1. トップ
  2. 施術一覧
  3. 豊胸・バスト
  4. 乳房吊り上げ術(マストペクシー)

乳房吊り上げ術(マストペクシー)とは

最終更新日:2021年4月23日

この記事は、ビスポーククリニック五反田希和子 医師が監修しています。

乳房吊り上げ術(マストペクシー)とは(概要・基礎知識)

乳房吊り上げ術は老化や妊娠、授乳による急激なサイズ変化、乳腺自体の重みなどによって下垂し変形したバストを改善します。サイズを維持したままバストの位置を上げる施術方法ですが、同時にサイズ変更等の複合オペを行うこともあります。

手術方法はいくつかありますが、バストの状態、希望に応じて術式を決定します。施術方法により、ハリを同時に出したい場合はプロテーゼ等での豊胸術を同時に行うこともあります。乳輪周囲切開、マストペクシー、乳房固定術、乳房下垂修正、乳房拳上など様々な名称がついていますが、いずれもバストを持ち上げるという基本的な内容に大きな違いはありません。

術後の授乳への影響はない手術方法が一般的ですが、術後の壊死、感染等で影響を及ぼす可能性があることと、術式によっては乳房に傷が目立つ可能性もあります。

乳房吊り上げ術(マストペクシー)が向いている人(こんなお悩みに)

・バストの形を整えたい方
・垂れてしまったバストを美しく整えたい方

ダウンタイム/経過

痛み、腫れ、内出血は約2週間で落ち着きます。痛みに関しては病院から痛み止めが処方されるため服用してください。
病院によってはドレーンを挿入し、術後2~3日で抜去を行います。術後約2~3カ月はワイヤーなしのブラジャーを装着します。

費用

71~190万円

リスク・副作用

腫れ、痛み、内出血、感染、授乳への影響、傷跡、左右差、一時的な感覚麻痺、乳首や胸の皮膚壊死、乳輪にギャザー(段差)が寄る、乳輪の境界がくっきりしてしまう、効果を感じない

監修: 五反田希和子医師

ビスポーククリニック

長崎大学医学部医学科卒業。現在はビスポーククリニックに勤務。
美容医療は「喜びの医療」をモットーに診療し、形成外科専門医のほかに日本レーザー医学会専門医としての資格を持つ。

長崎大学医学部医学科 卒業
国立病院機構 九州医療センター
久留米大学病院 形成外科
済生会福岡総合病院 形成外科
久留米大学病院 形成外科
宗像水光会病院 形成外科
久留米大学病院 形成外科
済生会二日市病院 形成外科
ビスポーククリニック勤務

豊胸・バストの治療

豊胸・バストの治療が受けられるクリニック

美容外科美容皮膚科
住所:東京都渋谷区代々木2-9-2久保ビル6F
最寄駅:JR新宿駅南口徒歩約3分、京王線新宿駅4番出口徒歩1分、地下鉄都営新宿線、大江戸線新宿駅4番出口徒歩1分
院長:板井 徹也
診療時間:10:00~20:00
休診日:年中無休
美容外科美容皮膚科
住所:大阪府大阪市北区茶屋町1-27 ABCマート梅田ビル6F
最寄駅:JR大阪駅徒歩3分、阪急梅田駅徒歩1分、御堂筋線梅田駅徒歩3分、谷町線東梅田駅徒歩5分、阪神梅田駅徒歩5分
院長:横谷 仁彦
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容外科美容皮膚科
住所:大阪府大阪市北区曽根崎 2-12-4コフレ梅田 6F
最寄駅:市営地下鉄東梅田駅すぐ
院長:福田 越
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休

乳房吊り上げ術(マストペクシー)に関連する記事

  • 関連する記事はこれから登録されます。
PAGE
TOP