PR

プロペシア(フィナステリド)とは(概要・基礎知識)

毛髪の成長を妨げるDHC(ジヒドロテストステロン)を作り出す作用をもつ5α-還元酵素のはたらきを抑制し、薄毛や抜け毛を予防する内服薬です。これによって毛髪の成長期が長くなり、薄毛や抜け毛が改善します。

もともとは前立腺肥大症、前立腺癌に効果がある薬として開発されましたが、後にAGAにも効果があることが発見されました。1997年にはアメリカのFDA(食品医薬品局)が認可し、2005年には日本の厚生労働省が認可しています。日本では米メルク社の法人であるMSD社(旧万有製薬)が発売、世界60か国で販売され、現在ではジェネリックも登場しています。

プロペシアは飲むのをやめてしまうと薄毛が再度進行してしまうため、継続して服用する必要があります。そのためには定期的に診察を受けて性欲減退などの副作用が強く出ていないか医師に相談しながら続ける必要があると言えるでしょう。また、長期服用するためにはコストもかかるため、ジェネリックへの切り替えや外用薬との併用が勧められています。

プロペシア(フィナステリド)が向いている人(こんなお悩みに)

・20代~50代で薄毛に悩んでいる方

ダウンタイム/経過

1日1錠の服用で、早い方で3カ月、一般的に6カ月で効果が表れるとされています。

費用

7,000~10,000円 ジェネリックは5,500~7,500円程度(いずれも1g・28錠)

リスク・副作用

性欲減退、ED症状、かぶれ、発疹、肝機能障害などが起こることがあります。

*本記事内でご紹介した治療機器、施術内容は、個人の体質や状況によって効果などに差が出る場合があります。記事により効果を保証するものではありません。価格は、特に記載がない場合、すべて税込みです。また価格は変更になる場合があります。記事内の施術については、基本的に公的医療保険が適用されません。実際に施術を検討される時は、担当医によく相談の上、その指示に従ってください。

監修:

堀田和亮医師

BIANCAクリニック銀座

日本大学医学部卒業。形成外科、皮膚科、麻酔科にて美容外科医として必要なスキルを学び、その後大手美容外科に勤務。2014年東京・渋谷にクリニックを立ち上げて全国に分院を展開。現在は2018年東京・銀座に美容クリニックBIANCAクリニックを開院し院長に就任。
豊富な知識を数多くの施術に活かしています。特にヒアルロン酸注入、ボトックス注入治療では、アラガン社のドクター向け注入指導講師も務めています。

日本大学医学部卒業
大手美容クリニックにて分院長として勤務
2014年 東京・渋谷に新たなコンセプトのクリニックを立ち上げる
2018年 東京・銀座に「BIANCA cosmetic surgery & medical spa」を開院し院長に就任、現在に至る

男性診療・毛髪治療の他の治療

男性診療・毛髪治療の治療が受けられるクリニック

  • 住所: 東京都新宿区新宿3-1-16新宿追分第二ビル9・10F
  • 最寄駅: 地下鉄新宿三丁目駅A1出口徒歩2分、JR新宿駅東南口徒歩4分
  • 院長:
  • 診療時間: 11:00〜20:00
  • 休診日: 年中無休
  • 住所: 大阪府大阪市北区梅田1-3-1大阪駅前第1ビル2階
  • 最寄駅: 地下鉄四ツ橋線西梅田駅徒歩約1分、JR東西線北新地駅徒歩約1分、阪急・阪神各線梅田駅徒歩約3分、地下鉄各線梅田駅徒歩約5分
  • 院長: 木村 幸志伊
  • 診療時間: 10:00~19:00(予約制)
  • 休診日: 年中無休(年末年始を除く)
  • 住所: 東京都豊島区南池袋2-23-2  池袋パークサイドビル6F
  • 最寄駅: JR池袋駅徒歩5分JR各線池袋駅東口徒歩5分、東京メトロ各線池袋駅徒歩5分、東京メトロ有楽町線東池袋駅徒歩7分
  • 院長:
  • 診療時間: 10:00~22:00
  • 休診日: 年中無休

男性診療・毛髪治療に関連する記事

  • AGA治療の効果、費用、副作用を徹底比較!

    男性型薄毛、M字ハゲなどいろいろな呼び名がある男性の薄毛。「AGA(男性型薄毛)は治療できます」というCMを見ても自分とは関係ない、自分の薄毛は治らないと考えている方もいるのではないでしょうか。ここではAGAとはどんな症状なのか、またどんな治療をすることができるのか、効果はあるのかなどについて最新の治療情報を元にお伝えしていきます。 1.AGA(エージーエー)男性型脱毛症とはどんな症状? 1-1.男性の薄毛の原因とは 1-2.AGAのチェック方法 1-3.自分でできる男性の薄毛対策 2.男性型脱毛症(AGA)の最新治療方法比較! 2-1.クリニックで行われる基本的な治療 2-2.個人輸入薬の危険性 2-3.成長因子を浸透させる治療、いろいろあるのはなぜ? 3.まとめ 1.AGA(エージーエー)男性型脱毛

  • 忍びよるAGA(男性型脱毛症)の影。仕事に忙しい男子必見!

    最近、生え際が後退してきた、頭頂部の薄毛が気になるといった自覚症状はありませんか? もしかすると、それは「AGA」と呼ばれる症状かもしれません。 近年、若い男性にも急増しているAGA。これだけは知っておきたい基礎中の基礎をまとめます。 AGAとは? AGAとは、男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia)の略で、成人男性特有のものです。 老化現象である程度は髪が薄くなっていくのは仕方ない部分もありますが、20代や30代の若い男性でも薄毛や抜け毛の症状があればAGAを疑いましょう。 進行性の脱毛症なので、放置すればどんどん抜けていってしまうので、なるべく早くケアする必要がある状態です。 AGAの原因は? AGA、すなわち男性の薄毛というと遺伝のせいだと思われている人も多いでしょう。 もちろん、遺伝も大きく関わりますが、それ以外にもストレス、生活習慣などいろ

    この記事は、
    東京上野クリニック新宿医院
    戸澤法也医師が監修しています。

男性診療・毛髪治療のコラムを見る

の治療カテゴリ