脂肪注入法(豊胸)とは(概要・基礎知識)

自分の体(お腹、太ももなど)から採った脂肪をバストに注入していく施術です。注入した脂肪のバストへの生着率が約30~50%と言われていますが近年は定着率を上げる方法で1~2カップサイズを上げられます。

施術方法はピュアグラフト法、コンデンスリッチ法が主流となります。ピュアグラフト法は採取した脂肪をピュアグラフトシステムで透析します。2層の特殊フィルターで死活細胞や老化細胞等を除去し、脂肪細胞や成長因子が含まれる純度の高い良質な脂肪細胞のみを生成します。

コンデンスリッチ法は採取した脂肪から不純物や水分を除去し、濃縮技術で老化、肥大化した脂肪細胞も徹底除去します。定着に有利な細胞だけが濃縮されたコンデンスリッチファット(CRF)だけを仕分けることが可能です。

以前の脂肪注入ではバストにしこり、石灰化になるリスクがありましたが、上記の方法を用いることでしこり、石灰化の可能性が低くなり、脂肪の定着率もあがりました。

脂肪注入法(豊胸)が向いている人(こんなお悩みに)

・自分の脂肪を使って豊胸したい方
・異物を挿入することに抵抗のある方
・部分痩せとバストサイズアップしたい方

ダウンタイム/経過

バストの腫れ、痛みはおおよそ1~2週間で落ち着きます。また内出血は2~3週間で落ち着きますが稀に色素沈着として続くことがありますが約6~12カ月で色が薄くなります。
脂肪吸引部位は術直後、麻酔液や浮腫みで術前より太った様に見えますが、徐々にもとに戻ります。また術直後は着圧タイツ等で圧迫固定を数日間行います。

費用

30万~180万円

リスク・副作用

腫れ、痛み、しこり、石灰化、左右非対称、バストのボリュームが足りない、バストのボリュームがありすぎる、脂肪吸引の傷跡(ケロイド、色素沈着、凸凹)、テープかぶれ

*本記事内でご紹介した治療機器、施術内容は、個人の体質や状況によって効果などに差が出る場合があります。記事により効果を保証するものではありません。価格は、特に記載がない場合、すべて税込みです。また価格は変更になる場合があります。記事内の施術については、基本的に公的医療保険が適用されません。実際に施術を検討される時は、担当医によく相談の上、その指示に従ってください。

監修:

柴田智一医師

ガーデンクリニック 池袋院

山梨大学医学部 卒業
町田市民病院 勤務
東京女子医科大学病院 勤務
国立病院機構災害医療センター 勤務
東京女子医科大学 勤務
鹿児島市立病院 勤務
ガーデンクリニック 入局
ガーデンクリニック横浜院 院長就任
ガーデンクリニック池袋院 院長就任

豊胸・バストの他の治療

豊胸・バストの治療が受けられるクリニック

  • 住所: 東京都渋谷区代々木2-9-2久保ビル6F
  • 最寄駅: JR新宿駅南口徒歩約3分、京王線新宿駅4番出口徒歩1分、地下鉄都営新宿線、大江戸線新宿駅4番出口徒歩1分
  • 院長: 板井 徹也
  • 診療時間: 10:00~20:00
  • 休診日: 年中無休
  • 住所: 大阪府大阪市北区茶屋町1-27 ABCマート梅田ビル6F
  • 最寄駅: JR大阪駅徒歩3分、阪急梅田駅徒歩1分、御堂筋線梅田駅徒歩3分、谷町線東梅田駅徒歩5分、阪神梅田駅徒歩5分
  • 院長: 横谷 仁彦
  • 診療時間: 10:00~19:00
  • 休診日: 年中無休
  • 住所: 大阪府大阪市北区曽根崎2-12-4 コフレ梅田6F
  • 最寄駅: 市営地下鉄東梅田駅すぐ
  • 院長: 福田 越
  • 診療時間: 10:00~19:00
  • 休診日: 年中無休

豊胸・バストに関連する記事

  • コンデンスリッチ脂肪注入豊胸術(CRF)のメリット、デメリット、口コミなど

    「胸を大きくしたいけれど、術後の痛みが怖い」「いかにも豊胸した!というのではなく、ほどよくバストアップしたい」という人から注目を集めているのが、コンデンスリッチ豊胸術です。見た目や手触りが自然、ダウンタイムが短いなど、さまざまなメリットがあると言われているコンデンスリッチ豊胸がどんな方法なのか、デメリットも含めて詳しくご紹介していきます。 1.コンデンスリッチ豊胸とは 1-1.コンデンスリッチ豊胸のメリット 1-2.コンデンスリッチ豊胸のデメリット 1-3.コンデンスリッチ豊胸の施術プロセス 1-4.コンデンスリッチ豊胸のダウンタイムと術後経過 1-5.コンデンスリッチ豊胸の口コミ 1-6.コンデンスリッチ豊胸を受けた人のブログ 1-7.コンデンスリッチ豊胸、しこりができるのは失敗? 1-8.コンデンスリッチ豊胸の施術が受け

  • 胸を小さくする方法教えます

    多くの女性が「胸を大きくしたい!」と切実に願うなか、今、大きな胸に悩んでいる女性が増えていると言われています。大手下着メーカーが販売している、胸を小さく見せるブラジャーも売り切れる店舗が出るほどの大人気。でも下着で胸を小さく見せるのには限界もありますよね。では、ここで胸を小さくする方法にはどんなものがあるか詳しく説明していきます。 目次 1.胸を小さくする方法ってあるの? 1-1.胸が大きいことのデメリットって? 1-2.胸を小さくする運動・筋トレとは 1-3.胸を小さくするためにできること 2.胸を小さくする手術とは 2-1.胸を小さくする手術の種類 2-2.胸を小さくする手術の費用は? 3.胸を小さくする方法ってあるの?まとめ 胸を小さくする方法ってあるの? 上半身は華奢で下半身が太めの体型の人が多い日本人女性。それだけに胸が大きいというと「

  • 豊胸術で迷わないために知っておくべき知識のすべて

    これから豊胸術を検討してる方や少し興味があって情報が知りたい方へ向けて、豊胸術の知っておくべき知識の体系をおおくりする。各クリニックのホームページを比較検討した後では、知識の整理、疑問の解消として活用してもらいたい。 最近の主流の製品・方法、具体的にクリニックはなにをすすめているのか、方法別平均費用など知りたい情報はすべてある! 目次 1.読めば読むほど迷うクリニックホームページでの“豊胸術” 2.豊胸術の種類 2-1.プロテーゼ豊胸術(メリット、デメリット、体験談など) 2-2.脂肪注入法(メリット、デメリット、体験談など) 2-3.ヒアルロン酸豊胸術(メリット、デメリット、体験談など) 2-4.ハイブリッド豊胸術 3.豊胸術のわかりにくさをひとつずつ紐といていく 3-1.セリューション豊胸術とCRF(コンデンスリッチ豊胸)とピュアグラフト

  • 胸が垂れる原因と普段の超カンタン筋トレで下垂予防!

    30代以降になると気になり始めるバストの下垂。特に胸が大きい人は貧乳に悩む人よりも胸が垂れやすいため、早めに胸が垂れるのを防ぐケアを始める必要があると言われています。ここでバストがなぜ垂れてくるのか、その原因とバストの下垂を防ぐ方法について、簡単な筋トレからクリニックでの治療まで考えてみましょう。 目次 1.胸が垂れる原因を知ろう 1-1.加齢による胸の下垂 1-2.出産による胸の下垂 2.胸が垂れるのを防ぐために 2-1.胸が垂れるのを防ぐ筋トレ 2-2.生活習慣の見直しやサプリメントを取り入れたケア 2-3.豊胸手術が下垂防止にもつながる 3.まとめ 1.胸が垂れる原因を知ろう 胸が垂れるのは年齢だからしかたない……と思っていませんか?しかし胸が下垂する原因は加齢だけではありません。まずは胸が垂れる原因を理解しておきましょう。 1-1.加齢

  • 脂肪注入豊胸術のメリット、デメリットとは

    自分の体から吸引した脂肪をバストに注入してバストアップを図るのが脂肪注入豊胸です。脂肪注入による豊胸はシリコンバッグやヒアルロン酸など異物を入れる方法と比較して安心と感じている方も多いと思いますが、実際にはどんなメリット、デメリットがあるのでしょうか。また、同じように吸引した脂肪を特殊な機械にかけてから使用する「コンデンスリッチ豊胸」とはどんな違いがあるのか?など、脂肪注入豊胸に関する疑問にお答えしていきます。 目次 1.脂肪注入豊胸とは 1-1.脂肪注入豊胸のメリット 1-2.脂肪注入豊胸のデメリット 1-3.脂肪注入豊胸の痛みやダウンタイムについて 1-4.脂肪注入豊胸、どのくらい定着する?効果は永久? 1-5.脂肪注入豊胸とコンデンスリッチ、ピュアグラフトの違いとは 1-6.脂肪注入豊胸の失敗例。しこりができる

  • ヒアルロン酸豊胸術の効果、しこり、硬さ、痛みについて

    「胸がもう少し大きかったら……」とため息をついたことはありませんか?女性なら誰もが憧れる豊かなバスト。でも、シリコンバッグを入れるような大掛かりな手術は怖くて受けられないという方も多いでしょう。そこで、考えてみたいのがヒアルロン酸注射による豊胸の施術です。ここでは気軽にバストアップできる印象のあるヒアルロン酸豊胸のメリットやデメリット、最新の情報などについて詳しく説明していきます! 目次 1.ヒアルロン酸による豊胸ってどんな施術? 1-1.ヒアルロン酸豊胸のメリット 1-2.ヒアルロン酸豊胸、何cc注入するのがオススメ? 1-3.ヒアルロン酸豊胸による授乳や乳がん検査への影響 1-4.豊胸に使用するヒアルロン酸の種類 1-5.ヒアルロン酸豊胸のデメリット。術後は痛い?マッサージは必要? 1-6.ヒアルロン酸

豊胸・バストのコラムを見る

の治療カテゴリ