Menu

美容整形の相談・紹介

検索

無料メール相談 24時間OK

ダーマローラー に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

[ ダーマローラー ]

概要・効果

ダーマローラーは、極細の針が200本ほどついたローラーです。ダーマローラーを肌の上で転がすことにより、表皮~真皮に非常に小さな穴をあけます。あけられた穴が治癒する過程で様々な物質が分泌され、コラーゲン生成も促されます。個人差はありますが、1~3カ月で肌にハリや弾力が生まれます。

ダーマローラーによる治療は、ダーマローラー単体でも充分効果を得られますが、成長因子やヒアルロン酸、ビタミンCなどを導入することで、さらなる美肌効果を得やすくなります。ただし、たいていのクリニックではオプションとして別料金となります。
どんな成分が適しているかはカウンセリング時に相談できますので、医師に確認してから行いましょう。

ダーマローラー施術後は、約2か月かけてコラーゲンが増えていきます。そのため、即効性という意味では弱い施術です。しかし、自分自身のコラーゲンを徐々に増やしていくので効果が長続きしやすく、見た目も自然というメリットがあります。
また、レーザーの場合は肌の色によって受けられないことがありますが、ダーマローラーは肌の色や質に左右されにくいのも特徴の1つです。

ダーマローラーの施術では、施術箇所のかゆみや赤み、一時的な色素沈着が起きる場合があります。顔など、服などで隠せない場所の施術を受ける際はスケジュールに余裕を持っておいた方が良いでしょう。なお、ダーマローラーで凸凹の少ないなめらか肌に改善するためには、2~6週間おきに3~5回程度の施術が目安です。

なお、電動で皮膚に穴をあけるニューダーマローラーという機種もあります。

こんな方におすすめ

ハリ・弾力のある肌に改善したい方、毛孔性苔癬(二の腕や背中などにあるぷつぷつ)、ニキビ跡、毛穴の開き、妊娠線、セルライトなどを改善したい方

ダーマローラーのメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

メリットは、ダウンタイムが短いこと、肌の色を選ばないこと、傷跡が残りにくいことです。

デメリットは、かゆみや赤み、一時的な色素沈着が出てしまうリスクがあります。また、効果が実感できるまでにやや時間がかかります。

ダーマローラーの失敗例

効果が得られなかったり、傷跡や色素沈着が残ってしまう場合などです。

ダーマローラーの修正に関して

ダーマローラーの失敗や副作用が出てしまった場合は、まず執刀医に相談しましょう。

ダーマローラーの名医とは

ダーマローラーは、針の長さや圧の強さ、導入する成分によって効果が異なってきます。皮膚科での勤務経験や知識があることはもちろんですが、ダーマローラーでの臨床経験の多さも重要です。また肌の悩みによってはダーマローラー以外の治療が適している場合もあります。これらを正確に判断できるためにも、皮膚の美容に精通している医師が望ましいでしょう。

関連する施術(機器)

水光注射イオン導入フォトフェイシャル(IPL)

メーカー ※医療機器の場合のみ

Dermaroller S.A.R.L. (ドイツ)

ダーマローラーの口コミ(体験談・評判)

ダーマローラーのCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

顔全体で1回5万円前後

ダウンタイム

ほぼなし

痛み・腫れ

2~3日程度赤みがでることがある

施術の流れ

カウンセリング→洗顔(※)→施術→保湿・鎮静→当日帰宅
※施術箇所が顔の場合のみ

FAQ

経過

モニター

あり(3割引~無料)

抜糸時期(※オペ系のみ)

術後の洗顔・メイク

施術時間の目安

顔全体で30分程度

麻酔の種類

クリーム麻酔(麻酔なしで行うクリニックもある)

ダーマローラーに関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
≪ 美容施術一覧へ戻る

人気ランキング

おすすめランキング

話題のキーワードで検索

キーワード一覧
無料メール相談