イントラセル に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

概要・効果

イントラセルは、ニキビ跡や毛穴の改善に高い効果のある治療法です。また間接的にしわやたるみの改善にも期待できる「針を使った新しい治療法」です。

イントラセルは、49本のフラクショナル状(点状、ドット状)の極細絶縁針がついたチップを皮膚の狙った深さに刺し、そしてラジオ波(RF)を照射することで、肌表面にダメージを与えずに確実に真皮層まで熱を届けることができるのが特徴です。

これまでニキビ跡治療でよく使われてきたフラクショナルレーザーは、肌表面にも熱によるダメージを与えてしまうため、ダウンタイムが数日必要でした。しかし、イントラセルは針をつかって真皮層へ直接エネルギーを届けるので、肌表面にダメージを与えにくく、ダウンタイムが短縮できるのが特徴です。

こんな方におすすめ

ニキビ跡や毛穴の開きが気になる方、クレーター肌が気になる方

イントラセルのメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

メリットは、ニキビ跡の中でも治療が困難といわれる陥没性ニキビ跡に効果が期待できること、何度も通院が必要となるレーザー治療が多い中、1、2回で効果が実感できる人が多いことです。

デメリットは、肌質や体質によっては効果が実感しづらい方もいること、1回にかかる費用が従来のレーザー治療より高めであること、施術中に痛みを伴うため麻酔の必要があることです。

イントラセルの失敗例

効果があまり感じられなかったという人や、赤みが1週間以上続いて日常生活に支障が出たという声も一部ありますが、施術は医師の腕によるところが大きいので医師選びが重要になります。
また、敏感肌で赤みの出やすい体質かどうかなどあらかじめチェックしておくことでトラブルを避けることができます。

イントラセルの修正に関して

手術ではないので修正などはありません。

イントラセルの名医とは

治療が難しいとされるニキビ跡治療を熟知している医師であること、マシンをやけどなどの事故なく取り扱えるのはもちろん、施術後に痛みや赤みがでるのでアフターフォローもおこなってくれる医師やクリニックを選びましょう。

関連する施術(機器)

フラクショナルレーザーケミカルピーリング ポラリス

メーカー ※医療機器の場合のみ

ジェイシス社

イントラセルの口コミ(体験談・評判)

イントラセルのCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

顔全体で約20万円程度が相場

ダウンタイム

痛みや腫れは3日程度、赤みは1週間程度

痛み・腫れ

施術中に痛みを感じる人が多いが局所麻酔で対応する
赤みがでるが数日でおさまる

施術の流れ

カウンセリング→麻酔→施術→保湿、クーリング→当日帰宅

FAQ

経過

継続治療する場合は2〜3カ月あける

モニター

募集あり

抜糸時期(※オペ系のみ)

術後の洗顔・メイク

治療当日はメイクを控える。洗顔は当日から可能だが優しく洗うこと

施術時間の目安

1時間半程度

麻酔の種類

クリーム麻酔など

イントラセル と関連治療が受けられるクリニック

美容皮膚科
住所:東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエアプラザ2F
最寄駅:JR恵比寿駅西口より徒歩8分
院長:城野 親徳
診療時間:10:30~12:30 15:00~17:30
休診日:祝
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-252 ユニオンビル7F
最寄駅:JR大宮駅西口徒歩5分
院長:木塚 雄一郎
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容皮膚科
住所:大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル6F
最寄駅:JR大阪駅「中央改札口」徒歩約7分
院長:棚田祐助
診療時間:10:00~20:00
休診日:

おすすめの関連記事

人気ランキング

おすすめランキング

bnr_insta