医師監修の美容医療メディア Call to Beauty

医師監修の美容医療メディア

プロテーゼ挿入(豊胸)とは

最終更新日:2020年7月10日

この記事は、ガーデンクリニック 新宿院加藤雄大 先生が監修しています。

概要・基礎知識

バストを2カップ以上大きくするためにシリコンバッグを挿入する術式です。バッグの挿入位置により大胸筋下法、乳腺下法、大胸筋筋膜下法が選択されます。体形に合わせて挿入筋膜を決定しますが、インプラントの輪郭が出にくい大胸筋筋膜下法が多く、わきの下を切開するため傷は目立ちません。
シリコンバックはコヒーシブシリコンバッグ、Motiva(モティバ)など希望のバストの形、ボリュームに合わせてバッグを決定します。

ラウンド型のバッグは正面から見た時に丸いバストを作ることができます。バストが小さい人や特別大きくない人(A~Cカップくらい)に対し、自然に綺麗でバストを大きくするのに向いています。また元々バストの大きい人に対し、さらに大きくする場合にも向いています。アナトミカル(ティアドロップ)型は横から見たときに下半分が大きく下にボリュームが出た乳房の形をしています。

アナトミカル型は乳房下溝(起きた状態で、バストが垂れたときにできるシワの部分)を切開し、直視下にプロテーゼの位置を調節します。元々バストが大きい人で、バストの上のほうにもボリュームがある場合、乳房下溝の切開から入れます。

こんなお悩みに

・確実に2カップ以上大きく豊胸したい方
・左右差や形の悪さを整えたい方
・出産や授乳後の形を整えたい方
・年齢ともにボリュームがなくなってきた方

ダウンタイム/経過

術後2~3週間で大まかな腫れ、内出血は改善します。筋膜を剥がして挿入するため胸の痛みが出ます。デスクワークは術後2~3日で復帰は可能ですが重い荷物を持つなどは1週間ほど控えてください。
術後約2週間はバッグがずれる可能性があるのでバストバンドで固定します。被膜拘縮(感染、血腫、漿液腫などが原因で発生する)を予防するために術後約3カ月は内服薬を服用します。

費用

50~100万円

リスク・副作用

腫れ、痛み、プロテーゼのずれ、被膜拘縮(カプセル拘縮)、形の変形、リップリング(シリコン表面の薄い皮が変形する)、ダブルバブル(胸の下部に肉が寄ってしまう)、プロテーゼの破損、左右差、知覚異常、感染

豊胸・バストの治療

豊胸・バストの治療が受けられるクリニック

形成外科美容外科美容皮膚科
住所:東京都渋谷区代々木2-9-2久保ビル6F
最寄駅:JR新宿駅南口徒歩2分、京王線新宿駅4番出口徒歩1分、地下鉄都営新宿線、大江戸線新宿駅4番出口徒歩1分
院長:板井徹也
診療時間:10:00~20:00
休診日:
形成外科美容外科美容皮膚科
住所:大阪府大阪市北区茶屋町1-27 ABCマート梅田ビル6階
最寄駅:JR大阪駅徒歩3分、市営地下鉄四ツ橋線西梅田駅徒歩2分、JR東西線北新地駅より徒歩3分、阪神梅田駅より徒歩2分
院長:加藤 周
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容外科美容皮膚科
住所:大阪府大阪市北区曽根崎 2-12-4コフレ梅田 6F
最寄駅:市営地下鉄東梅田駅すぐ
院長:三尾 泰司
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休

プロテーゼ挿入(豊胸)に関連する記事

  • 関連する記事はこれから登録されます。
PAGE
TOP