疲労回復点滴とは

最終更新日:2021年4月21日

この記事は、しのぶ皮膚科蘇原しのぶ 医師が監修しています。

疲労回復点滴とは(概要・基礎知識)

総合ビタミン点滴やにんにく点滴(注射)とも呼ばれ、点滴による疲労回復を目的とした治療です。クリニックによって配合されている栄養素は異なりますが、主にビタミンB群、ビタミンC、グリチルリチン酸などが配合されており、オプションでプラセンタを加えることもできる場合があります。

ビタミンB1は疲れや倦怠感のもととなる疲労物質(乳酸)を分解する働きがあり、疲労回復や肌荒れに効果のある栄養素です。ビタミンCは抗酸化力や免疫力を高める効果が期待できます。グリチルリチン酸は漢方では甘草とも呼ばれ、抗炎症、免疫調整、肝臓での解毒作用があるため、二日酔いや風邪などにも効果のある成分です。

なお、更年期の症状や冷え、代謝の低下が気になる方にはプラセンタの追加がおすすめです。肝機能の改善や二日酔対策にも効果が期待できます。

疲労回復点滴は、血管に直接注入するため注射よりも即効性が高いことが特徴です。疲れが溜まっているとき、血行が悪く肩こりや冷え性が気になるとき、蕁麻疹、肌荒れ、二日酔い対策の他、運動などの活動前にも適した治療と言えるでしょう。

疲労回復点滴が向いている人(こんなお悩みに)

・慢性的な疲労や倦怠感のある方
・冷え性や肌荒れが気になる方

ダウンタイム/経過

点滴の針を抜き刺しするときに少し痛みを感じるこおがあります。
疲労を感じたときだけでなく、1〜2週間おきに通院し治療を継続するとさらに効果的です。

費用

1回3,000円〜8,000円程度

リスク・副作用

ビタミンB1が配合された点滴の場合、にんにくの臭いの体臭や口臭。

監修: 蘇原しのぶ医師

しのぶ皮膚科

東海大学医学部卒業。皮膚科医として大学病院で経験を積み、都内の皮膚科にて副院長を歴任。2016年しのぶ皮膚科開院し院長に就任。
しのぶ皮膚科では、一般皮膚科治療はもちろん、美容治療はヒアルロン酸注入を中心に、先生目当てに患者様が来ている。安心してリピートできるクリニックとして人気に。さまざまなSNSで積極的に発信、テレビ出演も多数。

日本アンチエイジング外科・美容再生研究会認定医
日本皮膚科学会会員など

東海大学医学部卒
北里大学皮膚科
獨協大学皮膚科
新宿皮フ科副院長
しのぶ皮膚科院長

美容皮膚科(シミ、しわ、毛穴、ニキビ治療等)の治療

美容皮膚科(シミ、しわ、毛穴、ニキビ治療等)の治療が受けられるクリニック

美容皮膚科
住所:東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエアプラザ2F
最寄駅:JR恵比寿駅西口より徒歩8分
院長:城野 親徳
診療時間:10:30~19:00
休診日:祝
美容外科美容皮膚科
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-252 ユニオンビル7F
最寄駅:JR大宮駅西口徒歩5分
院長:伊藤 哲郎
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容外科美容皮膚科
住所:大阪府大阪市北区梅田1-11-4大阪駅前第4ビル6F
最寄駅:JR大阪駅中央改札口徒歩約7分、JR北新地駅東改札口徒歩約5分、阪神梅田駅D-28出口徒歩約5分、阪急梅田駅中央改札口徒歩約10分、地下鉄御堂筋線梅田駅南改札口徒歩約5分、地下鉄谷町線東梅田駅9番出口徒歩約3分、地下鉄四つ橋線西梅田駅7~10番出口徒歩約5分
院長:富 隆志
診療時間:10:00~20:00
休診日:年中無休

疲労回復点滴に関連する記事

  • 関連する記事はこれから登録されます。
PAGE
TOP