Menu

美容整形の相談・紹介

検索

無料メール相談 24時間OK

ハイドロキノン に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

[ ハイドロキノン ]

概要・効果

ハイドロキノンとは、「お肌の漂白剤」とも呼ばれており、アルブチンやコウジ酸の約100倍の美白作用がある物質です。医療機関では外来受診の上、軟膏として処方されます。

ハイドロキノンは、シミの原因となるメラニンを合成するチロシナーゼという酵素の作用を弱めることでメラノサイトの働きを抑え、メラニンの数を減らします。すでに肌にあるシミを薄くし、これからできるシミも予防することができます。

医療機関では、5%〜10%と低濃度から高濃度まので取り扱いがあるため、シミの濃さに応じて濃度を使い分けられるメリットがあります。クリニックによってはトレチノインと併用して治療をおこなう場合もあります。

こんな方におすすめ

シミ、肝斑、にきび跡が気になる方

ハイドロキノンのメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

メリットは、レーザー治療などと比較して安価な割に効果に期待できるところです。

デメリットは、軟膏を冷蔵庫で保管する必要がある、日焼け止めの使用が必須である、医療機関で治療をおこなうのではなく処方薬となるため、自宅のケアがメインとなること、使用量や使用期間によってはメラノサイトが働かなくなってしまい、白斑ができることがあることなどです。

ハイドロキノンの失敗例

用法・用量を守らずにシミ部分以外にも塗布する、過剰に使用するなど間違った使用法をすると白斑が起こることがあります。また、日焼け対策が十分でない場合、シミが増えることがあります。

ハイドロキノンの修正に関して

肌に合わない、効果を感じられないという人もおられますが、その場合は他の治療法に切り替えるようにしましょう。

ハイドロキノンの名医とは

シミの部位や濃さに応じて軟膏の濃度を調整してくれる、ハイドロキノンのメリットとデメリットについて丁寧に説明してくれる医師が名医と考えられます。

関連する施術(機器)

レーザートーニング高濃度ビタミンC点滴フォトフェイシャル

メーカー ※医療機器の場合のみ

インディバ・ジャパン社、エンビロン社など

ハイドロキノンの口コミ(体験談・評判)

シミ以外に乳首の黒ずみにも効果を発揮します

 シワのボトックスで定期的に通院していた時、医師からそろそろシミも治療してみたらとハイドロキノンを勧められました。特に注意することもなく普通に日焼けだけ気をつければ良いとのことで、値段も安かったので気軽に処方してもらいました。

早速その日から使い始めてみましたが、効果は……?といった感じでいまいちよくわからないような感じでした。ただ、使っていて悪いことも何もないので使い続けていました。

数週間後たまたま通院した際にふと思いついて乳首の黒ずみにも塗布して良いかと医師に尋ねたところ、OKとのことだったのでその日から乳首にも塗りました。乳首には若干効果が出てピンクに近づいた気がします。

ハイドロキノンは効果は大きくはなかったですが、体中のシミや色素沈着に手軽に使えたので便利だったかなあと思います。リピートはしませんでしたが。
(投稿日時:2015年2月5日 ニックネーム:AI 性別:女性 年齢:48 出身:愛知 施術内容:ハイドロキノン 投稿者満足度:★★☆☆☆)

ハイドロキノンのCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

10g(約1カ月分)で4000円〜8000円

ダウンタイム

塗り薬なのでダウンタイムはないが赤みが出る場合は使用を中止し受診する

痛み・腫れ

塗布後、ピリピリとした刺激や赤みが出ることがある。2~3日でおさまるとされているが続く場合は一旦使用を中止し受診する

施術の流れ

外来受診にて必要に応じて処方される。1日1~2回、清潔な皮膚に塗布

FAQ

経過

軟膏は冷蔵庫保管、約1カ月で使い切る。使用中は日焼けに注意

モニター

多くはないが、クリニックにより、モニター募集あり

抜糸時期(※オペ系のみ)

術後の洗顔・メイク

塗布前に洗顔すること、化粧水、乳液→ハイドロキノン塗布(2分程度時間をおく)→メイク

施術時間の目安

塗布にかかる数分のみ

麻酔の種類

使用なし

ハイドロキノンに関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
≪ 美容施術一覧へ戻る

人気ランキング

おすすめランキング

話題のキーワードで検索

キーワード一覧
無料メール相談