脂肪吸引・痩身

  • 脂肪吸引注射とは

    脂肪吸引注射は、専用のカニューレ(吸引管)を使って気になる部位から皮下脂肪を直接、吸引して減らす治療です。脂肪吸引と違って、皮膚を切開しないので傷が残ることはなく、ダウンタイムもほとんどありません。また、効果が出るまでに時間がかかる脂肪溶解注射と比べると1回の治療かつ、施術直後からスリミング効果が実感できます。脂肪吸引と脂肪溶解注射のメリットを併せもつ新しい治療として人気が高まりつつある治療です。

    施術ではまず、局所麻酔薬を含んだ薬剤を注入します。その後、同じところから1.6mm程度のカニューレを使って脂肪を吸引していきます。なお、脂肪の量や部位、希望の仕上がりによっては1.6~2mm程度のカニューレを使用することもありますので、事前にカウンセリングで確認しましょう。

    脂肪吸引注射は、術後の腫れやあざが出るリスクも従来の脂肪吸引治療と比較して少なく、患部を圧迫する必要がありません。術後は針穴部分をカバーする創部パッチを使用して保護します。施術は顔だけではなく、二の腕やお尻、太ももなどボディでも可能です。

  • チンセラプラスとは

    チンセラプラスとは脂肪を溶解する有効成分デオキシコール酸が0.8%高濃度配合されている脂肪溶解注射です。
    チンセラプラスを直接脂肪層に注入し脂肪細胞を破壊し、破壊された脂肪は二酸化炭素と水に変わり呼吸や血管やリンパ管を介して尿や汗として体外に排出されます。

    高濃度デオキシコール酸は痛みや腫れが強く出ていましたが、チンセラプラスは​​中性pHにより注入時の痛みが抑えられ、浸透圧を調整することで腫れが少なくなりました。

    チンセラプラスはお顔、身体共に施術が可能です。1回施術の最大使用量はお顔が8cc、身体が16ccとなっており、治療頻度は顔への施術は1カ月ごとに2~3回の注入、身体には6回程度の注入が推奨されています。ただし、効果には個人差があるため、施術回数が少なくても脂肪の減少を感じる方もいらっしゃいます。

    この記事は、
    アンセネクリニック築地
    橋本麻衣子医師が監修しています。

  • クラツーαとは

    クラツーαは脂肪のみを冷却して脂肪細胞を破壊することができる冷却痩身機器です。また従来機では1台1部位の施術しかできませんでしたが、クラツーαは1台で2部位の施術が可能になったことと、大小7つのアプリケーターが用意されているため様々な部位に対応できるようになり、今までは施術が難しかったワキやヒザ上の施術も行うことができます。

    クラツーαは、脂肪が他の組織と比べて高い温度で凍る性質を活かし、カップ状の特殊なアプリケーターで吸引をかけ、脂肪を4度で冷却します。冷却された脂肪細胞は凍結、結晶化し自然死します。破壊された脂肪は1~3か月かけて体外へ排出されます。従来のダイエットは脂肪細胞の数を変えることは不可能なため、脂肪細胞それぞれの大きさを小さくする効果しかなく、リバウンドすると元に戻ってしまいますが、クラツーαは細胞自体を減らすためリバウンドの可能性は少なくなります。

    クラツーαは従来の180度両面冷却方式の機器から進化し、360度冷却可能なアプリケーターを使用するため時短により効率的に冷却作用を促し、より効果を実感することができます。

    この記事は、
    NEXUS clinic
    櫻井夏子医師が監修しています。

  • GLP-1治療とは

    GLP-1とは元々ヒトの体内に存在するホルモンで、食事をすることで小腸から分泌されます。
    そのためGLP-1製剤は痩せるホルモンといわれアメリカのFDA(食品医薬品局)や韓国の食品医薬品安全処、欧州連合加盟28カ国で安全性が保障され、肥満治療薬として承認されています。

    クリニックにより使用するGLP-1製剤は異なりますが、皮下に自己注射するスタイルが主流です。サクセンダは、2014年12月にアメリカのFDA (米国食品医薬品局)で、抗肥満症薬として認可されたのを皮切りに、2015年2月にカナダ、2015年3月には欧州連合(EU)加盟28カ国でも、肥満症の適応で認可を取得しているGLP-1製剤です。

    毎日1回自己注射で、自然に食欲を抑制しながら太りにくい体質に導くことができるため、ストレスなく、健康的に減量する事ができます。

    この記事は、
    KUMIKO CLINIC
    下島久美子医師が監修しています。

  • ベイザー脂肪吸引(VASER LIPO)とは

    通常の脂肪吸引に加え、超音波のベイザー波で脂肪を液体状に溶してカニューレで吸引します。細胞壁・血管・索状組織へのダメージや出血が少なく、手術時間が従来の施術時間より短縮されるため、通常よりもダウンタイムが短くなります。
    ベイザーでは皮下脂肪の90%までの除去が可能なため、従来の脂肪吸引より浅い層(皮膚のすぐ下)の脂肪までとれるので痩せ型の方でも脂肪を吸引することができます。

    通常の脂肪吸引では術後施術個所のたるみが気になる方が多いですが、ベイザーでは皮下の繊維組織の構造を保ったまま脂肪細胞のみを除去できるため、術後はお肌の引き締め効果があり、たるみの心配は軽減されます。

    施術直後は一時的に強い腫れやむくみが生じ、術前より太くなって見えたり、体重が吸引前より増加することがあります。これは施術時に使用する麻酔、むくみが原因で起こります。術後1カ月程で落ち着き始め、その後時間の経過と共に徐々に落ち着き最終的な仕上りまでは約3カ月かかります。

    その間、施術部位を圧迫することで施術部位の皮膚の引き締めや腫れやむくみ軽減のために術後の圧迫は仕上がりを左右するうえで重要です。

    この記事は、
    BIANCAクリニック銀座
    堀田和亮医師が監修しています。

  • 城本クリニック 立川院 滝本磨理香 医師【美人女医インタビュー第四十五回】

    人気企画「美人女医インタビュー」第四十五回は、全国25院を展開、30年以上の歴史がある城本クリニック立川院の滝本磨理香(たきもとまりか)先生です。 医師として目指しているのは「患者さんに寄り添う医師」。その理由は10代の頃にさかのぼります。 大学病院、米国留学を経て、城本クリニックで形成外科専門医として幅広いオペ治療を担当し、自分の施術体験も交えながらのエイジングケアでは患者さんの人気も高いそう。 インタビュー中の優しい雰囲気が親近感をグッと増し、モデル顔負けの高身長の滝本先生に、美容医療への想い、プライベートなどたくさん話していただきました! 目次 ・医師を志した理由 ・大学卒業後の経歴 ・美容医療を志した理由 ・得意な施術について ・城本クリニックの特徴について ・美容医療の医師をしていてよかったこと ・来られる患者様の悩みについ

    この記事は、
    城本クリニック 立川院
    滝本磨理香医師が監修しています。

  • 脂肪吸引とは

    脂肪吸引は、手術で確実に皮下脂肪を減らし、希望のボディラインを形成する手術です。余分な脂肪細胞を取ることで、リバウンドの心配もありません。

    あらかじめチューメセント液(生理食塩水、麻酔薬、血管収縮剤などを混合した液体)を脂肪内に注入し、脂肪を吸引しやすくすると同時に施術中のさけられない出血をなるべく抑えます。希望部位の目立ちにくい場所を約3mm切開します。吸引時に起こる皮膚の挫滅ややけど等の傷を防ぐために切開部分にスキンプロテクターを装着します。切開部分より専用のカニューレを挿入して脂肪を吸引していきます。

    術直後から浮腫みや内出血を抑えるために施術部位の圧迫固定を行います。術直後はチューメセント液等により体重が増加していますが、徐々に改善します。術後1ヶ月目くらいから吸引部のマッサージを継続して行うと最終的な効果が高くなります。
    脂肪を限界まで取りたいという希望が多くありますが、取りすぎてしまうと凸凹になったり、たるみが出現する可能性もありますのでカウンセリングで医師としっかり相談を行う必要があります。

    最新の脂肪吸引機(LypoLife・ライポライフ 別名ビューティフィル)では、脂肪吸引のカニューレにダイオードレーザーファイバーを一体化させ、レーザーを照射しながら脂肪吸引を行うことができるようになりました。吸引時にレーザーを照射することで従来よりもスピーディーに脂肪を吸引できるようになり、同時にコラーゲンの生成が促進されて脂肪を取った部分のタイトニング(引き締め)効果が期待できます。レーザーの効果で施術後の内出血も非常に少なくなります。また、吸引して採取した脂肪細胞の生存率が格段にあがるため、吸引した脂肪を利用して他の部位に脂肪注入を行う場合の定着率が向上しています。

    この記事は、
    ビスポーククリニック 福岡院
    五反田希和子医師が監修しています。

  • ふくらはぎボトックスとは

    ふくらはぎの筋肉が発達していることが原因で足の太さが気になる方にはしわ治療などでも使用されるボトックス(ボツリヌストキシンA)を注射し、筋肉(ヒラメ筋、腓腹筋)を萎縮させることにより細くします。効果継続期間は約6カ月~1年効果は持続します。
    繰り返し注射することで筋肉の働きがさらに弱まり持続期間が長くなります。なお歩行には影響はありません。

    なお、米国アラガン社製の「ボトックス・ビスタ:英語表記BOTOX VISTA」はFDA(米国食品医薬品局)と日本の厚労省の承認を得ている薬剤です。妊活中の方、妊娠中の方、授乳中の方は施術不可です。

    この記事は、
    KUMIKO CLINIC
    下島久美子医師が監修しています。

  • 脂肪溶解注射(メソセラピー)とは

    痩せたい部位の皮下に脂肪を溶かす成分が含まれた薬剤を注射して部分痩せを目指す治療です。解けた脂肪は血液やリンパの流れにのって、尿や汗となって体外に排出されます。主成分は脂肪の細胞膜を破壊したり乳化させたりするフォスファチジルコリンやデオキシコール酸です。その他にも痩身に効果のある成分を含むことが多くなっています。

    クリニックによってイタリアンメソシェイプ、メソラインスリムと呼ばれたり、使用する薬剤名称で呼ばれたりします。短時間で通常ダイエットでは難しい部分痩せやセルライト除去を目指します。主な注入部位は顔(頬、エラ、あごの下など)、二の腕、太もも、お腹周り、ふくらはぎなどですがクリニックにより可能部位は変わりますので医師と相談して決定します。

    妊娠している方、妊娠の可能性がある方または授乳中の方、18才未満の方、乳房縮小目的の方、細小血管障害や血管不全のある方、免疫不全・自己免疫疾患の方、抗がん剤治療を行っている方、甲状腺疾患のある方、治療箇所周辺の皮膚に潰瘍、感染、皮膚疾患のある方は施術を行うことができません。
    フォスファリジルコリンは大豆製品に含まれるレシチンと同じ成分のため、大豆製品にアレルギーのある方はお勧めできません。

    この記事は、
    ビスポーククリニック 福岡院
    五反田希和子医師が監修しています。

  • トゥルースカルプとは

    トゥルースカルプは高周波を用いた痩身医療機器です。従来の高周波では火傷の危険性があるため脂肪細胞を破壊できる温度での照射が不可能でしたが、トゥルースカルプは火傷することなく、脂肪細胞を破壊できる45度の温度での照射が可能です。高周波の照射で、自死(アポトーシス)した脂肪細胞がリンパなどに取り込まれ、排出されるまで通常3~12週間程度かかるとされ、1回目の施術から次の施術まで同程度の期間、間隔をあけるよう推奨されています。

    1カ所3分間の照射で、痛みもなく安全に脂肪だけでなくセルライトの除去も実現でき、ダウンタイムも気にせず治療を進めることができます。5cm×5cm、6.4cm×6.4cmのボディ用ハンドピース、あご下など顔専用のハンドピースがあります。EUのCEマーク取得、米国のFDA(米国食品医薬品局)承認機器です。現在はトゥルスカルプiDという新しい機器が出ていて、従来よりも熱に対する痛み、熱さが軽減されました。

  • ゼニカル(脂肪吸収抑制剤)とは

    脂肪吸収抑制剤は(ダイエット薬)です。スイスの製薬会社で開発され、アメリカではFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を取得したダイエット薬として利用されています。主成分オーリスタット(Orlistat)が、腸内のリパーゼ(脂肪を分解するはたらきをする)に作用し、脂肪が吸収されるのを抑えます。

    食欲自体の減退作用などは認められていません。脂肪吸収だけではなく、ビタミンの吸収も同時に阻害するため、それを補うために服用時はビタミンを同時に摂ることが推奨されます。食事で摂取した脂肪の体内吸収を約30%カットするといわれ、苦しい食事制限なしでダイエット効果を発揮します。

    しかし作用において故意に消化不良の状態を作るので副作用として一時的に便意、おならの増加、下痢、吸収されなかった脂肪分が便と同時に排出されることなどが起こりますが、重篤な副作用はないとされているため安心して利用できるダイエット薬の1つとなります。

    この記事は、
    BIANCAクリニック表参道
    大久保由有医師が監修しています。

  • 綺麗なお尻を作る方法。筋トレ、エクササイズ〜美容クリニックまで

    皆さんは「キレイなお尻」というと、どんなお尻を思い浮かべますか?これまで女性が考える理想のお尻というと「小さくて目立たないお尻」と答える人が多かったのではないでしょうか。でも、最近はこんな風潮が少しずつ変わってきているようです。ここでは今どきのキレイなお尻を手に入れる方法について詳しく紹介していきます。 目次 1.モテにも直結する?男性も女性も憧れるキレイなお尻になる! 1-1.理想のヒップサイズ 1-2.理想のヒップの形 1-3.キレイなお尻は肌の質感も重要! 1-4.理想のヒップを持つ有名人 2.キレイなお尻を手に入れるためのセルフケア 2-1.キレイなお尻のためのエクササイズ

  • サノレックス(食欲抑制剤)とは

    厚生労働省に認可されている(薬事法承認)医療用の食欲低下剤です。服用することで食欲を司る食欲中枢に働きかけて食欲を抑える効果を発揮します。病院で処方され、高度肥満症患者(日本肥満学会が定める肥満度が70%以上かBMI(肥満指数、身長と体重の比)が35以上)のみ保険適用となります。

    服用することで空腹感が少なくなり、食べる量が減るため計画的なダイエットに向いています。服用により、食欲の抑制だけでなくノルアドレナリンの作用のため、服用だけで身体の消費エネルギーを高めます。

    中枢興奮作用があるアンフェタミンと薬の構造が似ており依存性があるとされ注意が必要です。医師の指導のもと適切な体重管理、ダイエット指導が必要です。精神疾患の患者、緑内障、重症高血圧、薬物、アルコール乱用歴、妊婦、授乳中の方などは服用できません。糖尿病やてんかんのある方も使用する際には医師としっかりとしたカウンセリングが必要になります。

    服用期間は出来る限り短期間とし3カ月が限度とし、再服用は休薬期間必要となり、1カ月以内に変化がみられない場合は投与を中止することがあります。

    この記事は、
    BIANCAクリニック表参道
    大久保由有医師が監修しています。

  • クールスカルプティングとは

    クールスカルプティングはアメリカのハーバード大学で開発された痩身機器で部分痩せを目的とした治療です。クールスカルプティングは選択的脂肪融解術を用いた痩身治療で、その機序は脂肪細胞だけを4度でシャーベット状に冷却しアポトーシス(自然死)へ誘導します。更にマクロファージによって貪食され代謝され徐々に脂肪組織のサイズダウンを起こします。施術後は施術部位の約20%~30%の脂肪が減少します。

    施術部位の脂肪細胞のみ働きかけることが可能なため、腹部だけ細くしたいといった部分痩せを実現します。皮下組織の中にある脂肪細胞のみに作用し、皮下にある血管や神経や筋肉に影響することはないため安全性に優れ、副作用やダウンタイムを気にせず治療を受けることができます。2010年米国FDA(米国食品医薬品局)認可機器です。

    この記事は、
    KUMIKO CLINIC
    下島久美子医師が監修しています。

  • スリムスペックとは

    スリムスペックは衝撃波技術(体外衝撃波)を応用した痩身治療機です。衝撃波技術は痩身のほかにも様々な治療に用いられており安全性が実証されています。とくにセルライト除去に効果を発揮するのがスリムスペックです。

    セルライトは脂肪細胞の周りを取り囲んでいるジェル状のたんぱく質のことを言います。脂肪細胞の周りを取り囲んでいるジェル状のたんぱく質を衝撃波によって固まった脂肪を分解して気になる部分の痩身効果を実現します。
    またセルライトが除去されるだけでなく、コラーゲンやエラスチンの生成、リンパのつまり、血流の悪さも改善へと促す効果もあるので、引き締まったハリのある肌、血行の改善、むくみの解消などの副次効果も期待できます。

    主な施術部位は二の腕、お尻、太もも、お腹などセルライトがたまりやすい部位になります。FDA(米国食品医薬品局)承認機器です。糖尿病や心疾患等のある方、妊娠中の方は施術不可です。

    この記事は、
    東京美容皮膚科クリニック
    二宮幸三医師が監修しています。

  • 漢方(ダイエット漢方)とは

    食事制限や運動ではなかなか減量できない場合は基礎代謝が低い、むくみやすい、便秘しやすいなどの体質が根本原因と考えられます。そこで東洋医学に基づき、体質を把握し漢方による治療で体質改善することで効果的にダイエットしていくのがダイエット漢方、美容漢方などと呼ばれる治療法です。

    欧米から入ってきたダイエット法を日本人が行っても効果が出にくいのは、欧米人とアジア人では体格、体質、食生活など個体特性が全く異なり、太ってしまう根本的な原因である肥満体質を改善できません。

    東洋医学にもとづくダイエット漢方では同じ病気や症状でも体質、体格などによって選択する漢方(生薬)も異なるため、一人一人処方が異なったオーダーメイドの調合薬によって治療していくのも特徴です。また、体の内側からバランスを整えて自然治癒力を高める漢方は、ダイエットだけでなく、エイジング、代謝不良の改善や、ホルモンのバランスを整えることで更年期症状の改善や薄毛の改善などさまざまな悩みを改善していきます。

    漢方薬は内臓脂肪であるメタボリックシンドロームにも効果を発揮します。

    この記事は、
    BIANCAクリニック銀座
    南寿美医師が監修しています。

  • ダイエット点滴とは

    ダイエット点滴は、体脂肪を効率良く燃焼させる薬剤をメインに配合した点滴です。代謝を高めて痩せやすい体質に改善するためリバウンドが少ない施術とされています。また、手術なしでダイエットしたい方に適した痩身のための施術です。運動や食事の管理との併用で効果が高まります。

    ダイエット点滴には、体脂肪の増加を抑制し、効率良く体脂肪を燃焼させるために、食事によって得られるブドウ糖(炭水化物)を即エネルギーに変換し代謝をアップさせたり、冷え性やむくみの改善に効果的な「αリポ酸」やアミノ酸の仲間で高い脂肪代謝効果のある「L-カルニチン」がメインとして配合されています。

    その他の薬剤は、クリニックによって多少違いますが、体内で不足しているアミノ酸、ビタミン、肝機能、消化機能を高める薬剤を配合していることが多く痩身効果以外にも美肌と健康におすすめの施術といえます。

    この記事は、
    城本クリニック 立川院
    滝本磨理香医師が監修しています。

  • BNLS(小顔注射)とは

    BNLS(小顔注射)は、もともとボディの痩身目的で使用されていた脂肪溶解注射をフェイシャル専用として新しく開発した治療法です。BNLSは脂肪細胞を分解しリンパ、尿などを通して排出していくため、リバウンドの心配がないこともポイントです。またヒバマタ、オキナグサ、カラクサケマン、セイヨウトチノキ、くるみなどの植物由来の薬剤を配合しているため安全性が高く、従来の脂肪溶解注射よりも、ダウンタイムや痛み、腫れを大幅に軽減しているのが特徴となっています。

    近年ではBNLSneoという従来の薬剤にデオキシコール酸を配合し、デオキシコール酸は胆汁に含まれる成分で脂肪細胞の膜を破壊する作用があり、アメリカ食品医薬品局(FDA)によって脂肪分解効果が認められた医薬品成分です。注入後3日ほどで効果を感じ、施術翌日以降注入部位をマッサージすることでより効果を実感します。また約1週間間隔で再度注入が可能なため、より早く効果を実感できます。

    この記事は、
    表参道美容皮膚科 原宿本院
    三宅真紀医師が監修しています。

  • モデル出身女優の意外なダイエット法(菜々緒・山田優・香里奈)

    国内で活躍している女優さんの中には、どうすればこんなに凄いスタイルをキープできるわけ?と不思議なくらい常にベストなスタイルを維持している方がいます。今回は3名の美女をご紹介しますが、それだけしかしてないの?という方もいれば、やっぱりねえ……という努力を行っている方もいます。それでは、彼女たちがどのようにそのスタイルをキープしているのか、探ってみましょう。女優の菜々緒、山田優、香里奈のダイエット・スタイルキープ法です。 菜々緒 スラリとした長身、長く伸びたしなやかな脚が魅力的な菜々緒さん。実は、菜々緒さんの日課は40分程度の半身浴なのだそうです。彼女が実践しているプロポーションキープ法はこれだけ。 ええーっ?という感じですが……。あのプロポーションはエクササイズの賜物と思いきや、半身浴があのプロポーションづくりに貢献していたんですね!ところで、半身浴には痩せる効果って

  • ヒップラインにうっとりな美尻芸能人ランキング

    皆さんはどんなお尻を美しいと思いますか。お尻自体が美尻であることも大切ですが、全体的なヒップラインがきれいであることも忘れてはいけないポイント。 日本人の尻回りは欧米の人と比べ、骨盤の位置がやや後ろで、筋肉の発達度が弱いため、垂れやすくぺったんこなお尻が多いと言われています。 しかし男性が魅力を感じる部位としても、よくあげられることのある「お尻」。是非ともその形は気にしていきたいところですが、一体どんな形が良いのか具体的なイメージはありますか。今回は、目標にも設定できそうな、きれいなお尻・ヒップラインを持つ芸能人たちをランキングでご紹介します。 目次 第1位 田中みな実 第2位 長谷川潤 第3位 深田恭子 第4位 足立梨花 第5位 中村アン 第6位 ダレノガレ明美 第7位 森星 第8位 小嶋陽菜 第9位 秋元才加 第10位 川口春奈 まとめ “美尻”目

  • エロいお尻の芸能人ランキング

    皆さんは芸能人の方々を見て「この人のお尻エロいな」と思ったことはありませんか? 女性特有のふっくらと丸みを帯びたパーツであるお尻は重要な部分です。 お尻の魅力には形や大きさがありますが、それを叶えてくれる美容医療がヒップアップとも言われる「豊尻術」。ほうこう術と読みます。負担が比較的少ないヒアルロン酸注入による施術や自分の脂肪を入れる脂肪注入、傷が目立たないようお尻の割れ目からシリコンバッグを挿入する方法などがあります。 女性芸能人の方で「エロい」と思うお尻をしている方をランキング形式でご紹介します。 目次 1位 内田理央 2位 小嶋陽菜 3位 篠崎愛 4位 森下悠里 5位 倉持由香 6位 菜々緒 7位 長谷川潤 8位 道端アンジェリカ 9位 おのののか 10位 深田恭子 1位 内田理央 この投稿をInstagra

  • エロい脚の芸能人ランキング

    脚フェチの男性は多く、脚はセクシーさを強調するポイントになります。女性の後ろ姿だと、脚に目がいく男性も少なくないでしょう。そこで今回は、エロい脚を持つ女性芸能人をランキング形式でご紹介していきます。 第1位深田恭子 深田恭子さん(@kyokofukada_official)がシェアした投稿 - 12月 1, 2017 at 4:19午後 PST 深キョンの愛称で知られる女優の深田恭子さん。2017年12月に写真集『palpito』も発売し、健康的ながらもセクシーな脚を披露しています。可愛い顔に、程よくお肉がついたセクシーなボディライン、触ってみたいと思う男性も多いでしょう。 第2位マギー Maggyさん(@maggymoon)がシェアした投稿 - 9月 15, 2017 at 9:47午後

  • エロい太ももの芸能人ランキング

    いつの時代も男性がついつい目を奪われるのが太ももです。 太ももが細すぎる女性は男性にはウケません。程よい肉付きがあり、むっちりしているセクシーな太ももは男性から見て「エロい」と感じさせます。 男性が思わず見惚れてしまうようなエロく、セクシーな太ももの女性芸能人を1位から10位までご紹介します。 1位 有村架純 この投稿をInstagramで見る kasumi arimura 有村架純(@kasumi_arimura.official)がシェアした投稿 1位は有村架純さんです。スリーサイズは80-60-82。 代表作はNHKの連続テレビ小説『あまちゃん』や『ビリギャル』です。『あまちゃん』では小泉今日子さん演じる天野春子の少女時代を有村さんが演じ一気にブレイク。『ビリギャル』

  • 脚が長い・股下が長い芸能人ランキング

    脚の長さは、目・鼻・肌などと同じように美しさを測る基準の1つです。女性の平均的な脚の長さは、身体に対して約45%が平均値。例えば、身長160cmの場合、股下が72cmあれば平均値をクリアできます。この数値よりも長ければ、脚が長く見え、短ければ胴が長く見えます。 少しでも長く見えるためには脚を細くする、引き締めるといった施術がおすすめです。脂肪が気になる脚なら脂肪溶解注射や脂肪吸引、脂肪細胞にアプローチするクールスカルプティングなどがいいでしょう。こうした治療は部分的に細くすることや健康的な美脚ラインを目指すことも可能です。 ですが、世の中には、特別に脚が長い女性がいます。身体の脚の長さの比率が、50%以上の人も!女性芸能人の中から、脚が長い人をご紹介していきましょう。 目次 第1位:冨永愛(股下92cm) 第2位:藤原紀香(股下88cm) 第3位:松井愛莉(股

  • ヴァンキッシュMEとは

    寝ているだけで部分痩せができる痩身医療機器です。安全性と痩身治療としての効果も認められている米国FDA承認機器です。まったく体に機器が触れず(非接触セレクティブRF)に治療できる世界初の高周波の温熱式機器で、広範囲の脂肪にアプローチできるのが特徴です。照射範囲は20cm×70cmと広範囲で、1秒間に2700万回の早さで、多数の高周波を照射します。

    ヴァンキッシュMEは、脂肪細胞だけに熱を与えることができる高周波を採用しているため、約30分加熱することにより、脂肪を溶かし、減らしてくれます。皮膚や筋肉にダメージを与えることがないため安心で痛みもなく、効率よく治療を行えます。さらに、痩せにくいといわれている太もも用のアプリケーターを搭載しているので、太ももにも対応可能です。1回の治療範囲が非常に広くお腹、太もも、お尻など、脂肪が厚く堆積し落としにくくなってしまった下半身の部分痩せに適しています。1週間毎に5回程度受けると効果が出やすくなります。

  • スカルプシュアとは

    スカルプシュアは体外からレーザーを当て、脂肪組織を減少させることができる世界初の部分痩せマシン(脂肪溶解装置)で、アメリカのFDAに承認された機器です。アプリケーターは1カ所につき4×6cmの面積で最大4カ所まで装着できるので、痩せたい部分をいろいろと組み合わせて治療することができます。レーザーの波長は、脂肪への吸収に最適なダイオードレーザーで、脂肪細胞のみを効率よく加熱(42~47℃)することで、脂肪を減らします。1回の治療で、約24%の脂肪を減少させることが可能で壊れた脂肪は、免疫細胞(マクロファージ)によって体外へ排出されていきます。

    また脂肪細胞の数が減るため、リバウンドの心配はありません。また皮膚表面温度センサーが搭載されているため、温度を監視しながら表面を冷却、保護しながら治療を行うことができるので安全です。施術後も運動や食事などの制限がなく、普段と変わらない日常生活を送れます。

  • きれいなふくらはぎを持つ芸能人ランキング

    脚のパーツの一部であるふくらはぎ。ここが太くがっしりしていると、体重は軽くても「下半身デブ」と見られるおそれや全体のバランスがなんとなく悪くなってしまいます。その他にも、ふくらはぎといえば浮腫みやすい部分でもあるので、美脚を目指す方ならいつも気にしていたいところです。 今回は美しく細いだけではなく、脚全体に対するふくらはぎのバランスが良い女性芸能人をランキングでご紹介していきます! 第1位井川遥 この投稿をInstagramで見る 井川 遥(@loin.official)がシェアした投稿 30代になってから、さらに美しさに磨きがかかった女優井川遥さん。 そこはかとない色気が漂う美人顔はもちろん、その細いふくらはぎもまさに理想的! 若い頃はむしろぽっちゃりボディなイメージが強かった井川遥さんですが、年を取っても進化を続けているよ

  • 二の腕がきれい&細い芸能人ランキング

    薄着の季節に気になってくる体のパーツといえば、二の腕! 体が太っている・太っていないに関わらず、二の腕下側のお肉が余裕で掴めちゃったり、見た目的にもなんだか逞しくなってしまっている方もいるかもしれません。 男性の二の腕にはない特徴を持つ女性のそれは、女を感じるポイントでもあります。その特徴というのは、ずばり女性ならではの細く美しい二の腕。 今回は女も男も惚れ惚れしてしまうような、細くきれいな二の腕を持つ芸能人をランキングでご紹介していきます。 第1位北川景子 この投稿をInstagramで見る コーセー / KOSÉ(@kose_official)がシェアした投稿 細くきれいな二の腕の持ち主としてまずご紹介したいのが、美人女優の北川景子さん。 2016年1月にはDAIGOさんとの、こちらが照れてしまうような結婚会見で話題に

  • 細い体型の芸能人ランキング

    ちまたでは、女性は少しぽっちゃりしている方が良いと言われていますが、やはり憧れてしまうのは細い体型!夏の水着だって、秋のおしゃれだって、春の彩りだって、冬のコートだって、着るだけでかっこよく決まり、選べるファッションの種類も豊富です♪ 基本的に見られる職業である、モデル・女優・タレントなどの女性芸能人は、細い人が多いですね。今回は、そのなかでも抜群に細身な芸能人をランキング形式でご紹介していきます。 第1位桐谷美玲 この投稿をInstagramで見る 桐谷美玲(@mirei_kiritani_)がシェアした投稿 モデルや女優として活躍する桐谷美玲さんは、細い芸能人という話題の時に、いつも名前が真っ先に上がります。一般人とは、骨格から何から違いすぎるということを思わせてくれる、まさに細身の芸能人No.1です。一時のプロフィー

  • 美しいくびれを持つ芸能人ランキング

    夏の水着や体の線が出る服のときに、美しいくびれがあると着るのも楽しみになってきますよね♪しかし美しいくびれは、ただ痩せてるだけではダメという難しいものでもあります……。 だからこそ、きれいな芸能人たちでも美しいくびれを持つ人たちは、本当に美意識が高いと言えるのではないでしょうか。今回はほどよく肉感もあり、かつキュッと引き締まった美しいくびれを持つ女性芸能人たちをご紹介します。 第1位石原さとみ 授賞式直後のさとみちゃんをパチリ📷❇️の1枚😄オトナなドレスがお似合いです✨✨#アンナチュラル #石原さとみ #東京ドラマアウォード2018 pic.twitter.com/9aVB2gGccW— アンナチュラル【TBSドラマ公式】 (@unnatural_tbs) Octo

Go to Top