ケミカルピーリングとは(概要・基礎知識)

ケミカルピーリングとは、グリコール酸やサリチル酸などの化学薬剤を顔に塗って、洗顔ではなかなか落とすことができない古い角質を取り除き、透明感のある肌に導く治療方法です。

古い角質が除去され、正常なターンオーバーが促されることで薄いシミや軽度のシワなども改善、健やかな肌を保つ効果も期待できます。また、ニキビ跡の解消や角質が厚くなることによってできるニキビの予防にも効果を発揮します。

ピーリングに使用する薬剤は肌トラブルによって異なります。 フルーツ酸(AHA)とも呼ばれるグリコール酸は肌のゴワつきやくすみの改善に。ニキビ菌を殺菌し、皮脂を溶かす作用のあるサリチル酸はニキビ治療に使用されます。

ケミカルピーリングは刺激が強いというイメージをお持ちの方もいるかもしれません。しかし実際には穏やかな酸の力で古い角質をはがれやすくし、ごく軽度の炎症によって起こる表皮の再生作用を利用して本来のキメ細かい、ハリのある肌に整える治療です。イオン導入などの治療と組み合わせるとより効果的です。

ケミカルピーリングが向いている人(こんなお悩みに)

・肌のゴワつき、くすみが気になる方
・ニキビ跡を薄くしたい方
・薄いシミにお悩みの方
・浅い小じわが気になる方
・ベタつきや毛穴の開きが気になる方

ダウンタイム/経過

施術直後は肌が赤くなることがあります。日焼けをしないように注意しましょう。サリチル酸は翌日以降メイク可能です。
症状に応じて2~4週間に1回の治療を繰り返すと効果的です。

費用

顔全体で1回9,000円~22,000円程度 使用する薬剤によっても異なります。

リスク・副作用

術後、まれに肌に赤みが残ることがあります。

監修:

蘇原しのぶ医師

しのぶ皮膚科

東海大学医学部卒業。皮膚科医として大学病院で経験を積み、都内の皮膚科にて副院長を歴任。2016年しのぶ皮膚科開院し院長に就任。
しのぶ皮膚科では、一般皮膚科治療はもちろん、美容治療はヒアルロン酸注入を中心に、先生目当てに患者様が来ている。安心してリピートできるクリニックとして人気に。さまざまなSNSで積極的に発信、テレビ出演も多数。

日本アンチエイジング外科・美容再生研究会認定医
日本皮膚科学会会員など

東海大学医学部卒
北里大学皮膚科
獨協大学皮膚科
新宿皮フ科副院長
しのぶ皮膚科院長

美容皮膚科(シミ、しわ、毛穴、ニキビ治療等)の他の治療

美容皮膚科(シミ、しわ、毛穴、ニキビ治療等)の治療が受けられるクリニック

  • 住所: 東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエアプラザ2F
  • 最寄駅: JR恵比寿駅西口徒歩8分
  • 院長: 城野 親徳
  • 診療時間: 月~土曜9:30~19:00、日9:30~18:00
  • 休診日: 年末年始、祝
  • 住所: 埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-252 ユニオンビル7F
  • 最寄駅: JR大宮駅西口徒歩5分
  • 院長: 伊藤 哲郎
  • 診療時間: 10:00~19:00
  • 休診日: 年中無休
  • 住所: 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
  • 最寄駅: JR新宿駅西口徒歩10分 、東京メトロ丸の内線西新宿駅直結、都営地下鉄大江戸線都庁前駅徒歩5分
  • 院長: 中村 大輔
  • 診療時間: 10:00~19:00
  • 休診日: HP等でご確認ください。

美容皮膚科(シミ、しわ、毛穴、ニキビ治療等)に関連する記事

  • KUMIKO CLINIC 鈴木るり子医師【美人女医インタビュー第三十四回】

    人気企画「美人女医インタビュー」第三十四回は痩身治療と注入治療をメインに、2019年に5周年を迎えた東京・日比谷のKUMIKO CLINICの鈴木るり子(すずきるりこ)先生です。 優しい口調と柔らかな雰囲気が印象的で、内科医10年の経験から、美容へ移り、痩身治療については内科医の経験があるからこそできる内側からのアドバイスを大事にされているとのこと。男性も女性も一度はダイエットの相談をしてみたい、そんな先生です。下島院長との対談ではご自身のダイエット経験、痩せる秘訣もバッチリ伝えていただきました。ではインタビューどうぞ! 最新のGLP-1治療、クールスカルプティングなど医療痩身Special[美人女医]対談!下島久美子先生✕鈴木るり子先生(KUMIKO CLINIC) 父が医師だったので幼い頃から医師という職業は身近に感じていました ー医師を志した

    この記事は、
    KUMIKO CLINIC
    鈴木るり子医師が監修しています。

  • オバジニューダームの効果・使い方など。自宅で簡単美肌ケア

    ドラッグストアやバラエティショップなどで人気のあるコスメライン、オバジ(Obagi)シリーズ。高濃度ビタミンCの美容液を使ったことのある方も多いのではないでしょうか。このオバジシリーズのワンランク上のライン、オバジメディカルの中で人気が高いのが「オバジニューダーム」です。効果が高いものの、ダウンタイムが長いことで知られ「使ってみたいけれど、怖い」という人が多いこのライン。ここでは、今注目のオバジニューダームについて詳しく解説していきます。 目次 1.ダウンタイム後は驚きの美肌に?オバジニューダームの効果とは 1-1.オバジニューダームとは 1-2.オバジニューダームの効果 1-3.オバジニューダームの使い方 1-4.オバジニューダームの副作用 1-5.オバジニューダームの口コミ 2.オバジニューダ

    この記事は、
    よだ形成外科クリニック
    依田拓之医師が監修しています。

  • 水の森式ヒアルロン酸リフトを竹江総院長が詳細解説

    従来のヒアルロン酸注入とは異なり、“埋める”ではなく、“引き上げ”(リフトアップ)の概念で施術を行うヒアルロン酸リフト。現在テレビや雑誌でも取り上げられ、注目されています。水の森美容外科総院長の竹江先生にヒアルロン酸リフトについて、他のエイジング治療との比較もまじえながら、わかりやすく解説していただきました。 今までのヒアルロン酸治療とは何が違うの?糸のリフトの方が効果的なのでは?そんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。治療の根本的な考えから丁寧に説明されているので、初めてエイジングケア治療を検討されている方は必見。40代後半男性のモニターさんによるビフォーアフターの写真付きで、女性だけではなく男性の中高年層にも興味深い内容になっています! 顔全体のリフトアップは手術というケースが多かったのが、ヒアルロン酸注入で対応できるように進化しました ー今回はエイ

    この記事は、
    水の森美容外科 名古屋院
    竹江渉医師が監修しています。

  • マイヤーズカクテルの効果とは。クリニック独自の配合も

    美容成分や疲労回復成分を血管に直接注入することで、体にいい成分をダイレクトに取り込める美容点滴。プラセンタ点滴やにんにく点滴などが有名ですが、不足しがちなビタミンやミネラルを点滴するマイヤーズカクテルも根強い人気のある治療方法です。日本での知名度はプラセンタ点滴などに比べると低めですが、アメリカでは古くから実施されていた点滴で安全性と信頼度の高い治療になっています。ここではマイヤーズカクテルについて詳しくお話していきます。 目次 1.副作用のないアンチエイジング点滴・マイヤーズカクテルとは 1-1.マイヤーズカクテル点滴とは 1-2.マイヤーズカクテルの成分 1-3.マイヤーズカクテルの効果 1-4.マイヤーズカクテルの副作用と治療を受けられない人 2.クリニックにおけるマイヤーズカクテル点滴の現状 2-1.

  • ダーマローラーの効果や費用は。ニキビ跡、毛穴改善に

    肌がもつ本来の機能にはたらきかけて肌質を根本的に変えていく画期的な方法、ダーマローラー。でこぼこになっているニキビ跡や開いた毛穴といった化粧品を使ったケアでは解消できないトラブルを改善してくれるとして人気の高い施術です。最近は自宅でできるダーマローラーも販売されているので興味を持っている方も多いのではないでしょうか。ここではダーマローラーについて詳しくお話していきます。 目次 1.肌質を根本改善!ニキビ跡や妊娠線にも効くダーマローラーとは 1-1.ダーマローラーとは 1-2.ダーマローラーの効果 1-3.ダーマローラーのメリット 1-4.ダーマローラーのデメリット・副作用とダウンタイム 2.ダーマローラーを受ける方法 2-1.ダーマローラーはセルフでできる? 2-2.美容クリニックでのダーマロ

  • 八重洲形成外科・美容皮膚科 伊藤和子医師【美人女医インタビュー第十九回】

    長期連載企画「美人女医インタビュー」第十九回は、東京駅八重洲中央口から徒歩2分、八重洲形成外科・美容皮膚科の伊藤和子先生です。もともと形成外科で乳房の再建などに携わり、その後美容領域へ。インタビューは苦手とおっしゃってましたが、常に笑みを絶やさず、丁寧に伝えようという姿勢が印象的でした。女性特有の症状の相談も多く、言いにくいこともなんでも相談できそうな雰囲気がしました。 皮膚科、形成外科を志したのは、目に見えるものを治療していきたいという気持ちが強かったのが理由です ー最初にまずお医者さんを志した理由を教えていただけますでしょうか。 伊藤先生(以下I):はい。弁護士や医師のような資格職に就きたいと考えていたのですが、最愛の曽祖父が亡くなる現場に立ち会ったのが、とても印象的で、それをきっかけに本格的に医師を志すようになりました。 ー大学は地元に行かれたのですか

    この記事は、
    八重洲形成外科・美容皮膚科
    伊藤和子医師が監修しています。

の治療カテゴリ

スポンサーリンク