Menu

美容整形の相談・紹介

検索

無料メール相談 24時間OK

鼻孔縁下降術 に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

[ 鼻孔縁下降術 ]

鼻孔縁下降術の概要・効果

正面や横から見た場合に鼻の穴が大きく(三角形や半円に)見えてしまう状態を改善するのが、鼻孔縁下降術です。鼻孔縁下降術では、文字通り鼻の穴を縁取っている部分を下げます。一般的に自然で美しいと感じる見た目は、鼻の穴が正面や横から見た場合にほんの少しだけ見えている状態(形にすると、楕円形)です。このような状態にするためには、鼻の穴を縁取っている部分に軟骨を移植し、縁の位置を下げる必要があります。

軟骨の移植は、鼻の穴の中を切開して行います。そのため、傷口は外から見えません。ただし、術後1週間~10日ほどは腫れが残りますので、気になる人はマスクなどで隠すと良いでしょう。逆に鼻の穴の縁が下がりすぎて不自然に見える場合は、鼻孔縁挙上術という手術を行います。

鼻孔縁下降術はいわゆる豚鼻の人には向きません。豚鼻というのは、前からみたときに、鼻の穴だけでなく鼻柱(左右の鼻の中心部分)まで見えてしまっている状態です。このような状態を改善するには、鼻孔縁下降術よりも鼻柱下降術が適しています。もちろん、鼻の状態によっては、鼻柱下降術と鼻孔縁下降術の両方を行う必要があるでしょう。なお、クリニックによっては、鼻孔縁延長や鼻孔縁形成術という名称で呼ばれることもあります。

こんな方におすすめ

正面や横から見た時の鼻の見栄えを改善したい方、鼻の穴を小さく見せたい方

鼻孔縁下降術のメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

メリットとしては、見た目が自然になり、鼻の穴が気にならなくなります。

デメリットとしては、鼻の穴の見栄えに左右差が出来てしまう可能性があること、傷跡が目立ったり不自然に見えてしまう可能性があることです。

鼻孔縁下降術の失敗例

縁が下がりすぎた場合、縁が下げ足りない場合、左右差が出来てしまった場合、軟骨移植がしこりとなってしまった場合などです。

鼻孔縁下降術の修正に関して

まずは、鼻孔縁下降術を行ったクリニックで納得できるまで相談しましょう。無料保証のところもありますし、相談次第で無料となるところもあります。転院を考えるのは、それからでも遅くありません。

鼻孔縁下降術の名医とは

鼻は顔の全体において、非常に印象が変わる部分であり、医師の知識・技術はもちろん、非常にセンスが問われる部分です。そのため、鼻についての専門性の高いクリニックを選びましょう。鼻の専門性が高いクリニックには手術経験の豊富な医師が多く在籍しているので、センス良く仕上げてもらえることが期待できます。

関連する施術(機器)

鼻柱下降術鼻尖縮小術鼻中隔延長術

メーカー ※医療機器の場合のみ

鼻孔縁下降術の口コミ(体験談・評判)

鼻孔縁下降術のCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

30万円前後

ダウンタイム

1週間程度

痛み・腫れ

痛み・腫れは、1週間~10日程度で引いてくる

施術の流れ

カウンセリング→デザイン→麻酔→オペ→糸による圧迫固定→当日帰宅

FAQ

経過

術後に定期健診(1カ月後、3カ月後)を行うクリニックもある。また術後3~4週間は禁煙が必要

モニター

あり(2~7割引き)

抜糸時期(※オペ系のみ)

1週間~10日後

術後の洗顔・メイク

基本的に翌日から可能だが、施術の方法によっては3日後から可となることもある

施術時間の目安

1時間程度

麻酔の種類

局所麻酔または静脈麻酔

鼻孔縁下降術に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
≪ 美容施術一覧へ戻る

人気ランキング

おすすめランキング

話題のキーワードで検索

キーワード一覧
無料メール相談