医師監修の美容医療メディア Call to Beauty

医師監修の美容医療メディア

こめかみ形成術とは

最終更新日:2020年5月8日

この記事は、牧野美容クリニック牧野太郎 先生が監修しています。

概要・基礎知識

こめかみがくぼんでいると老け込んで見えたり、いつも疲れているような印象を与えます。また、頬骨の飛び出しや張ったエラなどの骨格も余計に目立ってしまいます。

くぼんだこめかみをふっくらとさせることで、顔全体の印象を大きく変えることができます。こめかみ形成はヒアルロン酸注入、脂肪注入、プロテーゼ挿入で改善が可能です。ヒアルロン酸の場合はダウンタイムが必要なく、痛みも少ないため気軽に施術を受けることができます。
しかし効果は6~12カ月と一時的であることや、注入が足りないと感じた場合は追加する必要があります。脂肪注入は定着率が少ないですが、定着するとずっと維持できます。人工物を体内に入れたくない方にはおすすめです。

半永久的な効果を希望する場合はプロテーゼの挿入手術が適応となります。側頭毛髪内を約3~4cm切開し、筋肉と骨の間こめかみのくぼみ部分にプロテーゼを挿入します。

こんなお悩みに

・痩せ型で老け顔に見られやすい方
・こめかみのへこみが気になる方

ダウンタイム/経過

ヒアルロン酸注入
注入後痛み、腫れはほとんどなく内出血が出る可能性がありますが、メイクでカバー可能です。

脂肪注入
痛み腫れは1~2週間で改善します。額の内出血はメイクでカバー可能です。脂肪吸引の箇所は術後1週間で抜糸です。脂肪吸引後の凸凹を防止するため圧迫固定を数日行います。

プロテーゼ挿入
約1~2週間ほどで大まかな腫れ、痛みは落ち着きます。

費用

ヒアルロン酸注入10~29万円 プロテーゼ35~40万円

リスク・副作用

ヒアルロン酸
一時的な効果、左右差、内出血、凸凹

脂肪注入
脂肪が吸収され効果を感じない、脂肪が硬くしこりのようになる、注入部位の凸凹、脂肪壊死により完全に吸収されず液化した脂肪が溜まる袋のようなものが形成される、脂肪吸引の傷ができる

プロテーゼ挿入
感染、血が溜まる、アレルギー反応、こめかみの知覚麻痺、眉毛が動きにくくなる、左右差、異物感、プロテーゼのずれ、レントゲン、CT、MRIに写る

輪郭の治療

輪郭の治療が受けられるクリニック

美容外科美容皮膚科
住所:東京都新宿区新宿3-19-4 MLJビル9階
最寄駅:JR新宿駅東口から徒歩3分
院長:小野 准平
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
形成外科美容外科美容皮膚科
住所:東京都港区港南2-5-3オリックス 品川ビル9F
最寄駅:JR品川駅 港南口徒歩約1分
院長:秦 真治
診療時間:10:00~20:00
休診日:年中無休
美容外科美容皮膚科
住所:東京都豊島区池袋2-6-1 KDX池袋ビル3F
最寄駅:JR池袋駅西口徒歩4分
院長:本間 重行
診療時間:9:00~18:00
休診日:年中無休

こめかみ形成術に関連する記事

  • 関連する記事はこれから登録されます。
PAGE
TOP