Menu

美容整形の相談・紹介

検索

無料メール相談 24時間OK

トレチノイン に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

[ トレチノイン ]

概要・効果

トレチノインは、ビタミンA(レチノール)の誘導体で、生理活性はビタミンAの約50倍~100倍とされています。しわ、ニキビの治療用医薬品として米国でもFDA(米国食品医薬品局)に認可されている外用剤(塗り薬)です。

トレチノインは、角質をはがし、皮膚のターンオーバーを促し新しく生まれ変わらせる働きや、皮脂腺の活動を抑え、皮脂分泌を抑制する働き、真皮層のコラーゲン生成を促進し、たるみやしわを改善する、ヒアルロン酸の分泌を高め、皮膚の潤いを保つなどの効果があります。

また、トレチノインはシミのもととなるメラニンを外に追い出す働きがあるため、メラニンの生成を抑制するハイドロキノンと併用することでシミの改善と予防にも効果があるとされています。

こんな方におすすめ

しみ、そばかす、ニキビ、ニキビ跡、肝斑、しわ、毛穴が気になる方

トレチノインのメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

メリットは、手術なしでしわやしみの改善ができること、肝斑・肌のくすみは比較的短期間で改善に期待できること、外用剤を自宅で塗布する手軽なケアであることなどです。

デメリットは、肌に赤み・かゆみ・かさつきなどの症状が現れる場合があること、肌の弱い方には向かないこと、しわの改善には約半年程度の継続治療が必要であること、ハイドロキノンと併用する場合、費用が高額になる場合があること、妊娠中、授乳中の女性は使用できないことです。

トレチノインの失敗例

赤みがおさまらない場合です。塗布しはじめて数日〜2週間はしみを漂白している期間のため、赤みやかゆみが出ることがあります。通常は徐々に赤みがおさまってきますが、日焼け対策が十分でない場合、赤みが残ってしまうことがあります。

トレチノインの修正に関して

手術ではないため、修正は特にありません。

トレチノインの名医とは

しみの鑑別ができ、美白メカニズムを熟知している、個人の症状に合わせて細かく丁寧に対応してくれる、またトレチノイン外用剤の使い方をわかりやすく説明できる医師が名医と考えられます。

関連する施術(機器)

高濃度ビタミンC点滴ハイドロキノンレーザートーニング

メーカー ※医療機器の場合のみ

トレチノインの口コミ(体験談・評判)

トレチノインのCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

約1カ月分(5g)で2000~5000円程度、その他診察料などが必要。ハイドロキノンと併用して治療する場合あり

ダウンタイム

特になし

痛み・腫れ

特になし

施術の流れ

問診→診察→処方→当日帰宅可能

FAQ

経過

初回は1日2回使用で約2週間後に再診。症状により数カ月~半年間は治療を継続

モニター

ビタミン剤や美容点滴とのセットでモニター適用しているクリニックあり

抜糸時期(※オペ系のみ)

術後の洗顔・メイク

当日から可能

施術時間の目安

診察時間のみ(約10〜20分)

麻酔の種類

使用なし

トレチノインに関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
≪ 美容施術一覧へ戻る

人気ランキング

おすすめランキング

話題のキーワードで検索

キーワード一覧
無料メール相談