PR
形成外科・美容外科・美容皮膚科 栃木県宇都宮市

湘南美容クリニック宇都宮院

  • 住所

    栃木県宇都宮市東宿郷2丁目4番3号 宇都宮大塚ビル3階

  • 最寄駅

    JR宇都宮駅

施術価格

眼瞼下垂

眼瞼下垂 両目:380,410円

関連施術価格

眼瞼下垂+二重 両目:435,680円

腫れづらいスクエア二重術 両目:98,000円

美容外科 栃木県宇都宮市

TCB東京中央美容外科 宇都宮院

  • 住所

    栃木県宇都宮市駅前通り1-5-6 白木屋ビル 6階

  • 最寄駅

    JR宇都宮駅

施術価格

眼瞼下垂

挙筋前転法(クイックデカ目術)ナチュラル:240,000円

関連施術価格

挙筋前転法(クイックデカ目術)エタニティ:299,560円

挙筋前転法(クイックデカ目術)プレミアムエタニティ:449,560円

美容皮膚科 栃木県宇都宮市

品川スキンクリニック 宇都宮院

  • 住所

    栃木県宇都宮市宮みらい1-1 ウツノミヤテラス5F

  • 最寄駅

    JR宇都宮駅東口徒歩1分

施術価格

眼瞼下垂

関連施術価格

二重術クイック法 (埋没法・糸による二重術)3点留め両目:32,590円

二重術スーパークイック法 (埋没法・糸による二重術)3点留め両目:59,800円

美容外科・美容皮膚科 栃木県宇都宮市

共立美容外科宇都宮院

  • 住所

    栃木県宇都宮市駅前通り2-3-5ユニマットビル3F

  • 最寄駅

    JR宇都宮駅

施術価格

眼瞼下垂

眼瞼下垂の治療:475,200円

関連施術価格

埋没法「共立式二重P-PL挙筋法」(両目):66,000円

タレ目形成・グラマラスライン形成 両目:275,000円

美容整形・美容外科・形成外科・美容皮膚科 栃木県宇都宮市

宇都宮竹内クリニック

  • 住所

    栃木県宇都宮市駅前通り1丁目1-9駅前通り第一ビル6F

  • 最寄駅

    JR宇都宮駅

施術価格

眼瞼下垂

切らない眼瞼下垂修正術 (両側):275,000円

関連施術価格

切らない眼瞼下垂修正術+上まぶたの脂肪取り (両側):330,000円

切開式眼瞼下垂修正術(挙筋前転法)(両側):440,000円

※価格はすべて税込です。2021年4月からの消費税含めた総額表示ルールにより、税抜き価格から、プログラムにより自動処理していますので、実際のクリニックホームページの価格と異なる場合があります。また施術のメニュー・価格は、変更になる場合があります。お問い合わせ・予約時、カウンセリング等で確認をお願い致します。記載の施術については、基本的に公的医療保険が適用されません。実際に施術を検討される時は、担当医によく相談の上、その指示に従ってください。

眼瞼下垂に関連する施術

眼瞼下垂に関連する記事

  • 眼瞼下垂とは。保険適用と美容外科での手術の違いは?

    みなさん、眼瞼下垂(がんけんかすい)って、聞いたことありますか? 時々、目の開きが悪く、眠そうな目をした人を見かけます。でも、本当に眠たいってわけではない人も多数います。この眠そうな目に見えてしまう理由が、眼瞼下垂。まぶたが垂れ、目があけにくくなるという症状なんです。 今回は眼瞼下垂の施術効果、失敗例などをまとめています。 目次 1.眼瞼下垂とは 1-1.眼瞼下垂ってどんな症状? 1-2.眼瞼下垂の手術が必要なケース 1-3.眼瞼下垂の目だけではなくこんなところにも負担が…… 1-4.ちょっとしたクセや習慣が眼瞼下垂を招く? 2.眼瞼下垂の手術とは 2-1.眼瞼下垂術は、切らない方法もある! 2-2.眼瞼下垂手術のダウンタイムと所要時間 2-3.保険が適用される手術と美容外科での手術の違い 2-4.眼瞼下垂の失敗例について 3.眼瞼下垂術は、目元の印象がぐっ

    この記事は、
    よだ形成外科クリニック
    依田拓之医師が監修しています。

  • 眼瞼下垂手術の保険・自由診療のメリット、デメリットを比較

    近年、増え続けていると言われている眼瞼下垂の手術数。美容外科での自由診療だけではなく、形成外科や眼科、あるいは一部の美容外科でも保険診療で手術を受けることができるようになっています。ここでは「自分の症状は保険診療に該当する?」「眼瞼下垂手術って保険診療と自由診療どう違うの?」という疑問に、費用面などいろいろな角度からお答えしていきます。 目次 1.保険診療の眼瞼下垂手術 1-1.保険診療に該当するのはこんなケース 1-2.保険診療ではどんな手術が行われる? 1-3.保険診療のメリット・デメリット 2.自由診療の眼瞼下垂手術 2-1.自由診療ではどんな手術が行われる? 2-2.自由診療のメリット・デメリット 3.保険診療と自由診療、どちらを選ぶべきか 3-1.患者の見解 3-2.医師の見解 4.まとめ 1.保険診療の眼瞼下垂手術 先天性、後天性

    この記事は、
    牧野美容クリニック
    牧野太郎医師が監修しています。

  • 眼瞼下垂治療の保険と自費の違いについて。手術方法のメリットとデメリットも

    まぶたのたるみは40代を超えるくらいから気になる方が増加するお悩みです。目の周りは皮膚も薄く繊細な部分のため、くすみなどのお悩みをよくお聞きしますが、その中でも特に目が開けづらくなってきた、目元がたるんでとても老けて見えるとのお悩みがとても多いです。 特に40代からだんだんとまぶたが重くなったり、夕方になると頭が痛くなる、そんな方は眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)の可能性があります。コンタクトレンズ使用歴の長い方やアトピー性皮膚炎などでまぶたを擦る癖のある方では、より若い年齢で発症することもあり、10代から症状が出る方もいらっしゃいます。 ただ、中等症や重症にならなければ気づかない場合も多く、気づいた時には重症だったという方も少なくありません。治療となるとダウンタイムの長いオペになることが多く、費用や痛みやダウンタイムなど心配でよくわからないといわれる方がほとんどです。そんな

    この記事は、
    水上形成外科 美容クリニック
    水上高秀医師が監修しています。