医師監修の美容医療メディア Call to Beauty

医師監修の美容医療メディア

SSRO、IVRO受け口治療とは

最終更新日:2020年7月10日

この記事は、牧野美容クリニック牧野太郎 先生が監修しています。

概要・基礎知識

歯のかみ合わせが上下逆になっている受け口(反対咬合)や顎の左右差を改善する手術は下顎枝矢状分割法(SSRO)、下顎枝垂直骨切り術(IVRO)にて改善が可能です。

SSRO、IVROは上顎骨切り術などと併用し、もしくは単独で口元の改善を行います。多くは矯正歯科で歯列矯正後に大学病院にて手術を行うことが主流でした。近年、SSRO、IVROで小顔効果が期待できることから美容外科での審美的治療にも行うことが増えています。

ただし通常の骨切り、削りと異なり骨を切って移動させプレート固定します。術式により顎間ゴムで固定が必要になり、固定中は固形物を食べることが難しいので長いダウンタイムが必要です。
また知覚麻痺が出ることがあり、難しい手術になるので、医師と入念なカウンセリングを行い治療計画を立てる必要があります。

こんなお悩みに

・受け口を直したい
・小顔にしたい

ダウンタイム/経過

術直後は強い腫れ、痛みが出ます。約1カ月で大まかな腫れ、痛みは緩和します。完全に腫れが引くまでに約6カ月かかります。
術中から約1カ月顎間固定のゴムや開口訓練の必要な場合もあります。

費用

120~180万円

リスク・副作用

感染、血が溜まる、アゴ、下唇の痺れや麻痺、たるみ、皮膚のあまり、口の歪み、口を大きく開けられない、左右差

輪郭の治療

輪郭の治療が受けられるクリニック

形成外科美容外科美容皮膚科
住所:東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
最寄駅:東京メトロ丸ノ内線西新宿駅徒歩30秒
院長:中村 大輔
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容外科美容皮膚科
住所:東京都中央区銀座1-3-9 マルイト銀座ビル3F
最寄駅:JR有楽町駅京橋口徒歩2分
院長:菅原 章隆
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
形成外科美容外科美容皮膚科
住所:東京都港区六本木6-6-9 ピラミデ2F
最寄駅:東京メトロ日比谷線・都営大江戸線六本木駅徒歩3分
院長:伊藤 康平
診療時間:10:00~19:00
休診日:

SSRO、IVRO受け口治療に関連する記事

  • 関連する記事はこれから登録されます。
PAGE
TOP