カーボンピーリング(レーザーピーリング)とは(概要・基礎知識)

マックスピーリング、マックスピールとも呼ばれる毛穴専用の施術法です。カーボン(炭素)微粒子状を含んだローションやクリーム、ジェルなどを肌に塗布して毛穴に詰めて、黒い色に反応するQスイッチヤグレーザーを低出力で照射し、レーザーピーリングしていく施術法です。

レーザーを照射すると瞬時に肌表面のカーボンが蒸散し、角栓や角質、産毛などが一緒に除去されて毛穴が引き締ります。肌のキメが整い、滑らかになるだけではなく与えられた熱によって線維芽細胞が活性化され、コラーゲン生成が促進して肌にハリや弾力が戻ってきます。また、過剰な皮脂の分泌やニキビ菌の働きを抑制し、ニキビ肌の改善にもつながります。

レーザー照射時にバチバチと激しい音がしますが、肌へのダメージは少なく、痛みは我慢できる程度。他の治療と組み合わせることもできます。また、赤みや腫れなどもほとんどなく治療後すぐにメイクできるほどダウンタイムが軽いのが特徴です。

カーボンピーリング(レーザーピーリング)が向いている人(こんなお悩みに)

・毛穴の開きや黒ずみが気になる方
・ニキビが気になる方
・肌表面のざらつきを解消したい方

ダウンタイム/経過

痛みはゴムで弾かれた程度でわずかな熱感があります。術後の赤みはメイクでカバーできる程度で、肌が弱い人でも当日中にはおさまります。

1回の治療でも変化を感じることができますが、継続して治療するとさらに効果的です。

施術後1~3週間程度で毛穴が引き締まって化粧ノリが良くなってきます。
3週間おきに4回程度施術をしたのち、3カ月ごとに経過観察で通院するのが望ましいです。

費用

1回5,000円~10,000円が相場

リスク・副作用

ごくまれに産毛に反応して毛嚢炎を起こすことがあります。

監修:

稲葉岳也医師

いなばクリニック

東京慈恵会医科大医学部卒業。大学病院にて経験を積み、横浜市でいなばクリニックを開院する。一般皮膚科をメインにしつつも、美容皮膚科治療も積極的に行っています。
特に、多くの機器を導入しているレーザー治療、光治療においては地域の美容かかりつけクリニックとしてリピーターが多い。HIFUテクノロジーのウルトラセルQプラスなど話題の機器も抑えています。

東京慈恵会医科大医学部卒
慈恵医大附属病院
聖路加国際病院
いなばクリニック院長

美容皮膚科(シミ、しわ、毛穴、ニキビ治療等)の他の治療

美容皮膚科(シミ、しわ、毛穴、ニキビ治療等)の治療が受けられるクリニック

  • 住所: 東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエアプラザ2F
  • 最寄駅: JR恵比寿駅西口徒歩8分
  • 院長: 城野 親徳
  • 診療時間: 月~土曜9:30~19:00、日9:30~18:00
  • 休診日: 年末年始、祝
  • 住所: 埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-252 ユニオンビル7F
  • 最寄駅: JR大宮駅西口徒歩5分
  • 院長: 伊藤 哲郎
  • 診療時間: 10:00~19:00
  • 休診日: 年中無休
  • 住所: 大阪府大阪市北区梅田1-11-4大阪駅前第4ビル6F
  • 最寄駅: JR大阪駅中央改札口徒歩約7分、JR北新地駅東改札口徒歩約5分、阪神梅田駅D-28出口徒歩約5分、阪急梅田駅中央改札口徒歩約10分、地下鉄御堂筋線梅田駅南改札口徒歩約5分、地下鉄谷町線東梅田駅9番出口徒歩約3分、地下鉄四つ橋線西梅田駅7~10番出口徒歩約5分
  • 院長: 富 隆志
  • 診療時間: 10:00~20:00
  • 休診日: 年中無休

美容皮膚科(シミ、しわ、毛穴、ニキビ治療等)に関連する記事

  • 額の生え際のアートメイクとは。しのぶ先生が症例つきで解説!

    前回大好評だった蘇原しのぶ先生(しのぶ皮膚科、東京都港区三田)によるメディカルアートメイク企画の第二弾として、今回は額の生え際のアートメイクについて解説してもらいました。 小顔になりたい、最近額が広くなった気がする、髪の毛が瘦せ細り、生え際の薄毛が気になってきた方など必見の内容です! 大きく印象が変わる気になる額の生え際のお悩みを解決してみませんか? また今後のリリースではメディカルアートメイクのアイライン、唇の各部位も予定していますのでお楽しみに! 眉のアートメイクをしのぶ先生(しのぶ皮膚科)が医師の観点から徹底解説!朝時間がない方、すっぴんでも綺麗でいたい方必見! アイラインのアートメイクをしのぶ先生(しのぶ皮膚科)が医師の観点から徹底解説!目力アップ効果で、すっぴんでも手を抜かない女子の新常識! 唇(リップ)のアートメイクでメイク時間短縮、

    この記事は、
    しのぶ皮膚科
    蘇原しのぶ医師が監修しています。

  • 唇のアートメイクで理想の唇を実現。しのぶ先生の解説!

    蘇原しのぶ先生(しのぶ皮膚科、東京都港区三田)のメディカルアートメイク企画第四弾はリップのアートメイクです。 ふっくらとしたセクシーな唇、赤ちゃんのようなくすみのないクリアな唇、口角が上がった華やかな唇。あなたの理想はどのような唇ですか?アートメイクによって理想の唇、印象的な唇を手に入れませんか? デリケートな部分なので、施術後の注意点や過ごし方も詳しく話してもらいました。 しのぶ先生監修アートメイク記事です。部位ごとにここまで詳しく解説している記事はあまりないので、是非ご覧ください。読んだ方だけの特典つきです! 眉のアートメイクをしのぶ先生(しのぶ皮膚科)が医師の観点から徹底解説!朝時間がない方、すっぴんでも綺麗でいたい方必見! 小顔になりたい、額の生え際の薄毛が気になる…額の生え際のアートメイクとは。しのぶ先生(しのぶ皮膚科)が症例つきでわかりやす

    この記事は、
    しのぶ皮膚科
    蘇原しのぶ医師が監修しています。

  • X CLINIC 酒井知子医師【美人女医インタビュー第三十九回】

    人気企画「美人女医インタビュー」第三十九回は東京渋谷区・恵比寿にあるX CLINICの副院長、酒井知子(さかい ともこ)医師です。 管理栄養士から医師という異色の経歴をもつ酒井医師。女医ママとして日々施術と育児に奮闘しています。二重術、豊胸術などデザインにもこだわりを持ち、女性目線と説得力あるカウンセリングには定評があります。 レストラン顔負けの丁寧な料理や華やかなテーブルメイキング、インテリアコーディネートの写真満載のインスタグラム経由のファンも多数いるそう。 そんな酒井医師が実際にコンプレックスを払拭した数々の美容施術体験のお話、大手美容外科からX CLINIC参画への経緯、気になるプライベートもしっかり話してくれたインタビューをご覧ください! ※この記事は酒井先生がX CLINICに在籍されていた当時の記事です。 目次 ・医師を志した理由は? ・大学

    この記事は、
    NEXUS clinic
    酒井知子医師が監修しています。

  • 八重洲形成外科・美容皮膚科 伊藤和子医師【美人女医インタビュー第十九回】

    長期連載企画「美人女医インタビュー」第十九回は、東京駅八重洲中央口から徒歩2分、八重洲形成外科・美容皮膚科の伊藤和子先生です。もともと形成外科で乳房の再建などに携わり、その後美容領域へ。インタビューは苦手とおっしゃってましたが、常に笑みを絶やさず、丁寧に伝えようという姿勢が印象的でした。女性特有の症状の相談も多く、言いにくいこともなんでも相談できそうな雰囲気がしました。 皮膚科、形成外科を志したのは、目に見えるものを治療していきたいという気持ちが強かったのが理由です ー最初にまずお医者さんを志した理由を教えていただけますでしょうか。 伊藤先生(以下I):はい。弁護士や医師のような資格職に就きたいと考えていたのですが、最愛の曽祖父が亡くなる現場に立ち会ったのが、とても印象的で、それをきっかけに本格的に医師を志すようになりました。 ー大学は地元に行かれたのですか

    この記事は、
    八重洲形成外科・美容皮膚科
    伊藤和子医師が監修しています。

  • 八重洲形成外科・美容皮膚科 矢沢真子医師【美人女医インタビュー第二十回】

    恒例「美人女医インタビュー」も早いもので今回で20回目。今回は東京駅の八重洲口から徒歩すぐの場所にある八重洲形成外科・美容皮膚科に勤務されている矢沢真子先生です。 もとは形成外科出身で、そこから美容皮膚科を中心とする美容の領域へ入られました。 この10年間ありとあらゆる美容法を試され、自分に合う方法を確立した、美容オタクの一面も。 美肌、紫外線対策のことはかなり詳しく話してくれました。これからアンチエイジング美容を検討している方には必ず役に立つ内容になっています! 形成外科は頭からつま先まで全身の解剖の知識が必要で、医師になってからは本当にたくさん勉強しました ーまず医師を志した理由を教えてください。 矢沢先生(以下Y):はい。私は父が医師で、親戚にも医師が多く、大きくなったら医者になるんだよね、という刷り込みがあり、自然と医師を目指していました。母や祖母は専業主婦ですが、

    この記事は、
    八重洲形成外科・美容皮膚科
    矢沢真子医師が監修しています。

  • スキンリファインクリニック吉祥寺 藤林万里子医師【美人女医インタビュー第三十二回】

    人気企画「美人女医インタビュー」第三十二回は東京の吉祥寺、銀座、広尾に展開するスキンリファインクリニックの吉祥寺院長、藤林万里子(ふじばやし まりこ)先生です。 中学高校をアメリカで過ごし、慶應義塾大学環境情報学部でコンピュータアートとコンピュータミュージックを学び、IT系コンサルに就職、そのあと医学部へ進学された才女藤林先生。猛勉強ではなく、医学部を通過してしまうその頭脳明晰さと美容に対する飽くなき探究心は、患者様から信頼され、憧れの対象となっています。 藤林先生の美容施術体験と治療から導き出された考え方は今後治療を検討される方に必ず参考になるはず。ではインタビューをどうぞご覧ください! ※この記事は藤林先生がスキンリファインクリニック吉祥寺に在籍されていた当時の記事です。 医学部受験に向けて、専門的な内容を復習するには時間が足りなくて、もう無理かなと思い医学部への進

    この記事は、
    東京美容外科 東京銀座院
    藤林万里子医師が監修しています。

の治療カテゴリ

スポンサーリンク