医師監修の美容医療メディア Call to Beauty

医師監修の美容医療メディア

サノレックス(食欲抑制剤)とは

最終更新日:2020年7月7日

この記事は、BIANCAクリニック辻沢由有 先生が監修しています。

概要・基礎知識

厚生労働省に認可されている(薬事法承認)医療用の食欲低下剤です。服用することで食欲を司る食欲中枢に働きかけて食欲を抑える効果を発揮します。病院で処方され、高度肥満症患者(日本肥満学会が定める肥満度が70%以上かBMI(肥満指数、身長と体重の比)が35以上)のみ保険適用となります。

服用することで空腹感が少なくなり、食べる量が減るため計画的なダイエットに向いています。服用により、食欲の抑制だけでなくノルアドレナリンの作用のため、服用だけで身体の消費エネルギーを高めます。

中枢興奮作用があるアンフェタミンと薬の構造が似ており依存性があるとされ注意が必要です。医師の指導のもと適切な体重管理、ダイエット指導が必要です。精神疾患の患者、緑内障、重症高血圧、薬物、アルコール乱用歴、妊婦、授乳中の方などは服用できません。糖尿病やてんかんのある方も使用する際には医師としっかりとしたカウンセリングが必要になります。

服用期間は出来る限り短期間とし3カ月が限度とし、再服用は休薬期間必要となり、1カ月以内に変化がみられない場合は投与を中止することがあります。

こんなお悩みに

・食欲を抑制して痩せたい方

ダウンタイム/経過

喉の渇き、不眠、精神不安定などの副作用が認められているので、医師の指示に従った服用をすること、症状がひどい場合には医師への相談が望ましいです。

個人差はありますが、服用当日には食欲抑制の効果が実感できますが依存性が高いので服用期間は最大3カ月と決められており、薬の慣れもあるため日数とともに効果が減少してきます。

そのためできるだけ薬の効果が高いうちに、適切な食習慣を身につける必要があります。

費用

1錠500~800円※保険適用外の場合

リスク・副作用

喉の渇き、便秘
適量以上の服用を行った場合に
頭痛、めまい、むかつき、不眠、発汗、精神不安定

脂肪吸引・痩身の治療

脂肪吸引・痩身の治療が受けられるクリニック

形成外科美容外科皮膚科美容皮膚科
住所:東京都中央区銀座1-5-6 銀座レンガ通り福神ビル 4F
最寄駅:東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅5番出口徒歩1分 、東京メトロ銀座線銀座駅徒歩5分、JR有楽町駅京橋口出口徒歩5分
院長:堀田 和亮
診療時間:10:00~19:00
休診日:不定休
美容外科美容皮膚科
住所:東京都豊島区南池袋1-25-11 第15野萩ビル8F
最寄駅:JR池袋駅東口徒歩約3分
院長:加藤 英樹
診療時間:10:00~20:00
休診日:年中無休
美容外科美容皮膚科
住所:横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1 谷川ビルANNEX 7F
最寄駅:JR横浜駅西口徒歩5分
院長:片岡 二郎
診療時間:10:00~19:00
休診日:

サノレックス(食欲抑制剤)に関連する記事

  • 関連する記事はこれから登録されます。
PAGE
TOP