配がない治療方法でもあります。

効果が自然という点もPRP(PRP血小板療法)のメリットと言えるでしょう。

PRP血小板療法が向いている人(こんなお悩みに)

・目元のちりめんじわをなくしたい方
・口元のしわが気になる方
・肌全体にハリがほしい方

施術の流れ

赤みや腫れ、内出血は1週間ほどでなくなります。
効果は早い人で1~2週間で現れ、6か月程度効果が持続します。

費用相場

顔全体で8~40万円程度

リスクと副作用

成長因子を添加するのは危険。腫れ、赤み、内出血

監修: 二宮幸三医師

東京美容皮膚科クリニック

東京慈恵会医科大学医学部医学科卒業。整形外科、麻酔科の臨床経験のち美容皮膚科にて勤務。2010年東京美容皮膚科クリニック開設。
モットーは「美容外科から切らない美容皮膚科医療へ」。ウルセラ、サーマクールなどのアンチエイジング機器に造詣が深い。またレーザー治療やメディカルエステも行い、幅広い美容皮膚科メニューを提供しています。ウルセラ認定医、サーマクール認定医、スマスセラ指導医取得。

東京慈恵会医科大学医学部医学科 卒業
慈恵医大病院 整形外科・麻酔科にて臨床研修終了
東京慈恵会医科大学解剖学講座第一 所属
Medical Plastic Surgery Clinicで従事
Central Clinic 美容外来 開設
2010年 東京美容皮膚科Clinic 開設

エイジングケアの治療

エイジングケアの治療が受けられるクリニック

形成外科美容外科美容皮膚科
住所:東京都港区浜松町2-3-1 日本生命浜松町クレアタワー4F メディカルセンター
最寄駅:JR浜松町駅・都営各線大門駅直結
院長:二宮 幸三
診療時間:月~土 10:00~19:00
休診日:日・祝
形成外科美容外科美容皮膚科
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-252 ユニオンビル7F
最寄駅:JR大宮駅西口徒歩5分
院長:木塚 雄一郎
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容外科美容皮膚科
住所:大阪府大阪市北区梅田1-11-4大阪駅前第4ビル6F
最寄駅:JR大阪駅中央改札口徒歩約7分、JR北新地駅東改札口徒歩約5分、阪神梅田駅D-28出口徒歩約5分、阪急梅田駅中央改札口徒歩約10分、地下鉄御堂筋線梅田駅南改札口徒歩約5分、地下鉄谷町線東梅田駅9番出口徒歩約3分、地下鉄四つ橋線西梅田駅7~10番出口徒歩約5分
院長:富 隆志
診療時間:10:00~20:00
休診日:年中無休

PRP血小板療法に関連する記事

  • 関連する記事はこれから登録されます。

おすすめの関連記事

人気ランキング

おすすめランキング

Special Features

  • おすすめクリニック
  • 監修医師の美容医学記事
  • 美人女医
  • イケメン医師
  • mattとしのぶ
  • 水の森美容外科
  • 医療脱毛特集
  • アンチエイジング特集
  • アンチエイジング特集
  • しのぶ先生監修メディカルアートメイク特集
  • 女医図鑑
bnr_insta
PAGE
TOP