額形成術 に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

概要・効果

額形成術は、西洋人のように丸みのある額、凹凸のない額を形成する施術法です。美容整形では額形成術にはいくつかの方法がありますが、代表的なものを挙げるとすれば人工セメント、プロテーゼ、ヒアルロン酸注入です。

ヒアルロン酸注入は麻酔の使用はあるものの、メスを使わない施術法です。人工セメントやプロテーゼを使用した施術法は、額を切開し、丸みを形成していくのでダウンタイムが少し長めになります。

こんな方におすすめ

額を丸くしたい方、額と鼻筋とのラインを綺麗に整えたい方

額形成のメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

額形成のメリットは、術式が多いので予算や目的に合わせて施術を選ぶことができる、女性らしく丸みのある額になれることです。

デメリットは、切開を伴う術式の場合には毛髪で隠れるものの傷跡が残る場合があること、人工セメントを使用した場合には修正が難しいことなどが挙げられます。

額形成の失敗例

人工セメントが固まるときにやけどしたという失敗もあるので、医師選びには注意しましょう。また、一度施術すると修正が難しいのでデザインについて医師とよく相談してから施術を開始しましょう。

額形成の修正に関して

仕上がりが気になる場合には、施術した医師に早めに相談するようにしましょう。

額形成の名医とは

額形成のさまざまな施術法を熟知し、それぞれの方法での治療経験が豊富であること、額の輪郭のデザイン、センスが良く、患者さん一人一人に適した額形成法を提案してくれること、額の周りは神経が多いため施術が丁寧であることが名医の条件と考えられます。

関連する施術(機器)

こめかみ形成術前頭部(額)増大術 ハイドロキシアパタイト 前頭部(額)増大術 メタクリル酸メチル

メーカー ※医療機器の場合のみ

額形成の口コミ(体験談・評判)

額形成のCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

ヒアルロン酸注入:1本10万円程度
人工セメント、プロテーゼ:各70〜130万円程度

ダウンタイム

ヒアルロン酸注入:ほとんどなし
人口セメント、プロテーゼ:1〜2週間程度

痛み・腫れ

施術中はほとんどなし
施術後の腫れは、いずれも1週間程度

施術の流れ

ヒアルロン酸:カウンセリング→麻酔→デザイン→施術→クールダウン→当日帰宅

人工セメント、プロテーゼ:カウンセリング→クリーム麻酔→デザイン(→全身・局所麻酔)→施術→クールダウン→当日帰宅

FAQ

経過

人口セメントを使った施術:
術後翌日から洗顔、メイク可能、シャワーは当日から可能、入浴は3日後に許可される場合が多い
約1週間〜10日後に一度通院し、抜糸する

モニター

施術法指定、症例写真ありなど条件付きで募集あり

抜糸時期(※オペ系のみ)

施術法による

術後の洗顔・メイク

施術法による

施術時間の目安

人工セメント:約2時間
プロテーゼ:約30分

麻酔の種類

人工セメント:全身麻酔
プロテーゼ:局所麻酔

額形成術 と関連治療が受けられるクリニック

形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
最寄駅:東京メトロ丸ノ内線西新宿駅徒歩30秒
院長:中村 大輔
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:東京都中央区銀座1-3-9 マルイト銀座ビル3F
最寄駅:JR有楽町駅京橋口徒歩2分
院長:菅原 章隆
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:東京都港区六本木6-6-9 ピラミデ2F
最寄駅:東京メトロ日比谷線・都営大江戸線六本木駅徒歩3分
院長:伊藤 康平
診療時間:10:00~19:00
休診日: