スリムスペックとは(概要・基礎知識)

スリムスペックは衝撃波技術(体外衝撃波)を応用した痩身治療機です。衝撃波技術は痩身のほかにも様々な治療に用いられており安全性が実証されています。とくにセルライト除去に効果を発揮するのがスリムスペックです。

セルライトは脂肪細胞の周りを取り囲んでいるジェル状のたんぱく質のことを言います。脂肪細胞の周りを取り囲んでいるジェル状のたんぱく質を衝撃波によって固まった脂肪を分解して気になる部分の痩身効果を実現します。
またセルライトが除去されるだけでなく、コラーゲンやエラスチンの生成、リンパのつまり、血流の悪さも改善へと促す効果もあるので、引き締まったハリのある肌、血行の改善、むくみの解消などの副次効果も期待できます。

主な施術部位は二の腕、お尻、太もも、お腹などセルライトがたまりやすい部位になります。FDA(米国食品医薬品局)承認機器です。糖尿病や心疾患等のある方、妊娠中の方は施術不可です。

スリムスペックが向いている人(こんなお悩みに)

部分痩せとセルライトを除去したい方

ダウンタイム/経過

治療した場所の血行が良くなり若干赤くなりますが、ほかに症状はなく、赤みも比較的短期間でなくなります。
施術後すぐに効果が表れることもありますが週に1~2度のペースで5~10回程度継続すると効果が出やすいです。

費用

1~2万円 ※クリニックによってエリア範囲で金額が異なります。

リスク・副作用

赤み

監修:

二宮幸三医師

東京美容皮膚科クリニック

東京慈恵会医科大学医学部医学科卒業。整形外科、麻酔科の臨床経験のち美容皮膚科にて勤務。2010年東京美容皮膚科クリニック開設。
モットーは「美容外科から切らない美容皮膚科医療へ」。ウルセラ、サーマクールなどのアンチエイジング機器に造詣が深い。またレーザー治療やメディカルエステも行い、幅広い美容皮膚科メニューを提供しています。ウルセラ認定医、サーマクール認定医、スマスセラ指導医取得。

東京慈恵会医科大学医学部医学科 卒業
慈恵医大病院 整形外科・麻酔科にて臨床研修終了
東京慈恵会医科大学解剖学講座第一 所属
Medical Plastic Surgery Clinicで従事
Central Clinic 美容外来 開設
2010年 東京美容皮膚科Clinic 開設

脂肪吸引・痩身の他の治療

脂肪吸引・痩身の治療が受けられるクリニック

  • 住所: 東京都港区浜松町2-3-1 日本生命浜松町クレアタワー4F メディカルセンター
  • 最寄駅: JR浜松町駅・都営各線大門駅直結
  • 院長: 二宮 幸三
  • 診療時間: 月~土 10:00~19:00
  • 休診日: 日・祝
  • 住所: 東京都豊島区南池袋1-25-11第15野萩ビル8F
  • 最寄駅: JR池袋駅東口徒歩約3分、東京メトロ丸の内線池袋駅43番出口徒歩約3分、東京メトロ有楽町線池袋駅43番出口徒歩約3分
  • 院長: 加藤 英樹
  • 診療時間: 10:00~20:00
  • 休診日: 年中無休
  • 住所: 横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1 谷川ビルANNEX7F
  • 最寄駅: JR横浜駅西口徒歩4分
  • 院長: 佐々木 直美
  • 診療時間: 10:00~19:00
  • 休診日: 年中無休

脂肪吸引・痩身に関連する記事

  • 水の森美容外科 総院長 竹江渉医師【イケメン医師に会いたい! 第四回】

    人気企画「イケメン医師に会いたい!」第四回は愛知県名古屋市、東京都中央区銀座等に5院を展開する水の森美容外科の竹江渉(たけえ わたる)総院長です。 脂肪吸引をはじめとして、美容外科における施術のほとんどを提供し、水の森美容外科の総院長として、各地のクリニックで施術をされています。 インタビューの印象は最後まで“ストイック”。ご自分のクリニックの行末だけでなく、業界全体のことまで考えて日々診療されている様子が伝わってきました。爽やかな外見の中に秘めたメラメラ燃える気持ちが! 医師としての仕事を確立し、いつの日か独立して、故郷に病院を建てたいと思っていました ー医師を志した理由を教えてください。 竹江先生(以下T):父が北海道北見市で医師をしていて、自然となるものだと思っていました。ただ、最初から美容外科に行こうと決めていたわけではありません。大学入学前に父をなくし、経営

    この記事は、
    水の森美容外科 名古屋院
    竹江渉医師が監修しています。

  • きれいなふくらはぎを持つ芸能人ランキング

    脚のパーツの一部であるふくらはぎ。ここが太くがっしりしていると、体重は軽くても「下半身デブ」と見られるおそれや全体のバランスがなんとなく悪くなってしまいます。その他にも、ふくらはぎといえば浮腫みやすい部分でもあるので、美脚を目指す方ならいつも気にしていたいところです。 今回は美しく細いだけではなく、脚全体に対するふくらはぎのバランスが良い女性芸能人をランキングでご紹介していきます! 第1位井川遥 この投稿をInstagramで見る 井川 遥(@loin.official)がシェアした投稿 30代になってから、さらに美しさに磨きがかかった女優井川遥さん。 そこはかとない色気が漂う美人顔はもちろん、その細いふくらはぎもまさに理想的! 若い頃はむしろぽっちゃりボディなイメージが強かった井川遥さんですが、年を取っても進化を続けているよ

  • 出産後のボディラインとバストに、脂肪吸引+脂肪注入豊胸を。水の森美容外科総院長が徹底解説

    今回は全国5カ所に展開する、水の森美容外科の総院長である竹江渉先生に、脂肪吸引と取った脂肪を使ってバストアップする脂肪注入豊胸について、詳しく解説して頂きました。 通常の脂肪吸引のメリット、デメリットはもちろん、産後の女性の多くが直面するボディラインの悩み、授乳後のバストの萎縮などのお悩みについてもその解決法を丁寧且つ明確にお答えいただきました。 目次 ・水の森美容外科の脂肪吸引の特徴 ・脂肪吸引の失敗とは ・脂肪吸引で取れる脂肪量は? ・脂肪吸引後の圧迫の重要性 ・産後の身体の弛み ・産後に脂肪吸引、脂肪注入豊胸するメリット、デメリット ・一度の施術で胸に脂肪注入できる量 ・脂肪注入豊胸でできるしこりとは ・脂肪吸引のダウンタイム ・脂肪吸引後のリバウンドはこうして起こる ・脂肪注入豊胸の定着率を高めるコツ ・脂肪吸引、脂肪注入豊胸のカウンセリ

    この記事は、
    水の森美容外科 名古屋院
    竹江渉医師が監修しています。

  • 医療痩身Special対談! 下島久美子医師✕鈴木るり子医師(KUMIKO CLINIC)

    医療痩身の最新治療GLP-1治療をはじめ、クリニックで行われる痩身治療について、美人女医二人による対談が実現! 今や痩身機器治療の要となるクールスカルプティングをいち早く取り入れ、痩身治療全般に造詣が深い、東京都千代田区有楽町にあるKUMIKO CLINICの下島久美子院長先生と鈴木るり子先生に最新の痩身治療について語って頂きました。 内科出身の医師ならではの洞察を生かした痩身のお話はダイエットに興味がある女性だけではなく男性にも目から鱗な情報が満載です。読むだけで痩せるかも!? 基本はダウンタイムがない治療にシフトしています、どの医療の分野でもそうだと思います ー最近の美容痩身治療の動向やトレンドなど、先生方が感じられていることをお聞かせください。 はい。最近の動きとして、クリニックで導入が進みつつあるGLP-1という治療法は比較的新しい痩身治療になると思い

    この記事は、
    KUMIKO CLINIC
    下島久美子医師が監修しています。

  • KUMIKO CLINIC(クミコクリニック)下島久美子医師【美人女医インタビュー第五回】

    連載第五回目をむかえる美人女医インタビュー、今回はもともと内科医として多くの病院で勤務後、美容皮膚科医になられ、2014年に東京・日比谷に美容皮膚科・医療痩身をメインとするKUMIKO CLINIC(クミコクリニック)を開設された、院長の下島久美子先生です。 美容皮膚科に携わろうと思った想い、医療として美を提供する側としてのこだわりをじっくり聞いてきました。 もっと身近に美容医療を普及させていく一旦を担えたらなと思い転科しました Q:最初に、医師になろうと思った理由を教えてください 祖父も父も医師でその影響は大きかったと思います。だからといって親から、医師になるように言われたことは一度もありませんでしたが、これからは女性も自立する時代だから何か資格をとるようにというのは両親から常々言われ育ちました。そういった考えと周囲の環境も手伝って自然に医師の道を目指しました。 Q:も

    この記事は、
    KUMIKO CLINIC
    下島久美子医師が監修しています。

  • 水の森美容外科 東京新宿院 津田智幸医師【イケメン医師に会いたい! 第五回】

    人気企画「イケメン医師に会いたい!」第五回は全国に4院を展開する水の森美容外科東京新宿院の津田智幸(つだ ともゆき)院長です。 笑顔が優しい津田院長。医師として憧れているお父様のことや患者様への思いを語ってもらいました。医療に対し、誠実でまじめな一面と少し意外な?プライベートを併せ持つ津田先生の充実のインタビューをどうぞ! 傷をきれいに治すことが、形成外科の中でも楽しく、僕の中でもやりがいがありました ー医師を志した理由を教えてください。 津田先生(以下T):父親、祖父が医者として働く環境で生まれ育ち、僕も父親の背中を見て、必然的に医者になろうと思いました。 ー大学ご卒業後の経歴を教えてください。 T:東京三鷹市にある杏林大学に通っていました。その後、大阪に戻り臨床研修、一般病院で研修医を終え、引き続き、形成外科で5年勤務し、美容外科に移りました。 ー美容医療にシフトチェ

    この記事は、
    水の森美容外科 新宿院
    津田智幸医師が監修しています。

の治療カテゴリ

スポンサーリンク