Menu

美容整形の相談・紹介

検索

無料メール相談 24時間OK

えくぼ形成 に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

[ えくぼ形成 ]

概要・効果

えくぼ形成は、美容クリニックでは二重の形成と同様に比較的簡単な施術なので、いわゆるプチ整形に分類されます。笑ったときに口元にできるえくぼは可愛らしく見えることから女性を中心に人気の施術です。

えくぼ形成のアプローチは口の中からです。皮膚と口腔内を糸で結び、えくぼを形成していきます。口の中の施術になるので、肌表面に傷跡が残る心配はありません。メスを使わない施術法なのでダウンタイムが短めで、リスクが少ないことも特徴です。また、この施術は、両側でも片側だけでも可能です。

こんな方におすすめ

えくぼを作りたい方

えくぼ形成のメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

メリットは,メスを使わず、糸で留めるだけの簡単な施術でえくぼを形成できること、抜糸すれば元の状態に戻せること、比較的修正がしやすいことです。

デメリットは、ダウンタイムは比較的短めですが口の周りの施術のためダウンタイム中のメイク、歯磨きは控えめに、洗顔は優しくこすらずにする、食事は柔らかいものを中心に食べるなどちょっとした日常生活の制限があることです。

えくぼ形成の失敗例

えくぼ形成は医師のデザインやセンス、腕によるところが大きいので、センスのない医師にあたるとえくぼの位置が納得いかないと感じられる可能性も高くなります。
クリニックのホームページなどに掲載されている施術後の写真を見て、自分のセンスにマッチした医師を探すようにしましょう。

えくぼ形成の修正に関して

えくぼ形成後の位置に満足がいかなかった場合、抜糸することで元の状態に戻すことができますので、修正費用はかかりますがもう一度形成しなおすことは可能です。

えくぼ形成の名医とは

えくぼ形成の知識と経験があり、施術を数多くこなしていることが名医の条件と考えられます。また、一人一人に適したえくぼを形成していくため症例写真を見てデザインやセンスの良い医師を探すようにしましょう。

関連する施術(機器)

二重埋没法唇ヒアルロン酸注入(アヒル口) 口角ボトックス

メーカー ※医療機器の場合のみ

えくぼ形成の口コミ(体験談・評判)

えくぼ形成のCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

両側の形成で15万〜17万円程度が相場

ダウンタイム

2〜3日程度

痛み・腫れ

術後3日程度は腫れるが徐々におさまる

施術の流れ

カウンセリング→マーキング→麻酔→施術→当日帰宅

FAQ

経過

継続通院の必要はなし
施術後1カ月程度は笑っていないときでもえくぼができるので不自然さが見られる可能性があるが徐々になじんでくる

モニター

多くはないが募集あり

抜糸時期(※オペ系のみ)

なし

術後の洗顔・メイク

当日の洗顔は可能だが患部は避ける
洗顔料使用は翌日以降
当日のメイクも控える
患部を含めたフルメイクは3日後がすすめられる(クリニックによる)

施術時間の目安

30分程度

麻酔の種類

局所麻酔または静脈麻酔

えくぼ形成に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
≪ 美容施術一覧へ戻る

人気ランキング

おすすめランキング

話題のキーワードで検索

キーワード一覧
無料メール相談