肝斑治療 に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

概要・効果

30代〜40代の女性に多く見られる左右対称のシミを肝斑といいます。肝斑の治療には主に(1)ハイドロキノンやトレチノイン塗布薬処方によるホームケア、(2)内服薬処方によるホームケア、(3)レーザー治療、(4)メソダーム導入(イオン導入)などがあります。

各クリニックによって独自の処方で薬を配合し、他のクリニックと差別化している場合もあるので、ホームページなどでよく確認しましょう。

シミには様々な種類があるため、本当に肝斑であるのかどうか専門医による鑑別してもらうこと、そして適切な治療を受けることで効果的に肝斑を改善することができます。

こんな方におすすめ

肝斑が気になる方

肝斑治療のメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

メリットは、施術法がある程度確立されており、治療経験豊富な医師が多いこと、効果を実感しにくい場合は様々な治療法があるため別の方法に切り替えるという選択ができること、レーザー照射や光治療、塗布薬など肌に負担の少ない治療法が多いことです。

デメリットは、1回で劇的に改善するというものではないため複数回の通院が必要となること、人によっては施術後の数時間だけ赤みやヒリヒリ感が出る場合があることです。

肝斑治療の失敗例

安全性が高い治療法のため、失敗はほとんどありませんが効果の現れ方には個人差があります。結果に疑問がある場合は主治医に相談しましょう。

肝斑治療の修正に関して

麻酔や手術のない施術法なので修正をすることはほとんどありません。

肝斑治療の名医とは

色素沈着、しみの鑑別に長けており、肝斑を適切に鑑別する能力があること、治療実績が豊富で患者に応じて最良な肝斑治療の方法を提案してくれることが名医と考えられます。

関連する施術(機器)

美白注射ハイドロキノンレーザートーニング(メドライドC6)

メーカー ※医療機器の場合のみ

Cynosure社(アメリカ)、DEKA社(イタリア)など

肝斑治療の口コミ(体験談・評判)

肝斑治療のCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

レーザーなどの照射1回につき1~3万円。美白注射3000円~。薬1カ月分5000円~

ダウンタイム

ほとんど必要なし

痛み・腫れ

注射や塗り薬の場合は痛みや腫れはほとんどなし。レーザーや光治療の場合ば施術後に赤みが出ることがあるが数時間で引いてくる

施術の流れ

診察→美容医療機器による照射や美容注射(点滴)などの各施術または薬の処方→当日帰宅可能

FAQ

経過

施術後は日焼けに注意し、保湿もしっかりとおこなうこと。経過観察しながら継続して通院し治療する

モニター

モニター価格で募集あり

抜糸時期(※オペ系のみ)

術後の洗顔・メイク

原則、施術後から洗顔・メイク可能

施術時間の目安

薬の処方の場合は診察時間のみ。レーザー照射など施術の場合は5~15分程度

麻酔の種類

肝斑治療 と関連治療が受けられるクリニック

美容皮膚科
住所:東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエアプラザ2F
最寄駅:JR恵比寿駅西口より徒歩8分
院長:城野 親徳
診療時間:10:30~12:30 15:00~17:30
休診日:祝
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-252 ユニオンビル7F
最寄駅:JR大宮駅西口徒歩5分
院長:木塚 雄一郎
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容皮膚科
住所:新宿区新宿3-33-10 新宿モリエールビル7F
最寄駅:JR新宿駅南口徒歩4分
院長:荒牧 奈央
診療時間:10:00~19:00
休診日:

おすすめの関連記事

人気ランキング

おすすめランキング

bnr_insta