医師監修の美容医療メディア Call to Beauty

医師監修の美容医療メディア

涙袋形成(涙堂形成)とは

最終更新日:2020年5月8日

この記事は、よだ形成外科クリニック依田拓之 先生が監修しています。

概要・基礎知識

下まぶたのまつ毛下の涙袋に主にヒアルロン酸を注入し、ふっくらさせ若々しく優しい印象を与え、目を大きく見せる効果があります。涙袋の形成にはヒアルロン酸注入以外にも自家組織移植法・プロテーゼ挿入法・脂肪注入法がありますが、ほとんどのクリニックではヒアルロン酸注入での処置が主流です。

ヒアルロン酸はもともと人間の体内に存在し、コラーゲン組織の保持、肌組織の水分・潤滑性・柔軟性を保つ役割をしています。アレルギー反応、副作用が少なく、安全に体内に入れることができる物質です。涙袋形成の場合ヒアルロン酸は長期間効果持続し、少しずつ吸収されていきますが、ほとんど吸収されないこともあります。

下まつげの際に沿って皮下・眼輪筋へ非常に細い針を使用して注入します。テープ麻酔、氷冷をおこなうことで痛みが緩和されますが、痛みに弱い方は静脈麻酔・ガス麻酔などで施術することも可能です。術後、内出血や涙袋の左右差が起こる可能性があります。左右差については追加注入をすることで緩和します。
元に戻したい場合はヒアルロニダーゼで溶かすことが可能です。

こんなお悩みに

・可愛らしい、優しい表情にしたい方
・目元に立体感が欲しい方

ダウンタイム/経過

2、3日はまれに内出血が出る場合がありますが、メイクでカバーできる程度で1週間前後で落ち着きます。
注入直後は腫れる場合がありますが1~2日で落ち着きます。

費用

0.3ccで2~3万円 1cc4~10万円 片側0.1cc~0.5cc注入が目安 

リスク・副作用

腫れ、痛み、内出血、アレルギー反応、しこり

目もとの治療

目もとの治療が受けられるクリニック

美容外科美容皮膚科
住所:東京都新宿区新宿3-19-4 MLJビル9階
最寄駅:JR新宿駅東口から徒歩3分
院長:小野 准平
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
形成外科美容外科美容皮膚科
住所:東京都港区港南2-5-3オリックス 品川ビル9F
最寄駅:JR品川駅 港南口徒歩約1分
院長:秦 真治
診療時間:10:00~20:00
休診日:年中無休
美容外科美容皮膚科
住所:東京都豊島区池袋2-6-1 KDX池袋ビル3F
最寄駅:JR池袋駅西口徒歩4分
院長:本間 重行
診療時間:9:00~18:00
休診日:年中無休

涙袋形成(涙堂形成)に関連する記事

  • 関連する記事はこれから登録されます。
PAGE
TOP