医師監修の美容医療メディア Call to Beauty

医師監修の美容医療メディア

蒙古ひだ形成とは

最終更新日:2020年7月10日

この記事は、よだ形成外科クリニック依田拓之 先生が監修しています。

概要・基礎知識

目頭の部分を覆っているまぶたのヒダ(蒙古ひだ)を新しく作り、覆うことで目の内側を隠す施術です。生まれつき蒙古ひだがない方、目頭切開術で蒙古ひだを切除しすぎた結果目と目の間が近くなりすぎた、不自然に開きすぎた目頭や三角にとがった目頭を自然な丸みのある形に整えます。

施術方法は目頭の状態により異なりますが逆Z法・VY方法・下眼瞼皮弁(シャークフィンフラップ)法など様々な施術方法があります。逆Z法は目頭切開で切られすぎたための修正手術で行わることが多いです。VY法は修正手術以外にも蒙古ひだがなく、涙丘(目頭の内側にあるピンク色をした部分)が見えすぎている人や寄り目の人に行います。

下眼瞼皮弁(シャークフィンフラップ)法は目頭切開で皮膚を切除され過ぎていても下まぶたの皮膚を皮弁にしてもってくるため、十分な蒙古ひだを作りやすいですが、下まぶたの皮膚を目頭にもってくる術式であるため想定外な蒙古ひだになり、厚ぼったい蒙古ひだになる可能性があります。

こんなお悩みに

・生まれつき蒙古ひだがなく形成したい方
・目頭切開術の目の修正をしたい方

ダウンタイム/経過

個人差はありますが、大きな腫れや痛みは2~3日、2週間前後で落ち着きます。5~7日で抜糸となり、抜糸後はメイクが可能なので術後の赤みカバーができます。

費用

25~40万円

リスク・副作用

腫れ、痛み、内出血、目頭の左右差、被りが足りない、被りすぎる、傷跡が気になる、二重の形が変わる

目もとの治療

目もとの治療が受けられるクリニック

美容外科美容皮膚科
住所:東京都新宿区新宿3-19-4 MLJビル9階
最寄駅:JR新宿駅東口から徒歩3分
院長:小野 准平
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
形成外科美容外科美容皮膚科
住所:東京都港区港南2-5-3オリックス 品川ビル9F
最寄駅:JR品川駅 港南口徒歩約1分
院長:秦 真治
診療時間:10:00~20:00
休診日:年中無休
美容外科美容皮膚科
住所:東京都豊島区池袋2-6-1 KDX池袋ビル3F
最寄駅:JR池袋駅西口徒歩4分
院長:本間 重行
診療時間:9:00~18:00
休診日:年中無休

蒙古ひだ形成に関連する記事

  • 関連する記事はこれから登録されます。
PAGE
TOP