ミラドライとは

最終更新日:2021年4月21日

この記事は、BIANCAクリニック銀座服部有美 医師が監修しています。

ミラドライとは(概要・基礎知識)

ミラドライは2018年にマイクロ波による腋窩多汗症治療機器として、厚生労働省から正式に承認を受けた治療です。またアメリカのFDA(米国食品医薬品局)でも認められており世界的にも多汗症、わきが、減毛に効果を実証されています。

ミラドライはマイクロ波を真皮深層から皮下組織浅層へ照射し、加熱することでアポクリン汗腺とエクリン腺にダメージを与え、破壊します。一度破壊された汗腺は半永久的に再生されることがないため、永続的な効果が期待できます。傷跡の残る切開法や一時的な効果のボツリヌストキシンに変わる最新の治療法です。

また熱が伝わる表皮から真皮浅層は、冷却機能で冷やしながらの施術を行い熱傷などの皮膚ダメージを予防します。基本的に局所麻酔を使用しての施術になるため、痛みも抑えられています。

一度の施術で多くの汗腺が破壊されますが、消滅しなかった汗腺が臭いや汗を出すことがありますので、その際には再度照射する必要があります。ダウンタイムが2~3日と短く済むため休みが取れない場合でも気軽に施術を受けることができます。また、照射によって減毛効果もあります。

ミラドライが向いている人(こんなお悩みに)

・切開せず半永久的に脇の臭い、多汗症を改善したい方
・ダウンタイムが取れない方
・ボツリヌストキシンに対して中和抗体がある方

ダウンタイム/経過

個人差がありますが2~3日は痛み、腫れ、赤みが伴う場合があります。腫れは長くても約2~3週間で落ち着きます。
局所麻酔で注射部位に内出血が出る可能性がありますが約2週間で落ち着きます。

費用

22~35万円

リスク・副作用

腫れ、痛み、赤み、わき皮膚の違和感、ひきつれ、発疹、熱傷、効果を感じない

稀に起こること
血腫、色素沈着、硬結、表皮剥離、水疱形成、膿瘍形成、神経障害など。また一時的に腕や指の筋力の低下が生じる場合がありますが、数カ月で改善します。
※この症状が出た場合は施術病院へ連絡をして指示に従ってください。

監修: 服部有美医師

BIANCAクリニック銀座

東京医科大学医学部卒業。その後形成外科医とし勤務。銀座ケイスキンクリニック形成外科担当や大手美容外科で勤務し、2019年よりBIANCAクリニックにて勤務。
形成外科医としてのスキルを活かし、目元や鼻の施術を得意としています。SNSにてスキンケアや自身が行っていたボトックスの注入などを発信しています。

東京医科大学医学部 卒業
東京女子医科大学 卒後臨床研修センター入職
2011年 東京女子医科大学 形成外科 入局
2013年 日本大学医学部附属板橋病院 形成外科 出向
2017年 銀座ケイスキンクリニック 形成外科担当医
2018年 城本クリニック入職
2019年 BIANCAクリニック入職

ワキガ・多汗症の治療

ワキガ・多汗症の治療が受けられるクリニック

美容外科美容皮膚科
住所:神奈川県横浜市西区北幸2-10-40 横浜TYビル 3F
最寄駅:JR横浜駅西口徒歩7分
院長:清水 三嘉
診療時間:9:00~22:00
休診日:年中無休
美容外科美容皮膚科
住所:神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-23-2 TSプラザビル3F
最寄駅:JR横浜駅西口徒歩5分
院長:長谷川 裕之
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容外科美容皮膚科
住所:神奈川県横浜市西区北幸1-1-8エキニア横浜7F
最寄駅:JR横浜駅東口徒歩約2分
院長:石内 直樹
診療時間:10:00~20:00
休診日:年中無休

ミラドライに関連する記事

  • 関連する記事はこれから登録されます。
PAGE
TOP