乳頭縮小術とは(概要・基礎知識)

乳頭とは乳首の部分です。授乳で大きくなってしまった乳頭や、生まれつき大きな乳頭を小さく自然に整えるのが乳頭縮小術です。乳頭の一部をカットし、縫合することで乳頭を小さくします。

楔状に乳頭の先端を切除し縫合する方法や、乳頭の直径が広い(乳頭が太い)場合は、ホールケーキをピースに切り分けるようにカットし縫合する方法、乳頭の高さがある場合は、ドーナツ状に組織を切除し縫合する方法などがあります。これらの方法はあくまで一例であり、個々人の形・大きさ、授乳機能を残すかどうかの希望にあわせて医師と相談して決定します。今後、出産の希望がある方は授乳機能を残すことをお勧めします。

授乳機能を残す方法を選んだ場合、乳頭の大きさによっては希望のように小さくできない可能性があります。

乳頭縮小術が向いている人(こんなお悩みに)

・授乳で乳頭が大きくなってしまった方
・生まれつき乳頭が大きい方
・乳頭の長さを短くしたい方
・整ったバストにしたい方"

ダウンタイム/経過

腫れや痛み、皮下出血は約1~2週間で落ち着きます。抜糸は術後2週間頃に行います。うつぶせ寝は術後の乳頭の負担になるため術後約2週間は避けていただくことをお勧めします。
乳頭周囲は傷跡が目立ちにく部位ですが、目立たなくなるまでには2~3カ月ほどかかります。
一時的に乳頭周辺の感覚が鈍くなりますが、約6カ月で改善します。
術後の後戻りが気になることがありますが約6カ月は経過観察を行います。"

費用

20~63万円

リスク・副作用

腫れ、赤み、効果が不十分、左右差、乳頭の壊死、乳頭の知覚麻痺、陥没の再発、乳頭の形がいびつになる、傷跡が気になる、授乳に影響及ぼす、感染

監修:

服部有美医師

BIANCAクリニック銀座

東京医科大学医学部卒業。その後形成外科医とし勤務。銀座ケイスキンクリニック形成外科担当や大手美容外科で勤務し、2019年よりBIANCAクリニックにて勤務。
形成外科医専門医としてのスキルを活かし、目元や顔のエイジングケア全般の施術を得意としています。SNSではスキンケア情報やボトックス注入、肌系メンテナンスなど自身が受けた施術を発信しています。プライベートはママ業も忙しい。

東京医科大学医学部 卒業
東京女子医科大学 卒後臨床研修センター入職
2011年 東京女子医科大学 形成外科 入局
2013年 日本大学医学部附属板橋病院 形成外科 出向
2017年 銀座ケイスキンクリニック 形成外科担当医
2018年 城本クリニック入職
2019年 BIANCAクリニック入職

豊胸・バストの他の治療

豊胸・バストの治療が受けられるクリニック

  • 住所: 東京都中央区銀座1-5-6 銀座レンガ通り福神ビル4F
  • 最寄駅: 各線銀座駅、JR有楽町駅徒歩5分、東京メトロ銀座一丁目駅徒歩1分、京橋駅徒歩2分
  • 院長: 堀田 和亮
  • 診療時間: 10:00~19:00
  • 休診日: 年末年始
  • 住所: 東京都渋谷区代々木2-9-2久保ビル6F
  • 最寄駅: JR新宿駅南口徒歩約3分、京王線新宿駅4番出口徒歩1分、地下鉄都営新宿線、大江戸線新宿駅4番出口徒歩1分
  • 院長: 板井 徹也
  • 診療時間: 10:00~20:00
  • 休診日: 年中無休
  • 住所: 大阪府大阪市北区茶屋町1-27 ABCマート梅田ビル6F
  • 最寄駅: JR大阪駅徒歩3分、阪急梅田駅徒歩1分、御堂筋線梅田駅徒歩3分、谷町線東梅田駅徒歩5分、阪神梅田駅徒歩5分
  • 院長: 横谷 仁彦
  • 診療時間: 10:00~19:00
  • 休診日: 年中無休

豊胸・バストに関連する記事

  • SEIRAが語る美容整形観。「ナチュラルではなく、整形顔が好きです」【私と美容医療の関係。Vol.1】

    さまざまなフィールドのトップランナーに美容医療へに思いを赤裸々に語ってもらう新企画「私と美容医療の関係。A personal history of aesthetic medicine.」がスタート。第一回目のゲストは、DJやインスタグラマーとして活躍されているSEIRAさんです。 今まで数多くの美容整形を受けてきたSEIRAさんですが、今回のインタビューのために、今まで受けた施術すべてを紙に書いて持参してきてくれ、美容医療を受けることに対する考え方を包み隠さず語ってくれました。語り口は潔く、ポジティブ。一般的には言いにくいと思われることも飄々と答えくれたのが印象的でした。またDJやインスタグラマーなど華やかなお仕事ですが、性格はかなり礼儀正しく、素直な方です! 美容医療経験者も、これから美容医療を検討されている方にもぜひ読んでいただきたい充実のインタビューです。あなたはどうと

  • 陥没乳頭、真性と仮性の違いとは?

    今、陥没乳頭(かんぼつにゅうとう)に悩む女性が増えていると言われています。陥没乳頭とは乳頭部分がへこんでいたり、平らだったりする状態のこと。見た目が不自然でコンプレックスを抱きやすいというだけではなく、そのままにしておくと将来的に授乳ができない可能性も出てきます。ここでは陥没乳頭の症状と真性、仮性の違い、保険適用で手術ができるかどうかなどについて詳しく説明していきます。 目次 1.陥没乳頭とは 1-1.陥没乳頭には真性と仮性がある 1-2.陥没乳頭の原因とは 1-3.陥没乳頭だと授乳ができない? 1-4.陥没乳頭と違う?扁平乳頭とは 2.陥没乳頭を改善する方法とは 2-1.陥没乳頭を改善するセルフケアグッズ 2-2.陥没乳頭の外科手術 2-3.陥没乳頭の外科手術は保険でできる? 2-4.陥没乳頭の手術は保険でやらないほうがいい? 3.まとめ

    この記事は、
    よだ形成外科クリニック
    依田拓之医師が監修しています。

  • 陥没乳頭の方法、リスクなど。条件を満たせば保険適用も

    皆さんは自分自身のバストに自信がありますか?ある、と答える方はそれほど多くないのではないでしょうか。バストの大きさやハリ、乳頭部分の色など、バストに関する悩みは意外に多いもの。そのなかでも人に相談しづらいのが、陥没乳頭(かんぼつにゅうとう)です。陥没乳頭とはその名の通り、乳首がへこんで内側に入っている状態のこと。見た目でコンプレックスを抱きやすいほかにそのままにしておくと将来的に授乳ができないケースもあります。ここで陥没乳頭の悩みを解消する方法について、10人の先生方の見解をまとめてみました。 目次 1.陥没乳頭とは 1-1.陥没乳頭とはどんな症状? 1-2.陥没乳頭の原因とは 1-3.陥没乳頭だと授乳できなくなる? 2.陥没乳頭の悩みを解消する方法 2-1.陥没乳頭を改善するマッサージ 2-2.美容外科で行う陥没乳頭の手術 2-3.陥没乳頭手術後の再発について

    この記事は、
    よだ形成外科クリニック
    依田拓之医師が監修しています。

  • 豊胸失敗ではない!? 海外セレブ&芸能人のバストBefore-Afterをたどる

    ウエストはほっそりくびれていて、足も細いのに胸だけはふっくら……。ハリウッドセレブや芸能人の女性に多いスタイルですが、実はその多くが豊胸手術で美しいバストをキープしていると言われています。しかし、豊胸手術の後にトラブルが起こるのはセレブも一般人も同じこと。なかにはお金に糸目をつけず、手術を繰り返している人もいるようです。ここで豊胸手術をしているとウワサのセレブや芸能人のbefore-afterをチェックしてみましょう。 目次 1.意外に多い?豊胸しているっぽいセレブや芸能人 1-1.小胸から突然豊かなバストになったタイプ 1-2.もともと大きいバストをキープしているタイプ 2.やりすぎは禁物!実は失敗も多いセレブの豊胸 2-1.豊胸失敗?大きすぎたり形が不自然になったりしているケース 2-2.豊胸手術のレベル

  • 豊胸術で迷わないために知っておくべき知識のすべて

    これから豊胸術を検討してる方や少し興味があって情報が知りたい方へ向けて、豊胸術の知っておくべき知識の体系をおおくりする。各クリニックのホームページを比較検討した後では、知識の整理、疑問の解消として活用してもらいたい。 最近の主流の製品・方法、具体的にクリニックはなにをすすめているのか、方法別平均費用など知りたい情報はすべてある! 目次 1.読めば読むほど迷うクリニックホームページでの“豊胸術” 2.豊胸術の種類 2-1.プロテーゼ豊胸術(メリット、デメリット、体験談など) 2-2.脂肪注入法(メリット、デメリット、体験談など) 2-3.ヒアルロン酸豊胸術(メリット、デメリット、体験談など) 2-4.ハイブリッド豊胸術 3.豊胸術のわかりにくさをひとつずつ紐といていく 3-1.セリューション

  • モッズクリニック ボァイエ真希子医師【美人女医インタビュー第三十七回】

    人気企画「美人女医インタビュー」第三十七回は東京中央区・銀座にあるモッズクリニックのボァイエ真希子先生です。
 自ら脂肪吸引・脂肪注入豊胸手術等、多くの美容外科手術を受けた経験からのカウンセリングは説得力があり、女性の気持ちに寄り添います。 脂肪吸引をはじめ、痩身、豊胸の外科治療の良さを世間に広めたい思いが伝わってくるインタビューになりました。 大きな声で笑って、周囲を一瞬で明るい雰囲気に変えるボァイエ先生の理想の美容医療論をじっくりどうぞ! 子供の頃、緊急オペで先生に助けていただいたことがありました。経済学部に入りましたが、やはりそのときの医師に対する尊敬や憧れがあり、仮面浪人をして、医学部に入りました ーボディの手術が好きなのはきっかけがあったのでしょうか。 B:私は運動をよくするので、ボディラインが変化していくのが好きです。妊娠で25キロぐらい太って、

    この記事は、
    モッズクリニック 東京院
    ボァイエ真希子医師が監修しています。

の治療カテゴリ

スポンサーリンク