目尻切開とは

最終更新日:2020年10月26日

この記事は、よだ形成外科クリニック依田拓之 医師が監修しています。

目尻切開とは(概要・基礎知識)

目尻を切開して目を外側に向かって伸ばし、まぶたに隠れていた外側の白目が見えるようになることで目が大きくなります。細くキツイ印象を与えていた目を優しく柔らかい印象に変え、切れ長で大きな目を作り出して顔全体のバランスも整えます。
目尻切開術は単独で行われる場合もありますが、二重術、目頭切開、下眼瞼下制術(たれ目形成)などと組み合わせて行われることもあります。

目尻切開は様々な施術法がある中で、単純切開法・W法を用いられることが多いです。目頭切開と比べ目尻切開は、適応の段階で目尻の部分が相当程度覆われている必要があるため、単独での効果が見えにくい場合があります。眼球と目尻付近の下眼瞼の形によっては手術後結膜が浮いて見えて不自然に見えることがあります。
下眼瞼拡大術(グラマラスライン形成)を併用すると、目が外側、下方に拡大し相乗効果で目が大きくなります。下眼瞼拡大術を併用することで、目尻切開の効果の後戻りもより少なくなります。

目尻切開が向いている人(こんなお悩みに)

・目を大きくしたい方
・目の横幅を広げたい方
・切れ長の目にしたい方

施術の流れ

個人差はありますが、抜糸するまでの5~7日間は強い痛みや腫れをともないますが、抜糸後からメイクでカバー可能です。腫れが完全に引くまで約6カ月かかります。また白目が一時的にゼリー状に膨れますが消失します。

費用相場

19~25万円

リスクと副作用

腫れ、痛み、内出血、左右差、切りすぎ、アートメークの消失、不自然さ

監修: 依田拓之医師

よだ形成外科クリニック

東邦大学医学部卒業。形成外科医として経験を積み、美容外科院長を歴任。宮城県仙台市に2010年よだ形成外科クリニックを開業。2020年で開院10周年。
日本形成外科学会認定専門医の資格を持ち、現在では少なくなった総合的な美容医療を地域に提供しています。目元、鼻などの美容外科治療はもちろん、エイジングケア、美肌、男性・女性のAGA、男性診療まで幅広いメニューは安心してかかりつけ医にできそうです。

東邦大学医学部卒
東京警察病院形成外科入局
美容外科クリニック院長
よだ形成外科クリニック院長

目もとの治療

目もとの治療が受けられるクリニック

形成外科美容外科美容皮膚科
住所:東京都新宿区新宿3-19-4 MLJビル9階
最寄駅:東京メトロ丸の内線新宿駅B10サブナード17番出口徒歩30秒、新宿駅東口改札徒歩3分
院長:小野 准平
診療時間:10:00~19:00(予約制)
休診日:年中無休(年末年始を除く)
美容外科美容皮膚科
住所:東京都港区港南2-5-3オリックス品川ビル9F
最寄駅:JR品川駅港南口徒歩約3分、京急品川駅高輪口徒歩約5分
院長:秦 真治
診療時間:10:00~20:00
休診日:年中無休
美容外科美容皮膚科
住所:東京都豊島区池袋2-6-1 KDX池袋ビル3F
最寄駅:JR池袋駅西口C6出口徒歩1分、東京メトロ丸の内線、副都心線、有楽町線徒歩1分
院長:本間 重行
診療時間:9:00~23:00
休診日:年中無休

目尻切開に関連する記事

  • 関連する記事はこれから登録されます。

おすすめの関連記事

人気ランキング

おすすめランキング

Special Features

  • おすすめクリニック
  • 監修医師の美容医学記事
  • 美人女医
  • イケメン医師
  • mattとしのぶ
  • 水の森美容外科
  • 医療脱毛特集
  • アンチエイジング特集
  • アンチエイジング特集
  • しのぶ先生監修メディカルアートメイク特集
  • 女医図鑑
bnr_insta
PAGE
TOP