PR
美容皮膚科・形成外科・美容外科 石川県金沢市

大塚美容形成外科・歯科 金沢院

  • 住所

    石川県金沢市昭和町7-9 FONTE六枚2F

  • 最寄駅

    JR金沢駅

施術価格

眼瞼下垂

眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術) 両目:550,000円

関連施術価格

眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術) 片目:385,000円

二重切開法 両目:341,000円

美容皮膚科・形成外科・美容外科 石川県金沢市

湘南美容クリニック金沢院

  • 住所

    石川県金沢市本町2丁目15-1 ポルテ金沢3F

  • 最寄駅

    JR金沢駅

施術価格

眼瞼下垂

眼瞼下垂 両目:380,410円

関連施術価格

眼瞼下垂+二重 両目:435,680円

眉下切開法:234,300円

美容皮膚科・形成外科・美容外科 石川県金沢市

城本クリニック 金沢院

  • 住所

    石川県 金沢市 本町1-3-38 メディコ綱村ビル3F

  • 最寄駅

    JR金沢駅

施術価格

眼瞼下垂

眼瞼下垂:660,000円

関連施術価格

切開法:275,000円

目の上のたるみ取り:330,000円

美容皮膚科・形成外科・美容外科 石川県金沢市

ひがしやまクリニック

  • 住所

    石川県金沢市泉野出町1-19-20

  • 最寄駅

    泉野出町1丁目バス停

施術価格

眼瞼下垂

眼瞼下垂:保険診療有り

関連施術価格

切開法 両側:223,300円

目頭切開 両側:223,300円

美容皮膚科・形成外科・美容外科 石川県金沢市

金沢中央クリニック

  • 住所

    石川県金沢市広岡1-1-35 金沢第2ビルB1F

  • 最寄駅

    JR金沢駅

施術価格

眼瞼下垂

関連施術価格

切開法二重まぶた:275,000円

目頭切開法:220,000円

※価格はすべて税込です。2021年4月からの消費税含めた総額表示ルールにより、税抜き価格から、プログラムにより自動処理していますので、実際のクリニックホームページの価格と異なる場合があります。また施術のメニュー・価格は、変更になる場合があります。お問い合わせ・予約時、カウンセリング等で確認をお願い致します。記載の施術については、基本的に公的医療保険が適用されません。実際に施術を検討される時は、担当医によく相談の上、その指示に従ってください。

眼瞼下垂に関連する施術

眼瞼下垂に関連する記事

  • 切らない眼瞼下垂手術のメリット・デメリット

    テレビやインターネットでよく紹介されるようになった眼瞼下垂(がんけんかすい)。他人事だと思っていたら、実は自分も眼瞼下垂だったという人が今、増えています。 手術をすることでさまざまな症状が改善すると言われているだけではなく、眼瞼下垂の手術をすることで二重になるので、病気の治療として堂々と二重まぶたにできる!というメリットもあります。とはいえ、切開する手術は怖い……というひとが多いのでは?でも、二重まぶたの手術と同様、眼瞼下垂の手術には切らない方法があります。ここでは、切らない眼瞼下垂の手術について、メリットやデメリットを詳しく紹介していきます。 目次 1.切らない眼瞼下垂手術のメリット、デメリットとは? 1-1.切らない眼瞼下垂の手術とは? 1-2.切らない眼瞼下垂手術、保険は効く? 2.切らない眼瞼下垂手術のメリット・デメリット 2-1.切らない眼瞼下垂手術の

    この記事は、
    よだ形成外科クリニック
    依田拓之医師が監修しています。

  • 眼瞼下垂が3分で理解できる!「なんか眠そう」と言われたことがある人必見!

    目の開きが悪く、周りの人から眠たそうに見られてしまうという人は、眼瞼下垂(がんけんかすい)かもしれません。 今回は、眼瞼下垂の原因や治療法、注意点について詳しく解説していきたいと思います。 眼瞼下垂とは 眼瞼下垂とは、まぶたが瞳孔の上まで上げられない状態をいい、主に先天性眼瞼下垂と後天性眼瞼下垂に分けられます。両目に症状が出ることもあれば片側だけの場合もあります。 <先天性眼瞼下垂> まぶたを動かす筋肉(眼瞼挙筋)の発達が生まれつき悪かったり、この筋肉を動かす神経に異常がある場合を先天性眼瞼下垂といいます。 <後天性眼瞼下垂> もともとまぶたが開いていた人が、少しずつまぶたが下がってくるケースを後天性眼瞼下垂といいます。加齢、コンタクトレンズ装着歴のある人、アレルギーで目をこすることが多い人が起こりや

    この記事は、
    牧野美容クリニック
    牧野太郎医師が監修しています。

  • 眼瞼下垂手術の保険・自由診療のメリット、デメリットを比較

    近年、増え続けていると言われている眼瞼下垂の手術数。美容外科での自由診療だけではなく、形成外科や眼科、あるいは一部の美容外科でも保険診療で手術を受けることができるようになっています。ここでは「自分の症状は保険診療に該当する?」「眼瞼下垂手術って保険診療と自由診療どう違うの?」という疑問に、費用面などいろいろな角度からお答えしていきます。 目次 1.保険診療の眼瞼下垂手術 1-1.保険診療に該当するのはこんなケース 1-2.保険診療ではどんな手術が行われる? 1-3.保険診療のメリット・デメリット 2.自由診療の眼瞼下垂手術 2-1.自由診療ではどんな手術が行われる? 2-2.自由診療のメリット・デメリット 3.保険診療と自由診療、どちらを選ぶべきか 3-1.患者の見解 3-2.医師の見解 4.まとめ 1.保険診療の眼瞼下垂手術 先天性、後天性

    この記事は、
    牧野美容クリニック
    牧野太郎医師が監修しています。