Menu

美容整形の相談・紹介

検索

無料メール相談 24時間OK

乳房縮小術 に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

[ 乳房縮小術 ]

概要・効果

乳房縮小術は、大きすぎるバストを小さくする手術です。乳房縮小ではバストの脂肪を取り除き、あまった皮膚を切除・縫合することでバストを小さく整えます。乳房縮小をすることで、全身のバランスを整えるだけでなく、バストが垂れるのを防いだり、肩こりの一因を取り除く効果もあります。
バストの脂肪を取り除くにあたり、切開する場所はバストの大きさ、形、希望する仕上がりによっても異なります。手術の方法によっては、傷跡が目だってしまうというリスクもありますので、カウンセリング時にしっかり執刀医と相談しましょう。

乳房縮小の手術は単独でも行われますが、乳房吊り上げ術などと一緒に行われることも少なくありません。特に大きなバストをお持ちの方は、加齢によりバストが垂れてしまいがちです。そのため乳房縮小で小さくしつつ、乳房吊り上げ術でバストを持ち上げることで、キレイに整ったバストを目指すことができます。
乳房吊り上げ術の他には、乳頭縮小や乳輪縮小などが一緒に行われることの多い手術です。これも、大きなバストの方は、乳頭や乳輪が大きくなりがちなため、決して珍しくないケースです。

なおクリニックによっては、乳房縮小のことをリダクション、マンマリダクションと呼ぶところもあります。

こんな方におすすめ

バストを小さく、美しい形にしたい方

乳房縮小術のメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

バストを小さくすることで全身のバランスが良くなる、バストの重量が軽くなって動きやすくなる、着たい服が着られるようになる、肩こりが改善しやすくなるというメリットがあります。

デメリットとしては、乳腺を傷つけてしまう可能性があること、傷跡が残ることです。

乳房縮小術の失敗例

明らかな左右差が生じたり、傷跡が目立つような場合です。

乳房縮小術の修正に関して

仕上がりが希望と異なる場合、乳房縮小で失敗があった場合は、まず乳房縮小の手術を行ったクリニックに相談しましょう。無料で修正してもらえる保証のついたクリニックもあります。

乳房縮小術の名医とは

センスの良く仕上げてくれる医師を選びましょう。大きなバストを小さく、でも美しく仕上げるためには、センスとセンスに見合った技術力・知識・経験が必要となります。

関連する施術(機器)

乳頭縮小術乳輪縮小術乳房吊り上げ術(マストペクシー)

メーカー ※医療機器の場合のみ

乳房縮小術の口コミ(体験談・評判)

乳房縮小術のCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

70~100万円程度

ダウンタイム

2週間程度

痛み・腫れ

痛み・腫れは2週間程度でおさまる

施術の流れ

カウンセリング→デザイン→麻酔→オペ→当日帰宅

FAQ

経過

内出血などにより青あざ・腫れがしばらく続くが、3週間程度で消える。万が一感染などが起きた場合は、すぐに病院へ行くこと

モニター

あり(4割引~8割引)

抜糸時期(※オペ系のみ)

1週間~10日後

術後の洗顔・メイク

当日から可能。シャワーは傷口をぬらさなければ翌日から可能。入浴が可能となるのは抜糸の翌日から

施術時間の目安

3~4時間程度

麻酔の種類

局所麻酔、全身麻酔

乳房縮小術に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
≪ 美容施術一覧へ戻る

人気ランキング

おすすめランキング

話題のキーワードで検索

キーワード一覧
無料メール相談