Menu

美容整形の相談・紹介

検索

無料メール相談 24時間OK

スプリングリフト に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

[ スプリングリフト ]

概要・効果

スプリングリフトとは、フランスで開発された非吸収性の素材で作った糸を用いた切らないフェイスリフトアップ術です。

スプリングリフトに使用する糸は、シリコンとインプラントからできているので、耐久性と伸縮性に優れているという特徴があります。

また、糸についている丸い形状のシリコンの突起が、皮下組織にうまくひっかかり固定してくれるので、これまでのリフトアップ術で用いられてきた糸よりも長持ちするのも特徴です。そのため、たるみが強い方や、より強力なリフトアップ効果を望む方などに特におすすめです。

こんな方におすすめ

たるみが気になる方、長期的に持続するリフトアップ術を望む方

スプリングリフトのメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

メリットは、糸を使ったリフトアップ術の中でも持続効果が高いこと、糸の伸縮性と耐久性に優れているため、顔の正面のたるみ改善にも期待できることです。

デメリットは、医師の技術に差があること、持続性を高めるために引っ張り上げすぎることで施術後に偏頭痛や違和感が生じる可能性があること、どのリフトアップ術にも言えますが糸の挿入部からの感染などの可能性は否定できないことです。

スプリングリフトの失敗例

糸の本数が多いと固定する箇所に負担がかかり、偏頭痛や表情の違和感が現れる場合があります。また、医師の技術によって肌表面に凹凸がでることがあります。
しかし、あらかじめ医師と良く相談し、挿入方法や挿入箇所、糸の本数をよく検討することでトラブルを防ぐことができます。

スプリングリフトの修正に関して

スプリングリフトの仕上がりに不満や心配がある場合は溶けない糸を使用しているので多少の修正が可能です。施術したクリニックに相談しましょう。

スプリングリフトの名医とは

たるみ治療の知識と経験が豊富で特に糸を使った施術の技術が高い医師がおすすめです。症例報告、治療実績数、学術論文、認定医などの有無をチェックし腕の良い医師を探しましょう。

関連する施術(機器)

フェイスリフトフェザーリフト マドンナリフト

メーカー ※医療機器の場合のみ

スプリングリフトの口コミ(体験談・評判)

スプリングリフトのCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

糸1本あたり6~7万円、通常4本以上必要

ダウンタイム

2週間程度

痛み・腫れ

施術中は麻酔をしているので痛みはほとんどなし
施術後に軽度の腫れが2~5日ほど続くことがある

施術の流れ

カウンセリング→診察→洗顔→挿入位置の決定→麻酔→施術→冷却→帰宅

FAQ

経過

軽度の腫れが数日続くが2週間程度で自然な感じに落ち着く
顔のマッサージなどは1カ月ほど控える

モニター

募集あり

抜糸時期(※オペ系のみ)

術後の洗顔・メイク

いずれも翌日より可能
ただし、クリニックにより当日から可能とする場合もあり

施術時間の目安

挿入する本数によるが約30分~2時間

麻酔の種類

局所麻酔

スプリングリフトに関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
≪ 美容施術一覧へ戻る

人気ランキング

おすすめランキング

話題のキーワードで検索

キーワード一覧
無料メール相談