そばかす治療 に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

概要・効果

そばかす雀卵斑とも呼ばれるシミの一種です。そばかす治療ではそばかすを改善すると同時に肌のトーンを明るくしていく治療法です。

美容クリニックで主におこなわれるそばかす治療には、(1)機器を使用してレーザー治療や光治療をおこない改善する方法、(2)医薬品を塗布・内服することで改善する方法、(3)点滴や注射を使うことで改善する方法の3つがあります。

施術法によって、それぞれ費用や施術時間、ダウンタイム、効果がそれぞれ変わりますので、自分の症状、ライフスタイルにあった方法を選ぶようにしましょう。

こんな方におすすめ

そばかすが気になる方

そばかす治療のメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

メリットは、そばかす治療といってもクリニックによってさまざまな治療法があるので、自分の症状、ライフスタイルに合わせて費用や通院回数を調整できることです。

デメリットは、そばかすだけでなく肝斑や老人性色素斑、太田母斑などいろいろなシミが併発している場合は、施術法を1つだけにすると、逆効果となり悪化してしまうシミが出てくる場合があることです。また、施術法により、費用や通院回数が大きく変わってくることも挙げられます。

そばかす治療の失敗例

そばかすは、肝斑と間違うことも多いとされているため、鑑別を誤ると逆効果で悪化してしまう場合があります。医師のスキルや経験をチェックし信頼のできる医師を選ぶようにすることが失敗を防ぐコツです。また、レーザー治療後は日焼け対策を怠ると悪化することもあるのでホームケアも大切です。

そばかす治療の修正に関して

ほとんど修正はありませんが、そばかすの改善について疑問がある場合は医師に相談するようにしましょう。

そばかす治療の名医とは

正しくそばかすを鑑別することができ、もっとも効果的な改善方法を提案できる医師が名医と考えられます。

関連する施術(機器)

Qスイッチルビーレーザーフォトフェイシャル(IPL) トレチノイン

メーカー ※医療機器の場合のみ

米キャンデラ社など

そばかす治療の口コミ(体験談・評判)

そばかす治療のCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

薬のみの処方は1カ月5000円程度。機器による施術は顔全体1回3万~15万程度

ダウンタイム

ほとんど必要なし

痛み・腫れ

レーザー治療や光治療の場合はゴムで軽くはじいたような痛みあり

施術の流れ

レーザー治療は施術後数日でかさぶたができる。かさぶたが自然に剥がれるまでは洗顔やメイクの方法に注意。経過観察のため複数回通院する必要がある

FAQ

経過

週に1~3回、継続通院し経過を観察する

モニター

施術法によってはモニター募集あり

抜糸時期(※オペ系のみ)

術後の洗顔・メイク

基本的には洗顔、メイク可能

施術時間の目安

施術法や範囲により異なる

麻酔の種類

施術法によっては痛みに弱い人は麻酔クリームを使うことがある

そばかす治療 と関連治療が受けられるクリニック

美容皮膚科
住所:東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエアプラザ2F
最寄駅:JR恵比寿駅西口より徒歩8分
院長:城野 親徳
診療時間:10:30~12:30 15:00~17:30
休診日:祝
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-252 ユニオンビル7F
最寄駅:JR大宮駅西口徒歩5分
院長:木塚 雄一郎
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容皮膚科
住所:新宿区新宿3-33-10 新宿モリエールビル7F
最寄駅:JR新宿駅南口徒歩4分
院長:荒牧 奈央
診療時間:10:00~19:00
休診日:

おすすめの関連記事

人気ランキング

おすすめランキング

bnr_insta