いぼ治療 に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

概要・効果

いぼには、ウイルスが原因のものと、老化が原因でできるものの2種類に大きく分かれるため原因によっていぼ治療の方法も異なります。

ウイルスが原因のいぼは、医療用のピンセットで除去していく方法や、液体窒素で凍結させて取り除いていく方法、消毒・殺菌効果のある薬剤で治療をおこなう方法があります。

一方、老化によるいぼは、老人性角化症・老人性疣贅とも呼ばれる良性の腫瘍で成人に多く、いぼが1mm程度なら電気焼灼で簡単に治療できますが、大きいとレーザー治療になります。

また、いぼが大きい場合や薬やレーザーを使ってもなかなか改善しない場合は切除術をおこなうこともあります。他にも漢方のヨクイニンを使った内服薬治療などもあります。

こんな方におすすめ

いぼを取り除きたい・小さくしたい方

いぼ治療のメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

メリットは、見た目の改善ができること、いぼの部位によっては日常生活が快適になることなどが挙げられます。

デメリットは、複数回の定期的な通院が必要となること、治療法がいくつもあるため、自分にあった治療法を提案してくれる医師を探す必要があること、治療法により費用の差があることです。

いぼ治療の失敗例

いぼ治療でレーザーを使う場合は施術後に患部にくぼみができることがあるので、失敗したと思う場合があります。くぼみが出るのは皮膚が再生しているためですが、不安な場合は医師に相談しましょう。

いぼ治療の修正に関して

いぼ治療の名医とは

いぼの種類を鑑別でき、適切ないぼ治療ができ、自宅でのケア方法について丁寧にアドバイスをしてくれる医師が名医と考えられます。

関連する施術(機器)

エルビウムヤグレーザーフラクショナルレーザー(CO2フラクショナルレーザー、フラクセル3デュアル) ライムライト

メーカー ※医療機器の場合のみ

レーザー:エスクレピオン社(ドイツ)、シネロン社(イスラエル)

いぼ治療の口コミ(体験談・評判)

いぼ治療のCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

電気焼灼:2000円〜5000程度
レーザー治療:1mm大のいぼで5000円〜10000円前後
内服薬:1カ月分で1000円前後

ダウンタイム

電気焼灼:2週間程度で赤みがおさまる
エルビウムヤグレーザーは2〜3日、フラクショナルレーザーは1週間程度

痛み・腫れ

エルビウムヤグレーザー:2〜3日、
フラクショナルレーザー:1週間程度赤みが出るが徐々に引いてくる

施術の流れ

カウンセリング→診察→施術、治療、処方など→当日帰宅

FAQ

経過

電気焼灼:2週間程度で傷跡も残らず治療が完了する
レーザー治療、内服薬治療:3カ月程度は通院が必要となる

モニター

レーザー治療はモニター募集あり

抜糸時期(※オペ系のみ)

術後の洗顔・メイク

可能。ただしレーザーの場合は当日の患部のメイクは避ける

施術時間の目安

数分

麻酔の種類

麻酔クリームや麻酔テープを使う場合あり

いぼ治療 と関連治療が受けられるクリニック

美容皮膚科
住所:東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエアプラザ2F
最寄駅:JR恵比寿駅西口より徒歩8分
院長:城野 親徳
診療時間:10:30~12:30 15:00~17:30
休診日:祝
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-252 ユニオンビル7F
最寄駅:JR大宮駅西口徒歩5分
院長:木塚 雄一郎
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容皮膚科
住所:新宿区新宿3-33-10 新宿モリエールビル7F
最寄駅:JR新宿駅南口徒歩4分
院長:荒牧 奈央
診療時間:10:00~19:00
休診日:

おすすめの関連記事

人気ランキング

おすすめランキング

bnr_insta