シミ、そばかす治療

  • エンライトンとは

    エンライトン(SR/Ⅲ)はアメリカのキュテラ社が開発した医療用レーザーです。アメリカのFDAの認可を受けているピコ秒レーザーで、その安全性は日本でも認められ、厚生労働省の承認医療機器となっています。

    エンライトンは1064nm(ナノメートル)、532nmの波長を持っており、シミ、毛穴、タトゥー除去などを得意としています。従来の機器でも同じ波長を持つものはありましたが、大きな違いはレーザーの照射速度です。これまでのナノ秒レーザー(10億分の1秒)に比べ、エンライトンはピコ秒(1兆分の1秒)という極めて短い時間でレーザーを照射します。

    短い時間での照射が可能となったことでタトゥーやシミの色素などのターゲットとなる箇所にアプローチしつつ、周囲へのダメージは軽減されるようになり、治療中の痛みや施術後の赤みや点状出血のリスクが少なくなりました。

    またナノ秒レーザーに比べて色素をより細かく砕くことができるようになったため、ダウンタイムが少なく、仕上がりの質も向上しました。

    エンライトンには照射方法を変えることで3つの治療を行うことができます。一つ目はシミや肝斑に効果的な「ピコトーニング」、二つ目は小じわやニキビ跡、肌質改善に効果的な「ピコフラクショナル」、三つ目はシミやタトゥーに効果的な「ピコスポット」です。

    いずれの施術も美容治療のレーザーでは痛みやダウンタイムが少なくて済む治療法のため、気軽に治療をしてみたいという方にはおすすめの機器といえます。

    この記事は、
    MiSA Clinic六本木本院
    寺井美佐栄医師が監修しています。

  • ピコシュアとは

    ピコレーザーとはピコ秒(1兆分の1秒)でレーザーを照射することができる機械で、ピコシュアは世界で初めてサイノシュア社によって開発されたピコレーザーです。ピコレーザーはレーザーの照射時間が短いため、肌へ与える熱作用が少なく、その結果肌への負担が非常に少なく済むというメリットがあります。他社でもピコレーザーの開発はされていますが、アメリカのFDAからシミ、シワ、ニキビ跡、タトゥーの全ての分野で認可を受けているのはピコシュアのみとなります。

    一般的なピコレーザーは1064nm(ナノメートル)の波長が使用されていますが、ピコシュアは755nmの波長を使用するため、メラニン色素に対する吸光度は3倍と言われており、少ないエネルギーでダメージは最小限にしつつ、高い効果を得ることが可能となっています。

    そしてピコシュアは主に「ピコトーニング」、「ピコフラクショナル」「ピコスポット」の3種類のモードを使い分け、組み合わせていくことで様々なシミの種類や肌の状態に対応可能となっています。

    この記事は、
    ルラ美容クリニック渋谷本院
    佐藤さゆり医師が監修しています。

  • ピコスポットとは

    2波長(532nm,1064nm)、2パルス幅(750ps,2ns)を発振するNd:YAGレーザーです。ナノ秒発振のQスイッチレーザー では分解しきれない微小な刺青のインクを分解・破壊でき、シミなどの色素性病変の治療にも適しています。

    これまでのナノ秒(1/10億)レーザーに比べ、ピコ秒(1/1兆秒)の短い時間でレーザーを照射するため、ターゲットとするメラニン色素 やタトゥー の色素などの周囲への熱の影響が少なく、照射後の炎症後色素沈着がかなり軽減されています。レーザーは、照射時間が短ければ短いほど皮膚を熱変性させずに、色素を破壊させることができるからです。

    従来のQスイッチレーザーはシミの原因となるメラニンに"熱"を加えて破壊していましたが、ピコレーザーでは"振動"を与えて細かく砕いていくイメージです。 やけど・炎症性色素沈着など正常な皮膚にほとんどダメージを与えることなく、施術を行うことができることが一番の特徴です。これにより術後のテープ保護が不要となり、ダウンタイム中、テープ保護ができない方も治療可能になりました。

    この記事は、
    表参道スキンクリニック 大阪院
    田中美紀医師が監修しています。

  • ライムライトの効果や費用。肌質を改善して美肌に導く

    白人の肌に合わせて開発されたレーザー治療器は黄色人種である日本人の肌に使用すると思ったような効果が出ないことがありました。ライムライトは日本人の医師の協力の元、開発された光治療器です。 これまでレーザーや光治療器では効果が弱かった薄いシミやそばかす、肝斑の改善のほか、毛穴の開きや小じわといった多様な悩みにアプローチして肌質をより改善してくれるとして人気があります。ここではライムライトについて詳しくお話していきます。 目次 1.ライムライトってどんな治療? 1-1.ライムライトとは 1-2.ライムライトの効果 1-3.ライムライトとレーザーの違い 1-4.ライムライトは痛い? 1-5.ライムライトの副作用とダウンタイム 1-6.ライムライトは1回で効果がある? 1-7.ライムライトの効果なし!は本

    この記事は、
    よだ形成外科クリニック
    依田拓之医師が監修しています。

  • ジェネシスとは

    ジェネシスは、米キュテラ社で開発されたFDA(アメリカ食品医薬品局)承認のロングパルス(Nd:YAGレーザー)機器です。波長の長い(1064nm)レーザーなので、表皮深層から真皮層上部にまで熱を与えることができます。

    ジェネシスは複合的な美肌効果が得られるのが特徴です。まず、表皮層へアプローチすることで、古い角質が除去されます。同時に新陳代謝が促進されるので、シミ、そばかす、肌のくすみなどが改善し、透明感がアップ。キメも整います。また、レーザーが産毛のメラニンに反応して産毛が除去されるので、化粧のりのよい滑らかな肌に近づきます。

    真皮層上部へのアプローチでは、与えられた熱によってコラーゲンが増生します。これによってハリの低下や小じわ、開いた毛穴などのお悩みを解消してくれます。また、ジェネシスは赤ら顔の解消にも有効です。これはYAGレーザーがもつ、血液中のヘモグロビンに反応し血管拡張を抑制する作用によるもの。赤みのあるニキビ跡の解消にも適した治療です。

    ジェネシスの照射は肌から1~2cm離して行います。痛みは少なく暖かく感じる程度で心地よいと感じる方もいます。顔だけではなく、手の甲や首にも照射できます。

    この記事は、
    しのぶ皮膚科
    蘇原しのぶ医師が監修しています。

  • アキュプラスとは

    アキュプラスはIPL(光)治療においてシミやそばかすの治療に特化した専用のチップです。IPL治療は黒色、赤色の色素に反応する性質があることからシミやニキビ・ニキビ跡、赤ら顔の治療に使用されています。その色素が濃ければ濃いほど反応しやすくなるため、濃いシミには効果が大きい一方で、薄いシミやそばかすに対する効果はいまいちでした。

    アキュプラスを使用することで500〜600nmの波長の光を照射することができ、この波長の長さはシミやそばかすの原因となるメラニンに最も反応する波長と言われています。そのためうすいシミやそばかすに対しても効率よく反応することができ、これまで以上に高いシミ・そばかすの治療効果を得られるようになりました。従来のIPLに比べてダウンタイムが気になるということもありません。

    しかし一度の照射でシミ・そばかすが消えるというものではなく、複数回照射を重ねていくことでシミ・そばかすを薄くしていく治療法となるので、完全になくしたい場合にはシミ取りレーザーも併用しながら治療を行うこともあります。

  • フォトフェイシャルの効果、副作用など専門医の見解まとめ!

    古くからのことわざに、”色白は七難隠す”というものがあります。このようなことわざが存在するほど、いつの時代でも日本人女性は美白を意識して生活してきたということなのでしょう。そして現代では”ヤマンバ”や”ガングロ”などが一部の若い女性たちの間で流行ったこともありましたが、依然として、抜けるような色白な肌は不動の人気を誇っていますね。それでは、今回は美白を目指す女性たちの心強い味方、フォトフェイシャルとはどのような施術なのか、効果、副作用などを専門医の見解を交え解説して行くことにしましょう。 【監修医師からのワンポイント】 フォトフェイシャルはしみや赤み、しわ、ハリの低下など、様々なお悩みに幅広く効果のあるマイルドな治療です。ダウンタイムも少ないので、美容医療初心者の方もトライしやすく、定期的なお肌メンテナンスにもおすすめの大変人気の治療です。 目次 1.フォトフェ

    この記事は、
    PRIMA CLINIC (プリマクリニック)
    佐藤亜美子医師が監修しています。

  • Qスイッチルビーレーザーとは

    694nm(ナノメートル)というメラニンの吸収が非常に高い波長の光をレーザーで照射することにより、メラニンのみを効率よく破壊し、シミ、そばかす、アザ、ほくろなど、メラニンが原因となっている色素系皮膚疾患の治療を行うことができます。

    アザの治療に用いられることが多いレーザーですが、Qスイッチルビーレーザーは、メラニンが原因の青、黒、茶色のあざに、毛細血管の異常による赤いあざは赤い色素に反応するLPヤグレーザーを使用します。

    Qスイッチルビーレーザーはメラニンのみを破壊するため、周辺組織にダメージを与えることなく安全に治療が行えるのが特徴です。レーザーを当てた箇所はかさぶたとなり、かさぶたの下からはキレイな皮膚が出てきます。シミなどの状態にもよりますが、1回の照射でQスイッチルビーレーザーによる治療が終わるケースもあれば、複数回照射が必要なこともあります。

    また、タトゥー除去治療にもQスイッチルビーレーザーを利用することができますが、使われているタトゥーの色素によってはQスイッチルビーレーザーでは効果が薄い場合があります。

    この記事は、
    しのぶ皮膚科
    蘇原しのぶ医師が監修しています。

  • ライムライトとは

    ライムライトはIPL(Intense Pulsed Light)光治療の一種です。日本人医師が日本人の肌のために開発した光治療器であるため、白人向けに作られた従来の光治療や一般的なレーザー治療では治療が難しかった日本人に多い薄く細いシミ・そばかす・ニキビ跡などにも効果が期待できます。 

    レーザーのようにメラニン色素を直接、破壊するのではなく、メラニンを含んだ表皮部分に熱エネルギーを照射し、ターンオーバーを促進させて肌から排出させやすくするのがライムライトの原理です。シミやそばかすが薄くなるだけではなく、ターンオーバーが促進されることでハリが向上し毛穴が目立たなくなり、肌の質感がアップします。また、血行を促進する効果があるためくすみの解消にも有効です。

    肌への負担が少なくダウンタイムが取れない方にも適しています。 レーザーのように肌に負担をかけることなく徐々にシミを薄くしていくことができる治療方法です。

    この記事は、
    しのぶ皮膚科
    蘇原しのぶ医師が監修しています。

  • そばかす治療とは

    そばかすは雀卵斑(じゃくらんはん)とも呼ばれるシミの一種です。1mmから4mm程度の小さいシミが無数に点在しているのが特徴で白人や色白の人に多いのが特徴です。

    そばかす治療では、そばかすを改善すると同時に肌のトーンを明るくしていきます。現在、美容クリニックで主におこなわれるそばかす治療は以下の3つがあります。

    (1)機器を使用してレーザー治療や光治療
    (2)トラネキサム酸やビタミンCなどの内服
    (3)ハイドロキノンの外用

    機器を使用する治療では、QスイッチアレキサンドライトレーザーやライムライトやマックスGといったIPL光治療器を使用します。レーザーは1回の照射でそばかすが薄くなりますが、術後の赤みが強く出ます。

    一方、 IPL 光治療器はくすみも解消させることができ、肌の質感も向上します。さらに術後の赤みが少ないというメリットがありますが、5回以上の治療が必要となり完全にそばかすを消すことは難しいと言われているため、レーザーでの治療が推奨されることが多くなっています。

    この記事は、
    しのぶ皮膚科
    蘇原しのぶ医師が監修しています。

  • QスイッチYAGレーザーとは

    QスイッチYAGレーザーはシミや肝斑、アザなどの色素系皮膚疾患や脂漏性角化症の治療や入れ墨の除去などに用いられるレーザーです。

    短い時間の間に狙った箇所に高エネルギーで照射できるため、肌の正常な部分へ与える影響がほとんどなく、 メラニン色素のみを破壊することができます。

    濃いシミだけでなく薄く淡いシミにも対応可能であるため、1回で治療が完結することが多く、通常のレーザー治療のように何度も通院する必要がないのが特徴です。ただし、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)や大田母斑は、3~6カ月に1度、複数回治療を受ける必要があります。

    QスイッチYAGレーザーを搭載したマシンはスペクトラ、M22、メドライトC6などがあります。1064nmと532nm、2つの波長を搭載しており、お悩みに合わせて使い分けることができるのも特徴です。シミやアザなどへのダイレクトな照射は532nmの短い波長を、レーザーが禁忌とされていた肝斑への治療には1064nmの長い波長のモードを使用したレーザートーニングを行うことができます。

    この記事は、
    しのぶ皮膚科
    蘇原しのぶ医師が監修しています。

  • ポラリスとは

    ポラリスはダイオードレーザーとバイポーラ高周波を組み合わせた美肌治療のための機器です。肌の真皮層に熱エネルギーを与えることで線維芽細胞の働きが活性化し、コラーゲンの再生が促進されます。これによってシワ、たるみ、毛穴、ニキビ、ニキビ跡の改善に効果が期待できます。

    皮下1.5mm付近にダイオードレーザーと高周波のエネルギーが交わるホットスポットを作るため、表皮部分へのヤケドのリスクを抑えつつ線維芽細胞を刺激し、コラーゲン産出効果を得ることができます。表皮部分をマイナス5度に保つようにクーリング(冷却)しながら照射していくため、照射後の肌の赤みや腫れといったダメージがほとんどありません。

    即効性や効果の持続性はサーマクールに劣りますが、ダインタイムがほとんどないこと、即時的なタイトニング効果だけではなく2週間後くらいから徐々に肌が引き締って質感が改善するのを実感できることがポラリスのメリットでしょう。

    この記事は、
    いなばクリニック
    稲葉岳也医師が監修しています。

  • レーザーフェイシャルとは

    Nd:YAGレーザーやアレキサンドライトレーザーなどを顔全体に照射することによりシミ、ソバカス、くすみ、小ジワ、毛穴の開き、キメの乱れといった幅広い肌トラブルを解消する治療方法です。顔の産毛を脱毛する効果もあります。使用するレーザーの種類はクリニックによって異なります。

    アレキサンドライトレーザーは肌表面のメラニンや産毛の黒い色に反応しやすく、シミやそばかす、くすみの改善や産毛の脱毛に効果があります。また、肌のコラーゲンを産出する作用を促し、ハリを改善して毛穴を目立たなくしてくれます。

    Nd:YAGレーザーはアレキサンドライトレーザーに比べ、皮膚の深い部分に到達します。またメラニンだけはなく、ヘモグロビンの赤い色素にも反応するため赤ら顔やニキビ跡の赤み、毛細血管拡張の改善などに効果が期待できます。

    レーザーフェイシャルでは顔全体に2,000~4,000ショットのレーザーをあてていきますが、痛みはそれほど強くありません。濃いシミが気になる箇所は、レーザーを強めにしてスポットで照射するというオプションを用意してくるクリニックもあります。

    この記事は、
    いなばクリニック
    稲葉岳也医師が監修しています。

  • ミルクピールとは

    ミルクピールはフランスDERMACEUTIC社製のケミカルピーリング剤を使用した施術です。従来のケミカルピーリングで用いられているグリコール酸、サリチル酸、乳酸を最適なバランスで配合し、肌へのダメージを抑えながらツヤのある明るい肌に整えます。

    グリコール酸は、サトウキビやブドウなどから抽出されたフルーツ酸で、角質の剥離(除去)と肌組織の働きを活性化させ、コラーゲンの生成を促し、小じわ・肌質などを改善していきます。乳酸はメラニン色素をつくり出すチロシナーゼを抑制して、シミやくすみを防ぐほか、色調の改善やバリア機能の向上、保湿効果を高める効果などが期待できます。また、サリチル酸は、不要な角質などを取り除きつるんとした肌に導きつつ、乳酸を皮膚の深部まで浸透させてくれます。

    ミルクピールではこれらの3つの酸を配合することで、1つのピーリング剤では実現できなかった複合効果を得ることが可能です。施術時間は10~15分程度、肌に優しいので赤みやカサカサ感が少ないのもメリットです。

    この記事は、
    表参道美容皮膚科 原宿本院
    三宅真紀医師が監修しています。

  • Xeo(ゼオ)とは

    米国Cutera(キュテラ)社が開発した複合治療機器です。FDA(米国食品医薬品局)の医療機器承認取得されており、安全性が高く効果的に治療できることを実証されています。

    大きな特徴は1台でさまざまなセッティングができる点にあります。ジェネシス(Nd:YAGレーザー)、ライムライト・アキュチップ(IPL)、タイタン(近赤外線)の4種のハンドピースを替えることによりさまざまな肌トラブルに1台で対応可能です。

    ライムライトではシミ、そばかすや小じわ、ハリの改善などを、ジェネシスではニキビや目立つ毛穴、赤ら顔の改善、アキュチップではシミ、そばかすや毛細血管拡張の改善、そしてタイタンではスキンタイトニング(引き締め)といった具合に、表皮から真皮までアプローチすることでトータルな美肌のための施術ができます。

    もちろん、ジェネシスで全体的なお肌のくすみをケアしながら、濃いシミや小鼻付近の毛細血管拡張にはアキュチップを重ねうちするといったコンビネーション治療も可能です。クリニックによって備えているハンドピースが異なるのでカウンセリング前に確認するといいでしょう。

    この記事は、
    いなばクリニック
    稲葉岳也医師が監修しています。

  • そばかすは消えないって思ってない? そばかすをきれいにするための3つの方法

    「そばかすは可愛らしい」という印象を持つ方は多くいますが、実際にそばかすがあることで悩んでいる方が多いのも事実。「小さい頃はそばかすって言えたけど、大人になったらただのシミって思われる」、そんな友達の発言を聞くこともしばしばあります。でも現代の美容医療ならそばかすだってきれいに治療することが可能なのです。 今回はそばかすの治療方法について詳しく解説していきます。 【監修医師からのワンポイント】 そばかすは遺伝的な要因もあるため、一度改善しても再発しやすいタイプのシミです。光やレーザー治療、内服治療、外用治療などを併用することで、再発しにくくなりますので、医療機関でよく治療方針を相談して治療を行うことが大切です。 そもそもそばかすって何?シミと何が違うの? そばかすは別名「雀卵斑(じゃくらんはん)」と呼ばれます。そばかすの見た目がすずめの卵の表面に似ている

    この記事は、
    PRIMA CLINIC (プリマクリニック)
    佐藤亜美子医師が監修しています。

Go to Top