育毛メソセラピーとは

最終更新日:2021年4月21日

この記事は、U CLINIC SHINJUKU内田佳孝 医師が監修しています。

育毛メソセラピーとは(概要・基礎知識)

発毛、育毛に効果のある薬剤を頭皮に直接、注射器、機器を使って注入することで薄毛や抜け毛を改善していく治療法です。ニードル育毛セラピーといって、注射器を使わずに施術しているクリニックもあります。

育毛メソセラピーは、内服薬や外用剤よりも頭皮に直接働きかけるため、薬が効いてほしいポイントにダイレクトに成分を届けることができるというメリットがあります。使用する薬剤は育毛剤にも使われる「ミノキシジル」の他、発毛を促す「成長因子(グロースファクター)」、毛髪に含まれるたんぱく質ケラチンを構成する「アミノ酸システイン」の他、ビタミンなどをクリニックで独自に配合していることもあります。

費用も異なるため、自分の毛髪の悩みに合ったクリニックを選びましょう。また、育毛メソセラピーとよく似た施術で、薬剤にヒト由来の幹細胞を培養したものから抽出した成分であるAPPEを配合したHARG療法を実施しているクリニックもあります(AAPEもグロースファクターの種類であるため)。

育毛メソセラピーが向いている人(こんなお悩みに)

・薄毛、抜け毛が気になる方

ダウンタイム/経過

使用する薬剤により異なります。
血流が促進されるので軽くかゆみが出ることがあります。
効果を実感するには2~4週間おきに最低、半年~1年間は治療を継続することが推奨されています。

費用

1回あたり20,000~100,000円

リスク・副作用

頭皮にかゆみや湿疹が出ることがあります。また、注射を使用するので、痛みがあります。
頭皮に炎症がある場合、施術はできません。

監修: 内田佳孝医師

U CLINIC SHINJUKU

帝京大学医学部卒業後、同大学医学部付属病院の形成外科に入局。その後、形成外科、皮膚科を中心に都内美容クリニック、総合病院の保険診療などを経験。2015年、神奈川県南足柄市にウチダクリニック開院、2020年東京新宿にU CLINIC SHNINJUKU開院。U CLINIC SHNINJUKUでは、美容外科、美容皮膚科、脱毛、保険診療等多岐に渡る診療を行っています。

帝京大学医学部卒業
帝京大学医学部付属病院 形成外科入局
都内美容外科クリニック
関越病院(皮膚科・形成外科)
都内美容外科クリニック
春日部中央総合病院(形成外科)
四街道徳州会病院(皮膚科・形成外科)
板橋中央病院(形成外科)
ウチダクリニック開院、院長に就任
U CLINIC SHNINJUKU開院、理事長に就任

男性診療・毛髪治療の治療

男性診療・毛髪治療の治療が受けられるクリニック

美容皮膚科
住所:東京都新宿区新宿3-1-16新宿追分第二ビル9・10F
最寄駅:地下鉄新宿三丁目駅A1出口徒歩2分、JR新宿駅東南口徒歩4分
院長:
診療時間:11:00〜20:00
休診日:年中無休
美容皮膚科
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-252 ユニオンビル7F
最寄駅:JR大宮駅西口徒歩5分
院長:伊藤 秀憲
診療時間:9:30 ~ 19:00
休診日:年中無休
住所:東京都渋谷区道玄坂2-3-1 渋谷駅前ビル4F
最寄駅:各線渋谷駅り徒歩1分
院長:井上 健夫
診療時間:10:00~22:00
休診日:年中無休

育毛メソセラピーに関連する記事

  • 関連する記事はこれから登録されます。
PAGE
TOP