Menu

美容整形の相談・紹介

検索

無料メール相談 24時間OK

蒙古ひだ形成 に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

[ 蒙古ひだ形成 ]

蒙古ひだ形成の概要・効果

蒙古ひだ形成とは、目頭の部分を覆っているまぶたのヒダ(蒙古ひだ)を新しく作り、覆うことで目の内側を隠す施術で、目頭切開修正術とも呼ばれることもあります。

生まれつき蒙古ひだがない方の場合、寄り目に見えてしまい顔の印象をきつくみせてしまいますし、逆に蒙古ひだが張りすぎていると、目が小さく見えてしまいます。
また、目頭切開術により蒙古ひだを切除しすぎた結果、両目のバランスが悪くなってしまう方がおられるので、そういった場合になどに適応となる施術です。

施術方法は、一般的に目頭の鼻側の皮膚を少し切除してヒダを作成し、下まぶた方向に下ろして露出している部分を覆うことで蒙古ひだを形成します。

こんな方におすすめ

生まれつき蒙古ひだがなく形成したい方、目頭切開術の目の修正をしたい方

蒙古ひだ形成のメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

メリットは、先天的に蒙古ひだがない方のコンプレックスを解消できること、目頭切開の修正ができること、ひだの大きさなど微調整が可能なことです。

デメリットは、目頭切開の修正の場合は、完全には元に戻らない場合もあること、メイクができない期間があること、抜糸のために施術後にも通院の必要があることです。

蒙古ひだ形成の失敗例

目頭切開術の修正のために蒙古ひだ形成をした場合、目頭切開のときの切除範囲が大きければ完全に戻せないため失敗したと感じることがあります。トラブルをさけるためにも、カウンセリングの際にどの程度戻せるのかドクターに確認するようにしましょう。

蒙古ひだ形成の修正に関して

蒙古ひだ形成術で、蒙古ひだを形成しすぎてしまい、白眼の部分に多くかぶさってしまうこともありますので、あらかじめ失敗や修正した場合の対応についてクリニックに確認しておきましょう。

蒙古ひだ形成の名医とは

目元の美容整形というとプチ整形のイメージが強いですが、蒙古ひだ形成は優れた形成技術をもつドクターでなければ失敗することも多いと言われますので、形成外科の認定医であるかどうかや、形成術の実績が豊富かどうかなどをあらかじめ確かめてから施術を受けるようにしましょう。

関連する施術(機器)

目頭切開目頭切開(W法、内田法) 二重整形 他院修正

メーカー ※医療機器の場合のみ

蒙古ひだ形成の口コミ(体験談・評判)

蒙古ひだ形成のCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

両眼で約25万円

ダウンタイム

個人差はあるが1週間程度

痛み・腫れ

施術中は麻酔をするので痛みはほとんどなし
術後の腫れは1週間程度

施術の流れ

カウンセリング、診察→麻酔→施術→当日帰宅→1週間後に抜糸

FAQ

経過

施術後は抜糸のため1週間後に通院
傷跡は1カ月ほどで目立たなくなる

モニター

抜糸時期(※オペ系のみ)

約1週間後

術後の洗顔・メイク

洗顔は翌日から可能だが目元をこすらないようにすること
メイクは抜糸後から可能

施術時間の目安

約30分

麻酔の種類

局所麻酔、静脈麻酔、点眼麻酔

蒙古ひだ形成に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
≪ 美容施術一覧へ戻る

人気ランキング

おすすめランキング

話題のキーワードで検索

キーワード一覧
無料メール相談