PR

二重切開(小切開・部分切開・全切開)とは(概要・基礎知識)

まぶたを切開して二重のラインを作る手術です。埋没法と異なり、固定力が強いため二重の持続力が強い方法です。

まぶたが厚い方、埋没法では難しい方、幅広のラインを希望する方、瞼のたるみが多い方には二重全切開の適応になります。術前にデザインを行い、皮膚を切開し皮下の眼輪筋や瞼板前組織、眼窩隔膜、隔膜前脂肪などの組織を取り除き縫合することで二重を形成します。術者によって手術の方法や固定の仕方は異なります。
医師により仕上がりがかなり異なる方法で、例えば傷跡が目立ちにくくなるように縫合の方法や縫合糸に工夫を凝らしている術者もいます。固定力が強い分埋没法と異なりラインの修正は難しくなります。

また無理に幅の広い二重にすると不自然な目元になることがあります。希望のラインによっては目頭切開等の同時施術が必要なことがあります。手術の侵襲度が大きいため、術後腫れを伴いやすいです。抜糸は約7日、お化粧の目安は約10日のダウンタイムが必要です。手術の方法や希望のラインによっても異なりますが、傷跡、自然なラインが完成するまでに約6カ月かかります。

二重切開(小切開・部分切開・全切開)が向いている人(こんなお悩みに)

・まぶたに厚みのある方    
・固定力強い二重を希望の方
・埋没法をしたけどとれてしまった方
・埋没法では実現できない幅広の二重を希望の方

ダウンタイム/経過

瞼を切開しているため強い腫れが2~3日生じます。また目の周りに内出血が生じることがありますが1~2週間で消失します。抜糸は5~7日後となり、その間アイメイクは厳禁です。
術後痛みが出ることがありますが内服薬でカバーできます。
希望のラインが完成するまでに約6カ月かかります。

費用

19~63万円前後

リスク・副作用

腫れ、痛み、内出血、左右差、傷跡の凹凸など

*本記事内でご紹介した治療機器、施術内容は、個人の体質や状況によって効果などに差が出る場合があります。記事により効果を保証するものではありません。価格は、特に記載がない場合、すべて税込みです。また価格は変更になる場合があります。記事内の施術については、基本的に公的医療保険が適用されません。実際に施術を検討される時は、担当医によく相談の上、その指示に従ってください。

監修:

依田拓之医師

よだ形成外科クリニック

東邦大学医学部卒業。形成外科医として経験を積み、美容外科院長を歴任。宮城県仙台市に2010年よだ形成外科クリニックを開業。2020年で開院10周年。
日本形成外科学会認定専門医の資格を持ち、現在では少なくなった総合的な美容医療を地域に提供しています。目元、鼻などの美容外科治療はもちろん、エイジングケア、美肌、男性・女性のAGA、男性診療まで幅広いメニューは安心してかかりつけ医にできそうです。

東邦大学医学部卒
東京警察病院形成外科入局
美容外科クリニック院長
よだ形成外科クリニック院長

目もとの他の治療

目もとの治療が受けられるクリニック

  • 住所: 東京都新宿区新宿3-19-4 MLJビル9階
  • 最寄駅: 東京メトロ丸の内線新宿駅B10サブナード17番出口徒歩30秒、新宿駅東口改札徒歩3分
  • 院長: 冨田 壮一
  • 診療時間: 10:00~19:00(予約制)
  • 休診日: 年中無休(年末年始を除く)
  • 住所: 東京都港区港南2-5-3オリックス品川ビル9F
  • 最寄駅: JR品川駅港南口徒歩約3分、京急品川駅高輪口徒歩約5分
  • 院長: 秦 真治
  • 診療時間: 10:00~20:00
  • 休診日: 年中無休
  • 住所: 東京都豊島区池袋2-6-1 KDX池袋ビル3F
  • 最寄駅: JR池袋駅西口C6出口徒歩1分、東京メトロ丸の内線、副都心線、有楽町線徒歩1分
  • 院長: 多田 彩子
  • 診療時間: 9:00~23:00
  • 休診日: 年中無休

目もとに関連する記事

  • 埋没法が取れる原因と確率、取れない埋没法とは

    アイプチやアイテープで長年、二重を作り続けているという人はいませんか?「これって永久に続けるの……?」 「結婚が決まったらどうしよう」「アイプチを一生買い続けるなら、埋没法で二重にした方が安いのでは?」そんな悩みをお持ちの方も多いでしょう。でも、二重埋没法はよく取れて元に戻ってしまうともいいますよね。ここでは二重埋没法がどのくらいの確率で取れるのか、なぜ取れるのかを説明しながら、取れにくい埋没法について紹介していきます。 目次 1.二重埋没法はよく取れるって本当?取れる前兆ってあるの? 1-1.二重埋没法の取れる確率 1-2.二重埋没法の取れる原因 1-3.二重埋没法の取れる前兆・取れる瞬間は? 2.取れない二重埋没法とは 2-1.挙筋法か、瞼板法のどちらが取れづらい? 2-2.糸で留める点数の違い 2-3.埋没法が適している?医師のアドバイスを聞こう 3

    この記事は、
    よだ形成外科クリニック
    依田拓之医師が監修しています。

  • まぶたのくぼみおすすめ改善法。アイクリームなどお手軽法も

    夕方、鏡を見て朝はなかったまぶたのくぼみを発見して、ぎょっとしたことはありませんか?たるみと同様、徐々に進行していくまぶたのくぼみはシミやしわ、たるみよりも気がつきにくいエイジングサイン。女性の見た目年齢をあげて疲れた印象を与えてしまいます。「この、疲れたまぶたをなんとかしたい!」と思っている方も多いはず。では、なぜまぶたはくぼんでしまうのでしょうか?その原因と予防、解消方法について詳しくお話していきます。 目次 1.まぶたのくぼみができる原因とは 1-1.まぶたのくぼみとは〜目の上と目の下のくぼみ〜 1-2.まぶたのくぼみが起こる原因 1-3.病気が原因でまぶたがくぼむことも?〜二重の切開手術が原因になることも〜 2.まぶたのくぼみを予防、解消するにはどうすればいい? 2-1.まぶたのくぼみを予防する方法〜アイクリーム、エクササイズでケア〜 2-2.まぶた

  • 埋没法で失敗を避けるための3つのポイントと6つの具体的失敗例

    美容整形手術のなかでも気軽に行うことができるイメージがある二重埋没法。切らずにぱっちりとした二重になれる魔法のような方法と考えられがちですが、実は二重埋没法で思うような二重にならなかったいうケースも少なくありません。ここで二重埋没法の失敗例を挙げながら、失敗しないために覚えておきたいことについて詳しくお話していきます。 目次 1.二重埋没法の失敗例ってどんなもの? 1-1.二重埋没法、留める場所による瞼板法、挙筋法とは 1-2.手術後すぐにとれて元に戻るケース 1-3.二重埋没法で思ったような二重にならないケース 1-4.二重埋没法で糸が露出して目を痛みがあり、傷めるケース 1-5.二重埋没法で眼瞼下垂を起こすケース 1-6.ダウンタイムが少ないってほんと!?腫れがなかなか引かないケース 2.二重埋没法で失敗しないためのポイント 2-1.カウンセリング内容を重

    この記事は、
    よだ形成外科クリニック
    依田拓之医師が監修しています。

  • まぶたのむくみの原因と解消する方法

    朝、起きるとなんだかいつも目が腫れぼったい……。そんな風に感じることはありませんか?まぶたがむくんでいるとそれだけで目が小さく見えてしまい、顔全体が地味な印象になってしまいます。逆に言えば、まぶたのむくみを解消するだけで、目がすっきりとひとまわり大きく見えることもあるのです。ここでまぶたのむくみが起こる原因やむくみを予防&解消するいろいろな方法について解説していきます。むくみが解消すれば「私ってこんなに目が大きかったの?」と思うかもしれませんよ! 目次 1.まぶたのむくみについて知っておこう! 1-1.まぶたがむくむとはどんな状態? 1-2.まぶたのむくみの原因 2.まぶたのむくみを予防・解消する方法 2-1.日常的に気をつけたいまぶたのむくみ防止ケア 2-2.まぶたのむくみを今すぐ解消したいときは? 2-3.まぶたのむくみ、メイクでごまかせる? 3.エステやクリニ

    この記事は、
    六本木スキンクリニック
    鈴木稚子医師が監修しています。

  • ラティース(まつ毛育毛剤)の効果、副作用など

    女性の目力を左右するまつ毛。外国人のような濃いまつ毛に憧れて、毎日、ていねいにマスカラを重ね塗りしたり、エクステをつけて目力をアップさせているという方もいるのではないでしょうか。とはいえ、このようなまつ毛ケアに力を入れすぎると、かえってまつ毛を傷めてしまい、まつ毛が薄くなったり、細くなったりすることがあります。このような傷んだまつ毛や、生まれつきまつ毛が細くて短いという人の間で人気のあるまつ毛育毛剤がラティースです。ここではラティースの効果について詳しく説明していきます。 目次 1.医療用に開発されたまつ毛育毛剤ラティースとは 1-1.ラティースの効果 1-2.まつ毛貧毛症とは 1-3.ラティースの使い方 1-4.ラティースを使用するときの注意点 1-5.ラティースの副作用 1-6.ラティースは眉毛に使用できる? 1-7.ラティースはどこで購入できる? 1-8.

    この記事は、
    しのぶ皮膚科
    蘇原しのぶ医師が監修しています。

  • 二重埋没法を徹底解説! 埋没法ではなく切開法が適している場合も!?

    美容施術の中でも比較的手軽にできる二重形成術のうち、特に人気の高い二重埋没法について解説します。 二重埋没法とは 二重埋没法は、まぶたの表側の皮膚からと裏側の粘膜へ、極細の特殊な糸を通し、数カ所knot(糸の結び目)を作って固定することにより二重のラインを作る方法です。 いきなり切開する施術は不安を感じる人もおられますが、二重埋没法であれば針孔から糸でとめているだけですので、目立つ傷が残るといった心配はほとんどありません。 固定力の強い方法を用いれば半永久的な二重瞼が形成されます。 二重埋没法固定点数の違いについて 二重埋没法には、2点固定、4点固定、6点固定などの固定法があります。それぞれの違いは、糸を何箇所固定するかということです。一般的には、固定点数が多いほど、強度があり、さまざまな二重のデザインに対応ができると考えられています。ただし、固定点数が多いほど

    この記事は、
    プリモ麻布十番クリニック
    大場教弘医師が監修しています。

目もとのコラムを見る

の治療カテゴリ