Menu

美容整形の相談・紹介

検索

無料メール相談 24時間OK

フォトシルクプラス に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

[ フォトシルクプラス ]

概要・効果

フォトシルクプラスはUPL(U-Shape Pulse L)という光を使った治療器による施術です。UPLは従来のIPL(フォトフェイシャル)よりもメラニン粒子の分解能に優れています。

皮膚に照射することで、肌表面のしみと肌の奥に潜んでいるしみ予備軍や肌のくすみの原因となっている色素にも反応し、しみを改善していきます。また、光の作用でコラーゲン生成を促進する作用があり、肌のツヤやハリアップにも期待できます。

こんな方におすすめ

しみ、くすみ、肝斑、にきび跡が気になる方

フォトシルクプラスのメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

メリットは、レーザーよりも肌への負担が軽いこと、フォトフェイシャルで改善できなかった淡いしみも改善に期待できることです。早い方では1~2回で効果を実感できることがあります。

デメリットは、皮膚炎や日焼けのある人、金の糸の施術を受けたことのある人、妊娠中の人などは施術ができないことです。また、施術中は普段以上に日焼け対策に注意する必要があること、1回の通院で完結せず、複数回通院する必要があることも挙げられます。

フォトシルクプラスの失敗例

フォトシルクプラスの施術後にしみが濃くなったから失敗なのではと心配される方もおられますが、これは肌の内側に隠れていたしみが治療により表面化してきているからです。期間を空けて再度フォトシルクプラスの施術を受けることで改善していきます。

フォトシルクプラスの修正に関して

肌質が弱い方やまぶたなど皮膚の薄い部分を施術した方は、赤みやヒリヒリ感が強く現れることがあります。一時的な赤みなので時間の経過ともに引いてくることが多いです。気になる場合は施術したクリニックに問い合わせをしましょう。

フォトシルクプラスの名医とは

シミや肝斑治療について熟知していて、フォトシルクプラスの実績はもちろん、それ以外のシミに対する施術も実績が豊富であることが名医の条件と考えられます。また、施術後のアフターケア方法についても指導をしてくれる医師であることも名医の条件の一つと考えられます。

関連する施術(機器)

フォトフェイシャルジェネシスフラクショナルレーザー

メーカー ※医療機器の場合のみ

イタリアDEKA社

フォトシルクプラスの口コミ(体験談・評判)

フォトシルクプラスのCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

顔全体で1回20000円前後

ダウンタイム

ほとんど必要なし

痛み・腫れ

輪ゴムをパチっとはじいたような軽い痛み。かゆみがでる場合もあるが冷却してこすらずに対応する

施術の流れ

カウンセリング→目にゴーグル装着→専用ジェル塗布→照射→ジェル拭き取り→当日帰宅可能

FAQ

経過

当日は入浴可能だがぬるめのお湯にする、治療後3カ月は日焼け対策をおこなう

モニター

あり(20%オフなど)

抜糸時期(※オペ系のみ)

術後の洗顔・メイク

施術後は洗顔・メイクをしてから帰宅できる

施術時間の目安

顔で5分~30分

麻酔の種類

フォトシルクプラスに関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
≪ 美容施術一覧へ戻る

人気ランキング

おすすめランキング

話題のキーワードで検索

キーワード一覧
無料メール相談