1. トップ
  2. 施術一覧
  3. 豊胸・バスト
  4. 陥没乳頭(陥没乳首)

陥没乳頭(陥没乳首)とは

最終更新日:2021年4月23日

この記事は、ビスポーククリニック五反田希和子 医師が監修しています。

陥没乳頭(陥没乳首)とは(概要・基礎知識)

陥没乳頭とは乳頭が突出せず、乳輪内に埋まっている状態です。原因は何らかの理由により乳管(乳汁を乳頭へ運ぶパイプラインの役目を担っている管)が成長しきれなかったり、乳首をささえる周りの組織が未発達であったりということなどが考えられます。乳頭が不衛生になりやすく乳頭炎、乳腺炎を起こしたり、乳輪下膿瘍を繰り返す場合があります。また、授乳の障害となる場合があります。見た目が気になるという方もいます。

陥没乳頭は仮性(引っ張るなどすれば出てくるがすぐにひっこんでしまうもの)の場合であればマッサージや乳頭吸引器で治療可能なケースも少なくありません。真性(乳首を引っ張り出すことができないもの)の場合は手術が一番有効な治療法になります。手術方法はクリニックによって差異はありますが、基本的には陥没している乳首を引っ張り出して、乳首の根元を縫合し後戻りしないようにするものです。
重症のケースでは皮弁を作成して乳首の土台となるように縫合する方法が取られることもあります。基本的に乳管を温存する手術なので、授乳には問題ありません。なお、授乳をする必要がある方は保険適応となります。

陥没乳頭(陥没乳首)が向いている人(こんなお悩みに)

・陥没乳頭(乳首)を治したい方

ダウンタイム/経過

腫れ、赤み、内出血は約1~2週間で改善します。
術後ブラジャー装着をしても問題はありませんが、抜糸するまでは傷跡を圧迫や擦ると痛みが出るので緩めのブラジャーの着用をお勧めします。
一時的に乳頭周辺の感覚が鈍くなりますが、約6カ月で改善します。

費用

両側で16~77万円

リスク・副作用

腫れ、赤み、効果が不十分、乳頭が大きすぎるまたは小さすぎる、左右差、乳頭の壊死、乳頭の知覚麻痺、陥没の再発、授乳への影響、傷跡が気になる、感染

監修: 五反田希和子医師

ビスポーククリニック

長崎大学医学部医学科卒業。現在はビスポーククリニックに勤務。
美容医療は「喜びの医療」をモットーに診療し、形成外科専門医のほかに日本レーザー医学会専門医としての資格を持つ。

長崎大学医学部医学科 卒業
国立病院機構 九州医療センター
久留米大学病院 形成外科
済生会福岡総合病院 形成外科
久留米大学病院 形成外科
宗像水光会病院 形成外科
久留米大学病院 形成外科
済生会二日市病院 形成外科
ビスポーククリニック勤務

豊胸・バストの治療

豊胸・バストの治療が受けられるクリニック

美容外科美容皮膚科
住所:東京都渋谷区代々木2-9-2久保ビル6F
最寄駅:JR新宿駅南口徒歩約3分、京王線新宿駅4番出口徒歩1分、地下鉄都営新宿線、大江戸線新宿駅4番出口徒歩1分
院長:板井 徹也
診療時間:10:00~20:00
休診日:年中無休
美容外科美容皮膚科
住所:大阪府大阪市北区茶屋町1-27 ABCマート梅田ビル6F
最寄駅:JR大阪駅徒歩3分、阪急梅田駅徒歩1分、御堂筋線梅田駅徒歩3分、谷町線東梅田駅徒歩5分、阪神梅田駅徒歩5分
院長:横谷 仁彦
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容外科美容皮膚科
住所:大阪府大阪市北区曽根崎 2-12-4コフレ梅田 6F
最寄駅:市営地下鉄東梅田駅すぐ
院長:福田 越
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休

陥没乳頭(陥没乳首)に関連する記事

  • 関連する記事はこれから登録されます。
PAGE
TOP