パントスチン に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

概要・効果

パントスチンは女性向けに開発された毛髪治療薬(塗り薬)ですが男女問わず使用できるとして男性の軽度のAGA(遺伝性、男性ホルモン性脱毛症)や女性の薄毛治療にも使われるようになりました。

パントスチンの有効成分で、抜け毛予防の鍵となるのはアルファトラジオールという成分です。これは、男性ホルモンの一種であるテストステロンから抜け毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)への変換をおこなう還元酵素5αリダクターゼの作用を阻害することで毛髪を守り、抜け毛を予防する働きがあります。

また、副作用がほとんどなく、長期連用が可能であることも特徴です。ただし、使用スタート時には、一時的に抜け毛が増えることがあります。この初期の抜け毛は一時的なもので、そのまま使用を継続すると徐々に効果が現れてきますので、心配な場合は、施術前のカウンセリング時にきちんと医師から説明を受けておきましょう。

こんな方におすすめ

薄毛、抜け毛が気になる方、髪にコシが欲しい方

パントスチンのメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

メリットは、他の毛髪治療薬と併用できること、副作用のリスクが低いこと、1日1回の塗布で良いこと、男女問わず使用できることです。

デメリットは、即効性には期待できないため3カ月程度は継続使用が必要となること、効果については個人差が大きいこと、他の治療と併用できるがその場合はトータルコストが上がることです。

パントスチンの失敗例

パントスチンを使用してもなかなか効果が現れないから失敗ではないかと思われる人もいます。
しかし、あらたに発毛した毛髪や成長した毛髪が視覚的にわかるようになるには最低でも3カ月から半年は必要となります。したがって、少なくとも3カ月以上は治療を継続し、それでも効果がないと感じる場合には治療法の変更を相談したり、ホームケア方法のアドバイスなどをもらうようにしましょう。

また、使い始めて数日は抜け毛が目立つ時期が出てきますが、自然と落ち着いてくるので様子を見て、なかなか改善しない場合には医師に相談しましょう。

パントスチンの修正に関して

パントスチンが外用剤ですので、院内治療ではなくホームケアがメインとなるので修正はありません。

パントスチンの名医とは

関連する施術(機器)

プロペシア(フィナステリド)ロゲイン AGA治療 発毛・育毛

メーカー ※医療機器の場合のみ

パントスチンの口コミ(体験談・評判)

パントスチンのCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

1本100ml(約1カ月分)で1万円程度

ダウンタイム

なし

痛み・腫れ

なし

施術の流れ

カウンセリング、診察→処方→当日帰宅

FAQ

経過

3カ月程度は毎日使用を継続すること
塗り忘れがあっても3〜4カ月で徐々に効果が現れることが多い

モニター

抜糸時期(※オペ系のみ)

術後の洗顔・メイク

施術時間の目安

診察時間のみ

麻酔の種類

パントスチン と関連治療が受けられるクリニック

美容外科 美容皮膚科
住所:新宿区新宿4-2-16 パシフィックマークス新宿サウスゲート5F
最寄駅:JR新宿駅 南口 徒歩4分 ・東京メトロ丸ノ内線・副都心線 都営新宿線 新宿三丁目駅  徒歩1分
院長:稲見 文彦
診療時間:11:00~20:00
休診日:
美容皮膚科
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-252 ユニオンビル7F
最寄駅:JR大宮駅西口徒歩5分
院長:伊藤 秀憲
診療時間:9:30 ~ 19:00
休診日:年中無休
美容皮膚科
住所:東京都渋谷区渋谷2-22-10 タキザワビル6F
最寄駅:JR渋谷駅 東口から徒歩2分
院長:森かおり
診療時間:10:00~21:00
休診日:

おすすめの関連記事

人気ランキング

おすすめランキング

bnr_insta