医師監修の美容医療メディア Call to Beauty

医師監修の美容医療メディア

吸引法(超音波吸引法)(ワキガ・多汗症)とは

最終更新日:2020年7月10日

この記事は、水の森美容外科 東京銀座院遠藤剛史 先生が監修しています。

概要・基礎知識

脇の下を約0.5~1cm切開し専用の管(カニューレ)を挿入します。超音波による高速振動でアポクリン汗腺とエクリン汗腺を破壊し、吸引をします。高振動による摩擦熱が組織破壊してしまう可能性があります。それを防ぐために冷却水を散布しながら施術を行います。

クリニックにより様々な機器を使用していますが、脂肪吸引でも使用されるベイザーから出される特殊な超音波を用いてアポクリン汗腺を破壊し、吸引管を使用して吸引を行うクリニックもあります。血管や神経を傷つけることなく的確にアポクリン汗腺のみの破壊を行い、一度の手術でより効果を実感することができます。

直視下摘除法と比較して傷口が小さく済み、ダウンタイムが短く済みながら直視下摘除法と同様の効果を実感できる施術法になります。また手術時間が直視下摘除法と比較して短時間で済むため、身体への負担も軽く済み、若年層への手術も可能としているクリニックも多いです。

こんなお悩みに

・重度のワキガではないが、最小限の切開で効果的に直したい方
・傷跡をできるだけ小さくしたい方
・若年層での施術希望の方

ダウンタイム/経過

個人差がありますが、2~3日は痛みが伴います。1週間程、腫れが残ることもあります。

内出血が起こることがありますが2週間ほどで消失します。

手術後は約1~2週間、脇を圧迫して固定。その後に抜糸を行います。術後翌日以降からシャワーは可能ですが傷口は濡らさないようにしてください。

費用

25~40万円

リスク・副作用

腫れ、痛み、直視下摘除法(剪除法)に比べて汗腺の取り残しの可能性がある、施術部位の一時的な知覚麻痺、しびれ、傷跡の凸凹、感染、血腫、色素沈着

ワキガ・多汗症の治療

ワキガ・多汗症の治療が受けられるクリニック

美容外科美容皮膚科
住所:神奈川県横浜市西区北幸2-10-40 横浜TYビル 3F
最寄駅:JR横浜駅西口徒歩7分
院長:清水 三嘉
診療時間:9:00~22:00
休診日:年中無休
形成外科美容外科美容皮膚科
住所:神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-23-2 TSプラザビル3F
最寄駅:JR横浜 駅西口徒歩5分
院長:竹田 啓介
診療時間:10:00~19:00
休診日:
美容外科美容皮膚科
住所:神奈川県横浜市西区北幸 1-1-8 エキニア横浜7F
最寄駅:JR横浜駅西口徒歩約1分
院長:山田 哲雄
診療時間:10:00~19:00
休診日:

吸引法(超音波吸引法)(ワキガ・多汗症)に関連する記事

  • 関連する記事はこれから登録されます。
PAGE
TOP