医師監修の美容医療メディア Call to Beauty

医師監修の美容医療メディア

レブライトSIとは

最終更新日:2020年5月8日

この記事は、いなばクリニック稲葉岳也 先生が監修しています。

概要・基礎知識

肝斑治療のためのマシンとしてアメリカFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)から承認を受けたのが、従来のQスイッチNd:YAGレーザーを搭載したマシンであるメドライト(C6)の上位機種「レブライトSI」です。肝斑やしみ、そばかす、あざの治療だけではなく、トータルでの美肌治療、エイジングケアとしても有効です。

肝斑は一気に大きなエネルギーを与えると、刺激を受けてメラニン色素が活性してしまいます。レブライトSIでは中空照射という方式で、肌から少し離したところから低出力のレーザーを照射することにより、表皮を傷つけることなく肌の新陳代謝を促進、肝斑の原因でもあるメラニン色素を少しずつ分解・破壊していき、色を薄くしていきます。
さらに肌の深部にまで熱が届くことで、コラーゲン生成が促進され、肌のハリなどの肌質改善にも役立ちます。

レブライトSIは従来のQスイッチNd:YAGレーザーの532nmと1064nmの波長のほか、585nmと650nmが照射できます。肌の悩みに合わせて最適な波長を設定できるため、より効果的な治療が可能です。

こんなお悩みに

・しみ・そばかす、肝斑を薄くしたい方
・ニキビ跡をきれいにしたいかた
・肌のハリやツヤがほしい方
・肌質のトーンを明るくしたい方

ダウンタイム/経過

施術中は、肌の表面を輪ゴムで、少し弾かれる程度の痛みがあります。
赤みがでることがありますが、当日中に軽減します。
術後は、日焼けに注意し、帽子や日傘、日焼け止めなどを使用しましょう。

費用

全顔1回10,000~40,000円

リスク・副作用

術後、痛みや赤みが出ます。また、一時的にシミや肝斑が濃くなることがありますが、徐々におさまります。

美容皮膚科(シミ、しわ、毛穴、ニキビ治療等)の治療

美容皮膚科(シミ、しわ、毛穴、ニキビ治療等)の治療が受けられるクリニック

美容皮膚科
住所:東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエアプラザ2F
最寄駅:JR恵比寿駅西口より徒歩8分
院長:城野 親徳
診療時間:10:30~19:00
休診日:祝
形成外科美容外科美容皮膚科
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-252 ユニオンビル7F
最寄駅:JR大宮駅西口徒歩5分
院長:木塚 雄一郎
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容皮膚科
住所:大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル6F
最寄駅:JR大阪駅中央改札口徒歩約7分
院長:富 隆志
診療時間:10:00~20:00
休診日:

レブライトSIに関連する記事

  • 関連する記事はこれから登録されます。
PAGE
TOP