ニキビ、ニキビ跡治療のコラム一覧

  • ハイドラジェントル(ハイドロピーリング)

    ハイドラジェントル(HYDRA GENTLE)は専用の機器によるトルネード水流によって毛穴の汚れ除去や美容成分の導入ができるモイスチャーピーリング用の機器です。

    穏やかな水流の力で肌表面の古い角質や毛穴の黒ずみ、角栓、皮脂などを除去し透明感のある肌に導きます。モイスチャーピーリングによって肌をクリーンな状態に整えた後、美容成分の導入を行うことでより高い美肌効果を実感できるのがメリットです。

    ピーリングには肌や毛穴に残った古い角質や老廃物を取り除く作用のあるグリコール酸や乳酸を配合した『水溶性AHA』、毛穴の汚れや黒ずみ、ニキビ改善、毛穴引き締めなどの作用があるサリチル酸、ラクトビオン酸を配合した『油溶性BHA』を使用します。

    それぞれのピーリングを行ったあとで美白効果のあるビタミンCやトラネキサム酸、毛穴を引き締める効果のあるグリシルグリシンのイオン導入を行います。施術後は肌のくすみ、ざらつき、毛穴の開きなどが改善され透明感のあるしっとりした肌を実感できます。

    ハイドラジェントルは刺激が少なく肌に負担をかけません。レーザー治療の前に実施することで、角質が除去されるとよりレーザーのエネルギーが作用しやすくなると言われています。

    この記事は、
    ルラ美容クリニック渋谷本院
    佐藤さゆり医師が監修しています。

  • ヴァンパイアフェイシャル

    ヴァンパイアフェイシャルとは自分の血液から採取したPRP(自己多血小板血漿)をダーマペンによって微細な傷がついた肌に塗布し浸透させることで肌質改善を行っていく治療法です。

    PRPは肌の再生療法で多く用いられています。血液の成分の一つである血小板は身体が傷を負って血が出た時に止血をし、傷ができる前の状態に戻すよう成長因子を作り出す働きをしています。そのためPRPは肌や体の組織の修復力や自然治癒力を高めるために効果的な成分といえるのです。

    ダーマペンで肌に無数の微細な穴をあけていくと、傷を直そうとする自然治癒力の力で肌内部にあるコラーゲンやエラスチンが増殖し、肌質改善が促されます。そこにさらにPRPを塗布することで、PRPの有効成分を肌の奥深くまで確実に届けることができます。そうすることで相乗効果で自然治癒力がさらに高まり、美肌へと導いていきます。

    PRPは自分の血液から採取された成分なので、治療の過程においてアレルギー反応を極めて起こしにくいというのもメリットの一つといえるでしょう。

  • ポテンツァ

    ポテンツァはRF(ラジオ波)を極細の針(マイクロニードル)の先端から照射する医療機器です。マイクロニードルの種類は13種類と豊富で、機械の照射設定と使用するマイクロニードルの組み合わせによりあらゆる肌のお悩みに対応可能です。

    ポテンツァには肌からニードルが抜けたタイミングで空気の力によって肌の奥深くに薬剤を均等に届けることができる独自の「ドラッグデリバリーシステム」が搭載されています。このシステムにより水光注射やダーマペンよりも多くの量の有効成分を肌内部に届けられるようになり、治療効果を高める大きな要因となっています。ドラッグデリバリーシステムの他に、ニードルが肌表面に傷を作り、さらにニードルの先端からRFが照射され熱エネルギーが加わることで、肌の外側と内側の両方に創傷治癒機能が働きます。その結果、コラーゲンやエラスチンの生成が活発になり、肌質改善の効果が期待できます。

    そして多くの治療法がニキビ跡やクレーターの改善に効果がある中で、ポテンツァは今あるニキビへの治療も可能となっています。1個1個のニキビに直接RFを流し、ニキビが作られる皮脂腺を破壊することでニキビを落ち着かせ、再発を予防することができるのです。

    また肝斑の治療にも効果的です。これまでの肝斑治療の主流であったトーニング等は肌内部のメラニン色素を除去することが目的でしたが、ポテンツァはメラニンを作るもとであるメラノサイト自体の働きを抑制することができるので今までの治療で効果が得られなかった方、再発してしまった方にも有効な治療法です。

    この記事は、
    La Clinique Shinjuku
    福田麻衣医師が監修しています。

  • ヴェルベットスキン

    ヴェルベットスキンはダーマペンとマッサージピールを組み合わせた美肌治療です。

    ダーマペンは毛穴の凹凸やニキビ、ニキビ跡の治療で人気の施術です。ダーマペンの先には16本の針がついており、この針は髪の毛よりも細い直径0.2mmの極細針です。それぞれが1秒間に120回もの振動で素早く皮膚に穴をあけていきます。穴をあけることで肌の修復過程でコラーゲンやエラスチンが生成され、肌質改善を促していきます。

    一方、マッサージピールはトリクロロ酢酸と過酸化水素、コウジ酸を主成分とした美容薬剤です。トリクロロ酢酸は肌の真皮層にある線維芽細胞を刺激してコラーゲンの生成を活発にする働きがあります。そして過酸化水素には炎症作用を軽減する働き、コウジ酸にはメラニンの生成を抑制する働きがあります。

    ダーマペンによって肌に穴があけられている状態でマッサージピールをなじませていくことで、肌のハリやツヤに作用する美容成分が皮膚の深いところまで届きやすくなり浸透率が上がります。その結果ニキビ跡やクレーター、開いた毛穴が改善され、くすみやシワのないピンとハリのあるお肌に導く効果が期待できます。

    この記事は、
    青山美容クリニック
    大谷万里子医師が監修しています。

  • サブシジョン

    サブシジョンとはニキビ跡のくぼみ、クレーターの治療法の一つです。

    ニキビ跡によって肌がくぼんでしまう原因はいくつかありますが、その原因の一つとして、ニキビ跡の下に固い線維が生じ、その線維が皮膚表面を下方向に引っ張ろうとすることが挙げられます。サブシジョンは皮膚の表面から針を刺し、ニキビ跡の下にある固い線維を物理的に断ち切り、皮膚表面を下方向に引っ張る力を遮断することによって、肌のくぼみを改善していきます。

    一般的に広範囲に浅く小さなくぼみが見られる場合にはレーザーやダーマペンが適応となりますが、それでは十分に改善が期待できない深いくぼみにはピンポイントでサブシジョンを行います。特に「ローリング型」といって開口部は4mm以上と広めでくぼみが丸みを帯びているタイプのニキビ跡のくぼみに効果的です。ニキビ跡が直角にくぼんでいる「ボックス型」もくぼみの深さがあれば適応となります。さらに表皮や真皮をこえて、皮下組織までくぼみが到達している「脂肪萎縮型」のニキビ跡の場合には、皮膚とその下にある固い線維とを断ち切った後にその間にヒアルロン酸を注入することもあります。これにより皮膚のくぼみを上に押し上げなめらかにしつつ、固い線維との再癒着を防ぐ効果が得られます。一方で、開口部が狭く(2mm以下)、真皮層まで深く点状にくぼむ「アイスピック型」のニキビ跡はサブシジョンでは効果が得られにくいです。

    以前は医療用の鋭い針で行われていましたが、現在はカニューレという先があまり尖っていない長さのある医療用の針を用いることが主流となっており、それにより内出血のリスクも軽減されています。

  • TCAクロス

    TCAクロスとは高濃度のトリクロロ酢酸(TCA)を用いたニキビ跡によるくぼみ、クレーターに対してピンポイントで行う治療法です。

    TCAを用いた治療法には他にもTCAピーリングがありますが、ピーリングで使用されるTCAの濃度は10〜15%と低く、古い角質を取り除いて、肌のターンオーバーを促進させることが目的となります。もちろん広範囲に塗布することが可能です。

    一方でTCAクロスで使用されるTCAの濃度は50〜100%と高濃度です。高濃度の酸の作用が加わることで、皮膚の表皮だけでなく、真皮の組織まで強制的に破壊されます。破壊された組織を再生する際にコラーゲン等の生成が促されることでニキビ跡によるくぼみ、クレーターを目立たなくしていきます。

    しかし、浅くて小さなクレーターについては治療適応外となり、開口部が狭く(2mm以下)、レーザーやダーマペンが届かない真皮層まで深く点状にくぼむ「アイスピック型」というニキビ跡に特に効果的となります。

  • ピコシュア

    ピコレーザーとはピコ秒(1兆分の1秒)でレーザーを照射することができる機械で、ピコシュアは世界で初めてサイノシュア社によって開発されたピコレーザーです。ピコレーザーはレーザーの照射時間が短いため、肌へ与える熱作用が少なく、その結果肌への負担が非常に少なく済むというメリットがあります。他社でもピコレーザーの開発はされていますが、アメリカのFDAからシミ、シワ、ニキビ跡、タトゥーの全ての分野で認可を受けているのはピコシュアのみとなります。

    一般的なピコレーザーは1064nm(ナノメートル)の波長が使用されていますが、ピコシュアは755nmの波長を使用するため、メラニン色素に対する吸光度は3倍と言われており、少ないエネルギーでダメージは最小限にしつつ、高い効果を得ることが可能となっています。

    そしてピコシュアは主に「ピコトーニング」、「ピコフラクショナル」「ピコスポット」の3種類のモードを使い分け、組み合わせていくことで様々なシミの種類や肌の状態に対応可能となっています。

    この記事は、
    ルラ美容クリニック渋谷本院
    佐藤さゆり医師が監修しています。

  • ピコフラクショナル

    ピコレーザーを使用してニキビ跡、毛穴の開き、エイジングケアに対応することができるのがピコフラクショナルです。

    レーザーで肌に目には見えない無数の穴を作り、肌の深いところでコラーゲンの生成を促すことでニキビ跡やちりめん皺に効果を発揮し、レーザーでつけた傷の創傷治癒効果で肌質を大きく改善させます。メラニン色素にも反応し、しみも改善され肌のトーンアップにつながります。

    従来のフラクショナルレーザーと比較し、組織への熱影響を少なく抑えることが可能になったので、痛みを最小限に抑え、麻酔なしでも施術を受けることができるようになりました。痛みに弱い方は麻酔クリームを使用して施術可能です。

    この記事は、
    表参道スキンクリニック 大阪院
    田中美紀医師が監修しています。

  • アグネス

    アグネスはラジオ波(RF)を用いて、ニキビの原因である皮脂腺を破壊することで、炎症をきたしにくくすることでニキビの根治へと導きます。
    ニキビに極細の針を刺してラジオ波を流すことで、皮脂腺を破壊し過剰な皮脂分泌を防ぎます。熱を加えることで真皮層にコラーゲンが生成され、肌の水分量と皮脂のバランスがとれるため肌トラブルも改善されやすくなります。

    保険診療で認可されている内服や外用剤に加えて、レーザー治療やピーリングなどの自費診療は基本的には治癒までに時間がかかるため挫折してしまうケースが多いです。それはニキビ自体が慢性的な炎症疾患だからです。アグネスでは患部一つひとつに直接施術を行うので、施術部位のニキビを構造変化によって改善することができます。

    施術前に炎症性ニキビがあればコメドの圧出を行い、その後アグネスで治療を行います。状態に応じて術後2~3日後に再度皮脂腺内に残っているものを排出する必要があります。ニキビの状態により異なりますが1~3ヶ月間隔で、3~5回ほど治療を繰り返すことで治療効果が高まります。

    この記事は、
    城本クリニック 立川院
    滝本磨理香医師が監修しています。

  • ケミカルピーリング

    ケミカルピーリングとは、グリコール酸やサリチル酸などの化学薬剤を顔に塗って、洗顔ではなかなか落とすことができない古い角質を取り除き、透明感のある肌に導く治療方法です。

    古い角質が除去され、正常なターンオーバーが促されることで薄いシミや軽度のシワなども改善、健やかな肌を保つ効果も期待できます。また、ニキビ跡の解消や角質が厚くなることによってできるニキビの予防にも効果を発揮します。

    ピーリングに使用する薬剤は肌トラブルによって異なります。 フルーツ酸(AHA)とも呼ばれるグリコール酸は肌のゴワつきやくすみの改善に。ニキビ菌を殺菌し、皮脂を溶かす作用のあるサリチル酸はニキビ治療に使用されます。

    ケミカルピーリングは刺激が強いというイメージをお持ちの方もいるかもしれません。しかし実際には穏やかな酸の力で古い角質をはがれやすくし、ごく軽度の炎症によって起こる表皮の再生作用を利用して本来のキメ細かい、ハリのある肌に整える治療です。イオン導入などの治療と組み合わせるとより効果的です。

    この記事は、
    しのぶ皮膚科
    蘇原しのぶ医師が監修しています。

  • ダーマペン

    肌の気になる部位に極細の針で穴を開けるカートリッジ式の美容医療機の名称であり、施術名でもあります。

    針で皮膚に穴を開けると、人間の体は針によってできた傷を修復しようと働きます。この治癒作用を利用したのがダーマペンです。修復の過程でコラーゲンやエラスチンが産出されることでお肌のハリもアップ。肌細胞が活性化するため、ニキビ跡や毛穴の開き、小じわ、くすみなどのお悩みも軽減させることができます。

    また、肌に微細な穴が開いた状態でプラセンタやトラネキサム酸、成長因子(グロースファクター)といった肌悩みにあった有効成分を肌に塗れば、浸透率はより高くなります。透明感のある肌、みずみずしい肌など、なりたい肌に近づくことが可能です。

    ダーマペンは手動で行うものも市販されていますが、セルフケアでは肌に垂直に当てることが難しく、満足な効果は期待できません。クリニックでは専用のマシンを使い、肌の状態に合わせて医師が針の穿刺深度や穿刺速度を設定するため、より安全に、かつ高い効果を得ることができます。

    この記事は、
    しのぶ皮膚科
    蘇原しのぶ医師が監修しています。

  • 炭酸ガスパック治療。ニキビ跡のケアにも◎

    世の中にはさまざまな美容方法があります。新しいものが次から次に生まれてくるため、追いかけるのが大変になったり、どんなものが本当に効果があるのかわからなくなってきたりするほどです。 今回はそのなかから、「炭酸ガスパック」を取り上げます。その効果はニキビ跡を始め、美肌やアンチエイジングのためのさまざまな症状に及びます。 目次 1.炭酸とはいったいどういうものか 2.炭酸ガスパックのもたらす美容効果とは 3.炭酸ガスパックと新陳代謝 4.炭酸ガスパックとニキビの関係について 5.炭酸ガスパックの料金と考え方 6.炭酸ガスパックに対する懐疑的な見方もある 7.まとめ 1.炭酸とはいったいどういうものか 私たちにとってなじみ深い「炭酸」ですが、これはそもそもどういったものなのでしょうか。まずはそこから見ていきましょう

  • ダーマローラー、ニューダーマローラー

    極細の針がついたローラーを肌の上で転がし、表皮~真皮に非常に無数の小さな穴をあけて、コラーゲンの生成を促す施術です。あけられた穴が治癒する過程でコラーゲン生成が促され、1~3カ月で肌にハリや弾力が生まれます。

    ダーマローラーには約200本の極微細なステンレスチールの針がついています。肌の表皮の厚さは一人一人異なるため、針の長さが異なるダーマローラーを使用して施術が行われます。真皮にできた穴が元に戻る過程でコラーゲンが増生され、肌のハリ改善のほか、小じわの解消、でこぼこになったニキビ跡の改善といった効果ももたらします。表皮の穴は数時間でふさがり、跡に残ることはありません。オプションとして、ダーマローラーの跡に皮膚再生因子を塗布するとより効果的です。

    なお、ダーマローラーの施術では、施術箇所のかゆみや赤み、一時的な色素沈着が起きる場合があります。顔など、服などで隠せない場所の施術を受ける際はスケジュールに余裕を持っておいた方が良いでしょう。より効果を実感するためには、2~6週間おきに3~5回程度の施術が目安です。

    この記事は、
    BIANCAクリニック銀座
    堀田和亮医師が監修しています。

  • ニキビ治療

    美容クリニックでのニキビ治療は、ニキビができた部位や年齢、状態によって最適な治療を選択していきます。間違ったニキビケアはニキビ跡を残す原因になることがあるので、早めにクリニックを受診して適切な治療を受けることが大切と言えるでしょう。

    思春期のニキビは過剰な皮脂が原因で起きていることが多くなっています。外用薬は保険適用のものも多く、炎症や皮脂の分泌を抑える内服薬や抗生剤などが処方されることもあります。

    一方、大人のニキビはホルモンバランスの乱れが原因であることが多く、ビタミンやホルモンバランスにアプローチする内服薬や外用薬が処方されます。大人ニキビの場合、皮脂を抑えるケアをすると肌が乾燥しすぎてしまうので注意が必要です。

    こうした一般的な治療の他に美容クリニックではレーザーやフォトフェイシャル、イオン導入、ピーリング、トレチノインやハイドロキノンの外用などの施術を組み合わせて段階的にニキビ治療をしていくことができます。また、洗顔料の選び方や、洗顔方法、必要な栄養素などについて教えてもらえるので、正しいホームケアを実践しやすくなるというメリットがあります。ニキビを繰り返さないためにも、早めに治療をスタートさせましょう。

    この記事は、
    いなばクリニック
    稲葉岳也医師が監修しています。

  • 光線治療(クロモライト)

    光線治療(クロモライト)は光エネルギーをスポットで照射することでニキビの原因であるアクネ菌を殺菌できることから、アクネライトと呼んでいるクリニックもあります。

    光線治療(クロモライト)の特徴はピンポイントに照射できるという点にあります。たくさんの波長の光が集合したパルスライトをダイレクトに照射し、アクネ菌を殺菌することで難治性のニキビや繰り返しできるニキビ、重度の赤ニキビなどにも効果を発揮します。

    さらにクロモライトの光にはコラーゲンの生成を促す作用やメラニンを除去する作用もあるため、ニキビ治療をしながら肌のコンディションを底上げしてトラブルが起こりにくい、丈夫な美肌に近づけるというメリットもあります。

    光のエネルギーがマイルドで肌への負担が少ないことから、ピーリングやイオン導入といった他のニキビ治療のための施術と組み合わせることも可能です。狙った箇所にのみ照射できるので、ヤケドや水ぶくれなどができるリスクも抑えられています。

  • イントラセル

    49本のフラクショナル状(点状、ドット状)の極細絶縁針がついたチップを皮膚の狙った深さに刺し、ラジオ波(RF)を照射する治療機器です。肌表面のダメージを最小限に、真皮層にのみ熱を届けることで真皮でのコラーゲンの生成を促進します。ニキビ跡や開いた毛穴、しわやたるみの改善効果、妊娠線や傷跡などを薄くする効果などが期待できます。

    イントラセルの熱エネルギーは真皮の浅い層から深い層まですべての層に作用し、即時的な肌のタイトニング効果と経時的なコラーゲン、エラスチンの生成の促進効果、両方を得ることができます。

    これまでニキビ跡治療でよく使われてきた他のレーザー治療と比較して、イントラセルは針をつかって真皮層へ直接エネルギーを届けるので肌表面にダメージを与えにくく、ダウンタイムが短縮できるのが特徴です。 

    ただし、イントラセルの治療は顔の部位によって最適な針の進達度を見極める必要があります。傷を残さないためにも治療経験の多い医師の施術を受けるようにしましょう。

    この記事は、
    ビスポーククリニック 福岡院
    五反田希和子医師が監修しています。

  • ブリッジセラピー(アンコア)

    アンコアは米ルミナス社のマシンの名称で肌再生を促し美肌に導く治療器です。気になる部分の肌に炭酸ガスレーザーで小さな穴をたくさん開けることで、細胞の自己再生能力を活性化。新しい皮膚への生まれ変わりを促し、肌の引き締め効果を得ることもできます。

    アンコアは深いニキビ跡、肌表面の凸凹が大きい、いわゆるクレーター肌の治療に向いています。従来のフラクショナルレーザーよりも出力が強力なため、深部まで到達し、1回の施術でも高い治療効果を実感することができるのがメリットです。

    「ブリッジセラピー」という名前はレーザーの影響を受けない正常な皮膚組織が損傷部位の周囲に橋をかけるように残り、やがてレーザーで開いた穴が埋まって健康な皮膚に生まれ変わっていくところからつけられました。

    照射密度や照射範囲のサイズ、熱の深達度を調整しオーダーメイドでの施術が可能です。従来のニキビ跡治療のためのレーザーと比較すると治療回数が少なくて済み、結果的にダウンタイムの期間も短くすることができます。

    この記事は、
    いなばクリニック
    稲葉岳也医師が監修しています。

  • eCO2(エコツー)

    肌に微細な穴を開けるフラクショナル炭酸ガスレーザーに、炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)を組み合わせた治療です。にきび跡や傷跡の改善と肌のハリ・弾力向上といったアンチエイジング治療を同時施術することができます。

    真皮まで到達したレーザーによって起こる創傷治癒作用によって、肌が新しく生まれ変わります。1回の治療で入れ替わるのは肌全体の約15~20%。ニキビ跡のピーリング以上の効果が期待でき、同時にホワイトニングやアンチエイジングなど幅広い肌悩みにも対応する治療のひとつです。

    また、eCO2はレーザーの照射面積や深達度を調整できます。ニキビ跡や傷跡の治療には狭く深めに設定し、高い効果を引き出す反面、しわやたるみ、くすみの改善などには広く浅めに設定して肌へのダメージを最小限に抑えることも可能です。

    eCO2のレーザーは波長が長く強力であるため、ダウンタイムはやや長めになります。これまでのフラクショナルレーザーやフォトフェイシャルなどで満足できなかった方におすすめの治療です。

    この記事は、
    いなばクリニック
    稲葉岳也医師が監修しています。

  • LEDダイオード治療(オムニラックス)

    医療用の発光ダイオードを光源とした治療機器です。肌トラブルごとに光の波長を変えたり、組み合わせたりしながら光を当てていくことで皮膚へのダメージを最小限にしながら安全に治療を行うことができるのが特徴です。

    ニキビ治療には青色のオムニラックスブルーと赤色のオムニラックスリバイブを使用します。ニキビの原因菌であるアクネ菌を殺菌し、炎症を抑える効果が期待できます。

    オムニラックスリバイブは細胞の活性化を促進するため、ニキビ跡の赤みを抑えるほか、発毛促進に用いられます。

    一方、黄色LEDによるオムニラックスプラスはリンパの流れを改善し、細胞を修復させる作用があるため、クマの軽減や小じわの解消などに用いられます。また、オムニラックスリバイブとオムニラックスプラスを合わせることで、お肌の若返りを図ることが可能です。

    このように、LEDダイオード治療は、様々な肌悩みに広く対応しています。アメリカFDAでも認可を取得しているので安全性でも信頼できる施術法と言えるでしょう。

    この記事は、
    いなばクリニック
    稲葉岳也医師が監修しています。

  • アイソレイズ

    皮膚吸引と光照射を組み合わせた美容医療機器です。この二つを組み合わせた治療法を「フォトニュマティックセラピー」とも呼び、ニキビ、赤ら顔、毛穴の開きの改善、アンチエイジングなどさまざまな肌悩みに対応しています。

    アイソレイズでは皮膚を吸引しながら光を照射していきます。まず、毛穴に詰まった皮脂や角栓を除去してから光が照射されるため、毛穴がきれいになって引き締ります。さらに吸引によって肌が伸展して薄くなると、弱いレベルの光であっても肌の深い層に到達することができます。これによってダメージや痛みは最小限に抑えつつ、より高い効果が期待できるようになりました。

    また、アイソレイズの光にはニキビ菌を殺菌する効果があり、初期段階から炎症を起こしたニキビまであらゆる段階のニキビに対応しています。

    専用ピースは、ニキビ治療に用いられる400nm(ナノメートル)のチップ、シミや色素沈着や赤ら顔などの改善に用いられる美肌治療用の530nmのチップ、脱毛に用いられる580nmのチップの3種類があり、それぞれ目的に応じて使い分けることが可能です。

  • インフィニハイブリッド

    Superficia Fractional RF(フラクショナルRF)とMicroneedle Fractional RF(マイクロニードルRF)という2つのRFを搭載した美容医療機器です。

    この2つを搭載することで、表皮と真皮の両方に働きかけることができ、ニキビ跡や開いた毛穴の改善のほか、リフトアップやしわ・たるみの改善、多汗症治療などを1台で行うことができます。

    フラクショナル照射では最新の3Dフラクショナル技術により、痛みを抑えて肌の内側に照射することを可能にしました。表皮にダメージを与えることがないため、ダウンタイムを考慮する必要もありません。また、真皮にアプローチすることで即時的なタイトニング効果のほか、熱による線維芽細胞への刺激によって経時的なコラーゲン、エラスチンの生成作用が得られ、肌の質感が向上します。

    もちろん、コンビネーション治療だけではなくリフトアップだけ、ニキビ跡治療だけといったポイントを絞ったアプローチも可能です。

  • カーボンピーリング(レーザーピーリング)

    マックスピーリング、マックスピールとも呼ばれる毛穴専用の施術法です。カーボン(炭素)微粒子状を含んだローションやクリーム、ジェルなどを肌に塗布して毛穴に詰めて、黒い色に反応するQスイッチヤグレーザーを低出力で照射し、レーザーピーリングしていく施術法です。

    レーザーを照射すると瞬時に肌表面のカーボンが蒸散し、角栓や角質、産毛などが一緒に除去されて毛穴が引き締ります。肌のキメが整い、滑らかになるだけではなく与えられた熱によって線維芽細胞が活性化され、コラーゲン生成が促進して肌にハリや弾力が戻ってきます。また、過剰な皮脂の分泌やニキビ菌の働きを抑制し、ニキビ肌の改善にもつながります。

    レーザー照射時にバチバチと激しい音がしますが、肌へのダメージは少なく、痛みは我慢できる程度。他の治療と組み合わせることもできます。また、赤みや腫れなどもほとんどなく治療後すぐにメイクできるほどダウンタイムが軽いのが特徴です。

    この記事は、
    いなばクリニック
    稲葉岳也医師が監修しています。

  • 乳酸ピーリング

    古い角質をはがす効果のある肌に優しい乳酸を使用して行うケミカルピーリングの一種です。肌への浸透がよく、色素に対して高い効果を発揮しますので、メラニン色素が原因のシミやくすみの抑制に役立ちます。使用する乳酸はヨーグルトや乳清を発酵させ、その一部を抽出した基材です。

    乳酸は古い角質や毛穴に詰まった皮脂などをきれいに除去します。このことで肌のターンオーバー(新陳代謝)が整い、コラーゲンやセラミドの生成が促され、肌が本来のみずみずしさを取り戻します。肌のくすみも解消し、ツヤと弾力のある手触りが戻ってきます。顔や背中のニキビ跡改善にも役立ちます。

    乳酸ピーリングでは、PH(酸性度をあらわす単位)と濃度(乳酸が配合されている濃度)を医師が調整します。お肌の弱い方は10%からスタート、グリコール酸によるピーリングでもトラブルがない丈夫な肌の方は30%など、肌に合った濃度を選ぶことが可能です。イオン導入と組み合わせてさらに高い美肌効果やニキビ予防効果を目指すこともできます。

    この記事は、
    クリントジュネス
    黒田愛美医師が監修しています。

  • ニキビ跡を消す方法を自宅ケアから美容皮膚科まで

    ポツンとできた白ニキビは、ニキビの初期段階の状態です。そして、この状態のまま自然に治ってしまうこともありますが、そのときの体調や外部からの刺激などにより、黒ニキビから赤味を帯びた赤ニキビへと変化し、さらにその状態を放置していると化膿した黄ニキビへと変化します。 そして、状態が黄ニキビまで進行してしまうと皮膚を突き破って膿が出てくるようになり、最悪の場合には跡が残ってしまうことがあります。 それでは、ニキビ跡を治す方法やニキビ跡はどこまで消すことができるのかということについて、考えていくことにしましょう。 もくじ 1.ニキビ跡とは? 2.ニキビを悪化させると? 3.簡単、自分でできるケア方法 4. 市販薬による治療法のメリット・デメリット 5. 美容皮膚科的治療法のメリット・デメリット 6. ニキビを再発させないた

Go to Top