サブシジョンとは(概要・基礎知識)

サブシジョンとはニキビ跡のくぼみ、クレーターの治療法の一つです。

ニキビ跡によって肌がくぼんでしまう原因はいくつかありますが、その原因の一つとして、ニキビ跡の下に固い線維が生じ、その線維が皮膚表面を下方向に引っ張ろうとすることが挙げられます。サブシジョンは皮膚の表面から針を刺し、ニキビ跡の下にある固い線維を物理的に断ち切り、皮膚表面を下方向に引っ張る力を遮断することによって、肌のくぼみを改善していきます。

一般的に広範囲に浅く小さなくぼみが見られる場合にはレーザーやダーマペンが適応となりますが、それでは十分に改善が期待できない深いくぼみにはピンポイントでサブシジョンを行います。特に「ローリング型」といって開口部は4mm以上と広めでくぼみが丸みを帯びているタイプのニキビ跡のくぼみに効果的です。ニキビ跡が直角にくぼんでいる「ボックス型」もくぼみの深さがあれば適応となります。さらに表皮や真皮をこえて、皮下組織までくぼみが到達している「脂肪萎縮型」のニキビ跡の場合には、皮膚とその下にある固い線維とを断ち切った後にその間にヒアルロン酸を注入することもあります。これにより皮膚のくぼみを上に押し上げなめらかにしつつ、固い線維との再癒着を防ぐ効果が得られます。一方で、開口部が狭く(2mm以下)、真皮層まで深く点状にくぼむ「アイスピック型」のニキビ跡はサブシジョンでは効果が得られにくいです。

以前は医療用の鋭い針で行われていましたが、現在はカニューレという先があまり尖っていない長さのある医療用の針を用いることが主流となっており、それにより内出血のリスクも軽減されています。

サブシジョンが向いている人(こんなお悩みに)

・ニキビによる肌のくぼみ、クレーターが気になる方
・レーザーやダーマペンで肌のくぼみが改善しなかった方
・水疱瘡の跡が気になる方

ダウンタイム/経過

治療後は治療部位にガーゼを貼り圧迫をします。メイクや洗顔は翌日から可能です。治療後は腫れや赤みが出やすいため、十分に冷やすことが効果的です。

費用

1箇所10,000〜66,000(税込)

リスク・副作用

・内出血(1〜2週間程度)
・腫れ・赤み(1〜2週間程度)

美容皮膚科(シミ、しわ、毛穴、ニキビ治療等)の他の治療

美容皮膚科(シミ、しわ、毛穴、ニキビ治療等)の治療が受けられるクリニック

  • 住所: 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
  • 最寄駅: JR新宿駅西口徒歩10分 、東京メトロ丸の内線西新宿駅直結、都営地下鉄大江戸線都庁前駅徒歩5分
  • 院長: 中村 大輔
  • 診療時間: 10:00~19:00
  • 休診日: HP等でご確認ください。
  • 住所: 東京都港区港南2-5-3オリックス品川ビル6F
  • 最寄駅: JR品川駅港南口徒歩約1分
  • 院長: 清水 脩介
  • 診療時間: 10:00~20:00
  • 休診日: 年中無休
  • 住所: 東京都港区六本木6-6-9 ピラミデ2F
  • 最寄駅: 東京メトロ日比谷線、都営大江戸線六本木駅徒歩3分
  • 院長: 伊藤 康平
  • 診療時間: 10:00~19:00
  • 休診日: 年中無休

美容皮膚科(シミ、しわ、毛穴、ニキビ治療等)に関連する記事

  • 自由が丘ロジエクリニック 坂戸純子医師【美人女医インタビュー第二十一回】

    美人女医インタビュー、今回は東京で昔から人気の街、目黒区の自由が丘にある自由が丘ロジエクリニックの坂戸純子院長です。 大学は建築学科に入り、そこから医学部を受け直したという珍しい経歴。美容医療に対する並々ならぬ熱い思いを語ってくれました。 ご自身の結果がでた美容法を全公開!ワークライフバランスや女性の働きかたについての考えは示唆に富んでいます。それではどうぞ! 父の仕事を尊敬していて、自分も将来そういった医師になって人を助けたいと思いました ーまずお医者さんを志した理由を教えていただけますでしょうか。 坂戸先生(以下S):親戚や父が医師で、小さい頃からそばで父の仕事を見ておりました。病気の患者様を父が手術することによって病気が治り、元気な姿で退院、そして社会復帰していくお話をよく聞いていたのですが、私も将来は人を助けられる医師になりたいと思っておりました。 また、教育用の手術

    この記事は、
    自由が丘ロジエクリニック
    坂戸純子医師が監修しています。

  • 表参道スキンクリニック 大阪院 田中美紀医師【美人女医インタビュー第四十六回】

    人気企画「美人女医インタビュー」第四十六回は、東京表参道、名古屋、大阪、沖縄に展開している、表参道スキンクリニック大阪院の田中美紀(たなかみき)先生です。 中学時代に通った皮膚科で美容治療をやっていて、それに感銘を受け、皮膚科医の道へ。美容に対して、医師としてはもちろん個人としてもストイックな感じがビンビン伝わってきました。美容に関して、数多くのことを試した結果、田中先生がイマおすすめする美容法とは!? クリニックでの肌治療だけでなく、自宅でのケアにも重きをおく姿勢など、美肌を目指すすべての方に読んでいただきたいインタビューです。 とにかくパワフルで、3人のお子さんの子育て、スケジュールいっぱいの予定、ミスコン出場など多趣味の内容も公開!仕事、人生に対する姿勢は、ワーママでなくても参考になりそうです! 目次 ・医師を志した理由 ・大学卒業後の経歴 ・美容医療

    この記事は、
    表参道スキンクリニック 大阪院
    田中美紀医師が監修しています。

  • ほくろ・イボ除去のエルビウムヤグレーザーとは

    ほくろやイボの除去に用いられるレーザーがエルビウムヤグレーザーです。痛みが少なく、麻酔なしでほくろの除去ができる唯一のレーザーであると言われています。単に「エルビウムレーザー」と呼ばれることも。 「普通のヤグレーザーとどう違うの?」という疑問を持った方もいるのではないでしょうか。ここではエルビウムヤグレーザーについて詳しく説明していきます。 目次 1.麻酔なしでほくろが取れる?エルビウムヤグレーザーとは 1-1.エルビウムヤグレーザーとは 1-2.エルビウムヤグレーザーの効果 1-3.エルビウムヤグレーザーの副作用・デメリット 1-4.エルビウムヤグレーザーの経過 1-5.エルビウムヤグレーザーダウンタイム 2.エルビウムヤグレーザーの施術 2-1.エルビウムヤグレーザーの施術プロセス

    この記事は、
    いなばクリニック
    稲葉岳也医師が監修しています。

  • スキンリファインクリニック吉祥寺 藤林万里子医師【美人女医インタビュー第三十二回】

    人気企画「美人女医インタビュー」第三十二回は東京の吉祥寺、銀座、広尾に展開するスキンリファインクリニックの吉祥寺院長、藤林万里子(ふじばやし まりこ)先生です。 中学高校をアメリカで過ごし、慶應義塾大学環境情報学部でコンピュータアートとコンピュータミュージックを学び、IT系コンサルに就職、そのあと医学部へ進学された才女藤林先生。猛勉強ではなく、医学部を通過してしまうその頭脳明晰さと美容に対する飽くなき探究心は、患者様から信頼され、憧れの対象となっています。 藤林先生の美容施術体験と治療から導き出された考え方は今後治療を検討される方に必ず参考になるはず。ではインタビューをどうぞご覧ください! ※この記事は藤林先生がスキンリファインクリニック吉祥寺に在籍されていた当時の記事です。 医学部受験に向けて、専門的な内容を復習するには時間が足りなくて、もう無理かなと思い医学部への進

    この記事は、
    東京美容外科 東京銀座院
    藤林万里子医師が監修しています。

  • X CLINIC 酒井知子医師【美人女医インタビュー第三十九回】

    人気企画「美人女医インタビュー」第三十九回は東京渋谷区・恵比寿にあるX CLINICの副院長、酒井知子(さかい ともこ)医師です。 管理栄養士から医師という異色の経歴をもつ酒井医師。女医ママとして日々施術と育児に奮闘しています。二重術、豊胸術などデザインにもこだわりを持ち、女性目線と説得力あるカウンセリングには定評があります。 レストラン顔負けの丁寧な料理や華やかなテーブルメイキング、インテリアコーディネートの写真満載のインスタグラム経由のファンも多数いるそう。 そんな酒井医師が実際にコンプレックスを払拭した数々の美容施術体験のお話、大手美容外科からX CLINIC参画への経緯、気になるプライベートもしっかり話してくれたインタビューをご覧ください! ※この記事は酒井先生がX CLINICに在籍されていた当時の記事です。 目次 ・医師を志した理由は? ・大学

    この記事は、
    NEXUS clinic
    酒井知子医師が監修しています。

  • 八重洲形成外科・美容皮膚科 原かや医師【美人女医インタビュー第四回】

    美容医療に携わる美人女医の熱い想いをインタビュー形式で聞く連載第四回目です。 今回は東京駅近くの八重洲形成外科・美容皮膚科の原かや院長です。 形成外科から美容領域進出の経緯、現在でも診療にあたる大学病院と開業医の違いなどを語ってもらい、興味深い内容になりました。インタビューから、その真摯な想いが伝わってきますね。 手術や熱傷治療の傍らで、私の心を奪ったのは当時最先端の機器を揃えたレーザー治療です Q.1最初に医者の道を志そうと思ったのはなぜですか? 親族に医者が多く、小さな頃から空の注射器をおもちゃ替わりにしていたり、医者という存在が身近だったという点が大きいと思います。子供心に一族から頼りにされている叔父達の姿が格好良く映ったのだと思います。幼稚園の頃のアルバムに「将来の夢はお医者さんになること」と書いていました。 また、手塚治虫氏のブラックジャックというマンガが好きで

    この記事は、
    八重洲形成外科・美容皮膚科
    原かや医師が監修しています。

の治療カテゴリ

スポンサーリンク