医師監修の美容医療メディア Call to Beauty

医師監修の美容医療メディア

いぼ治療とは

最終更新日:2020年5月8日

この記事は、いなばクリニック稲葉岳也 先生が監修しています。

概要・基礎知識

いぼは大きく分けてヒトパピローマウイルスというウイルスが原因のもの(尋常性疣贅、じんじょうせいゆうぜい)と、老化が原因でできるもの(脂漏性角化症、しろうせいかっかしょう)の2種類があります。イボの治療は液体窒素で凍結させて取り除く「凍結療法」、電気でイボを凝固、焼灼させる「電気凝固法」のほか、レーザーで治療する方法などがあります。

ウイルスが原因のいぼは、保険適用で治療できる凍結療法で治療を行うこともあります。ただし、施術時に痛みがあり1回の治療では完治しづらい、イボが再発しやすいというデメリットがあります。また、電気でイボを焼き切きるようなイメージの電気凝固法は術後、傷跡が残りやすく慎重に行わなければならない治療です。

一方、レーザーによる治療はダウンタイムが短く、再発する可能性も低い方法です。施術時の痛みは麻酔を使うことでかなり軽減できるでしょう。使用するレーザーは水分に反応して患部を蒸散させる炭酸ガスレーザーが用いられることが多くなっています。

いぼが大きい場合や薬やレーザーを使ってもなかなか改善しない場合は切除術をおこなうこともあります。他にも漢方のヨクイニンを使った内服薬治療などもありますが、単独で治癒することはなく、あくまでも補助的に使わる治療方法です。

こんなお悩みに

・いぼを取り除きたい
・イボを小さくしたい方

ダウンタイム/経過

炭酸ガスレーザーは術後2週間程度、テープで保護し、その後かさぶたになって自然にはがれおちます。
電気凝固法は2週間程度で赤みが続きます。凍結療法は術後1~2週間くらいでかさぶたがとれますが、1回で取れないこともあります。

費用

電気焼灼と液体窒素による凍結療法は保険適用。 炭酸ガスレーザーは1mm大のいぼで5,000円〜10,000円前後  内服薬は1カ月分で1,000~2,000円程度です。

リスク・副作用

炭酸ガスレーザーの治療後は赤く腫れることがあります。また術後、色素沈着が濃く残ることがありますが、外用薬などの併用で徐々に改善していきます。

美容皮膚科(シミ、しわ、毛穴、ニキビ治療等)の治療

美容皮膚科(シミ、しわ、毛穴、ニキビ治療等)の治療が受けられるクリニック

美容皮膚科
住所:東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエアプラザ2F
最寄駅:JR恵比寿駅西口より徒歩8分
院長:城野 親徳
診療時間:10:30~19:00
休診日:祝
形成外科美容外科美容皮膚科
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-252 ユニオンビル7F
最寄駅:JR大宮駅西口徒歩5分
院長:木塚 雄一郎
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容皮膚科
住所:大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル6F
最寄駅:JR大阪駅中央改札口徒歩約7分
院長:富 隆志
診療時間:10:00~20:00
休診日:

いぼ治療に関連する記事

  • 関連する記事はこれから登録されます。
PAGE
TOP