リファーム に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

概要・効果

リファームは、RF(高周波)とIR(赤外線)を組み合わせた美容医療用治療器で、正式にはリファームSTと呼ばれます。

リファームのメカニズムは、まず赤外線で温めることで肌の奥に届きにくい高周波を届けやすくします。次に高周波が真皮層に均一に作用することでコラーゲンを収縮させ、たるみを速やかに引き締めていきます。そしてまた赤外線の作用により、コラーゲンの生成を促進していきます。これにより、しわやたるみを徐々に改善させていきます。

サーマクールやポラリスよりも痛みが少ないことが特徴で、引き締めに関して即効性のある施術ですので早めに効果を実感したい方におすすめです。

こんな方におすすめ

切らずにしみ、しわ、たるみを改善したい方

リファームのメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

メリットは、同じ原理で治療するポラリスよりも痛みが少なく、肌の深くまで作用するので引き締め効果に即効性があること、ダウンタイムがないので施術直後からメイク、洗顔が可能であることです。

デメリットは、痛みや腫れはほとんどありませんがやけどや赤みのリスクはゼロではないこと、継続治療が必要となることです。

リファームの失敗例

リファームの施術後はアフターケアが大切です。紫外線対策、保湿などに普段より気を配ることで、効果を維持・向上させることができますが、ケアを怠ってしまうと施術前よりシミが目立ってしまい、失敗したと感じることがあるので注意が必要です。

リファームの修正に関して

切らない施術のため修正はありませんが、何度か治療を継続して効果を実感できる施術法なので途中でやめてしまうと仕上がりが不十分なことがあります。はじめに何回くらい施術が必要か、通院期間などをたずねておくことでトラブルを避けることができます。

リファームの名医とは

レーザーや高周波など美容医療用マシンの取り扱いに慣れており、やけどなどの事故なく施術ができること、サーマクールやイーマックスとリファームの違いを熟知し、一人一人に適した施術法を提案したり、施術後のアフターケアのアドバイスをしてくれるなど細やかなカウンセリングをおこなえる医師がおすすめです。

関連する施術(機器)

サーマクールCPTヒアルロン酸注射(しわ、ほうれい線) ウルセラ

メーカー ※医療機器の場合のみ

シネロン社

リファームの口コミ(体験談・評判)

リファームのCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

1回4〜6万円

ダウンタイム

ほとんどないが施術直後は赤みが出ることがある

痛み・腫れ

ほとんどなし

施術の流れ

カウンセリング→クレンジング、洗顔→施術→当日帰宅

FAQ

経過

施術後は保湿や日焼け対策が必要。4週間ごとに4~10回程度、その後3カ月おきに通院して治療すると効果的

モニター

募集あり

抜糸時期(※オペ系のみ)

術後の洗顔・メイク

施術後から可能

施術時間の目安

40〜90分程度

麻酔の種類

必要ないが痛みに弱い人はクリーム麻酔を使用する

リファーム と関連治療が受けられるクリニック

美容皮膚科
住所:東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエアプラザ2F
最寄駅:JR恵比寿駅西口より徒歩8分
院長:城野 親徳
診療時間:10:30~12:30 15:00~17:30
休診日:祝
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-252 ユニオンビル7F
最寄駅:JR大宮駅西口徒歩5分
院長:木塚 雄一郎
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容皮膚科
住所:大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル6F
最寄駅:JR大阪駅「中央改札口」徒歩約7分
院長:棚田祐助
診療時間:10:00~20:00
休診日: