医師監修の美容医療メディア Call to Beauty

医師監修の美容医療メディア

脂肪溶解注射(メソセラピー)とは

最終更新日:2020年5月18日

この記事は、ビスポーククリニック五反田希和子 先生が監修しています。

概要・基礎知識

痩せたい部位の皮下に脂肪を溶かす成分が含まれた薬剤を注射して部分痩せを目指す治療です。解けた脂肪は血液やリンパの流れにのって、尿や汗となって体外に排出されます。主成分は脂肪の細胞膜を破壊したり乳化させたりするフォスファチジルコリンやデオキシコール酸です。その他にも痩身に効果のある成分を含むことが多くなっています。

クリニックによってイタリアンメソシェイプ、メソラインスリムと呼ばれたり、使用する薬剤名称で呼ばれたりします。短時間で通常ダイエットでは難しい部分痩せやセルライト除去を目指します。主な注入部位は顔(頬、エラ、あごの下など)、二の腕、太もも、お腹周り、ふくらはぎなどですがクリニックにより可能部位は変わりますので医師と相談して決定します。

妊娠している方、妊娠の可能性がある方または授乳中の方、18才未満の方、乳房縮小目的の方、細小血管障害や血管不全のある方、免疫不全・自己免疫疾患の方、抗がん剤治療を行っている方、甲状腺疾患のある方、治療箇所周辺の皮膚に潰瘍、感染、皮膚疾患のある方は施術を行うことができません。
フォスファリジルコリンは大豆製品に含まれるレシチンと同じ成分のため、大豆製品にアレルギーのある方はお勧めできません。

こんなお悩みに

・部分痩せをしたい方
・ダウンタイムが心配な方
・手術には抵抗のある方
・セルライトが気になる方

ダウンタイム/経過

個人差はありますがダウンタイムは短く、腫れも数日で落ち着きます。
内出血が出た場合、約2週間で消失します。
術後、数日は軽い痛みと腫れがありますが、約1カ月くらいから効果が現れ始めます。

費用

2~25万円※クリニックにより注入範囲や量により値段が異なります。

リスク・副作用

腫れ、赤み、痛み、内出血、効果が足りない、皮膚のたるみ、感染、複数回の施術を要する可能性あり

脂肪吸引・痩身の治療

脂肪吸引・痩身の治療が受けられるクリニック

形成外科美容外科美容皮膚科
住所:東京都港区西麻布3-16-23Azabu Body Design Center 1F
最寄駅:東京メトロ日比谷線・都営大江戸線六本木駅1a番出口徒歩10分
院長:大橋 昌敬
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容外科美容皮膚科
住所:東京都豊島区南池袋1-25-11 第15野萩ビル8F
最寄駅:JR池袋駅東口徒歩約3分
院長:加藤 英樹
診療時間:10:00~20:00
休診日:年中無休
美容外科美容皮膚科
住所:横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1 谷川ビルANNEX 7F
最寄駅:JR横浜駅西口徒歩5分
院長:片岡 二郎
診療時間:10:00~19:00
休診日:

脂肪溶解注射(メソセラピー)に関連する記事

PAGE
TOP