乳房縮小術とは

最終更新日:2021年4月23日

この記事は、ビスポーククリニック五反田希和子 医師が監修しています。

乳房縮小術とは(概要・基礎知識)

乳房縮小術はバストの組織や脂肪を取り除いてボリュームを減らし、あまった皮膚を切除・縫合することでバストを小さく整える手術です。乳房縮小をすることで、大きすぎるバストを整えてバストの形を保つことができます。全体のバランスを整えるだけでなく、大きすぎるバストが原因の肩こりや腰痛、運動障害、垂れているバストの裏側の皮膚の湿疹やびらんなどを改善する効果もあります。

手術方法は元のバストの大きさ、形、希望する仕上がりによって異なります。手術の方法によっては、傷跡が目立つリスクがあります。乳頭・乳輪は本来の乳頭・乳輪の一部もしくは全部を、新しいバストにおいて良い位置となるように考慮して移動します。

クリニックによっては、乳房縮小のことをリダクション、マンマリダクションと呼ぶところもあります。

乳房縮小術が向いている人(こんなお悩みに)

・大きすぎるバストを小さく、美しい形にしたい方
・バストが大きいことで生活に支障がある方

ダウンタイム/経過

痛み、腫れ、内出血は約2週間で落ち着きます。痛みに関しては病院から痛み止めが処方されるため服用してください。
病院によってはドレーンを挿入し、術後2~3日で抜去を行います。術後約2~3カ月はワイヤーなしのブラジャーを装着します。

費用

78~220万円

リスク・副作用

腫れ、痛み、内出血、感染、授乳への影響、傷跡、バストのサイズが希望と違ってしまう可能性(大きい、小さい)、知覚異常、乳輪・乳頭の位置(高い、低い)、乳頭・乳輪のサイズ(大きい、小さい)、左右差、一時的な感覚麻痺、乳首や胸の皮膚壊死、乳輪の境界がくっきりしてしまう

監修: 五反田希和子医師

ビスポーククリニック

長崎大学医学部医学科卒業。現在はビスポーククリニックに勤務。
美容医療は「喜びの医療」をモットーに診療し、形成外科専門医のほかに日本レーザー医学会専門医としての資格を持つ。

長崎大学医学部医学科 卒業
国立病院機構 九州医療センター
久留米大学病院 形成外科
済生会福岡総合病院 形成外科
久留米大学病院 形成外科
宗像水光会病院 形成外科
久留米大学病院 形成外科
済生会二日市病院 形成外科
ビスポーククリニック勤務

豊胸・バストの治療

豊胸・バストの治療が受けられるクリニック

美容外科美容皮膚科
住所:東京都渋谷区代々木2-9-2久保ビル6F
最寄駅:JR新宿駅南口徒歩約3分、京王線新宿駅4番出口徒歩1分、地下鉄都営新宿線、大江戸線新宿駅4番出口徒歩1分
院長:板井 徹也
診療時間:10:00~20:00
休診日:年中無休
美容外科美容皮膚科
住所:大阪府大阪市北区茶屋町1-27 ABCマート梅田ビル6F
最寄駅:JR大阪駅徒歩3分、阪急梅田駅徒歩1分、御堂筋線梅田駅徒歩3分、谷町線東梅田駅徒歩5分、阪神梅田駅徒歩5分
院長:横谷 仁彦
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容外科美容皮膚科
住所:大阪府大阪市北区曽根崎 2-12-4コフレ梅田 6F
最寄駅:市営地下鉄東梅田駅すぐ
院長:福田 越
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休

乳房縮小術に関連する記事

  • 関連する記事はこれから登録されます。
PAGE
TOP