ほうれい線の治療のコラム一覧

  • ソノクイーン(sonoQueen)HIFU

    ソノクイーン(sonoQueen)はHIFU(高密度焦点式超音波)を用いてメスを入れずにリフトアップができる機器になります。超音波により肌の奥へ熱エネルギーを与えると、そのダメージを回復させるためにコラーゲンを多く生成するため、肌のリフトアップ効果が得られます。リフトアップのほかに肌のハリやキメが改善したり、照射部位によっては二重あごの改善にもつながります。

    ソノクイーンは従来のHIFU機では対応しきれなかった目元の小じわなど皮膚の薄い層(深さ2.0mm)への照射ができるアイリフトカートリッジがあります。それ以外にも毛穴やその他部位の小じわに効果を発揮するカートリッジ(深さ3.0mm)、たるみ(SMAS)に効果を発揮するカートリッジ(深さ4.0mm)があり、悩みに応じて選択することができます。

    また痛みが軽減されているため従来機で痛みが強くてHIFU治療を断念していた方にもおすすめです。効果は約3~6か月で、施術後約3か月でコラーゲンが生成されきるので、3か月に1度の施術が良いとされています。

    この記事は、
    城本クリニック 立川院
    滝本磨理香医師が監修しています。

  • ウルトラフォーマーⅢ

    ウルトラフォーマーⅢはHIFU(高密度焦点式超音波治療法)の作用を利用したたるみ治療です。HIFUは肌の内側の目的となる深さの部分にピンポイントで熱エネルギーを与えることができます。そのため肌表面は傷つくことなく治療を行えるため、治療後のダウンタイムがほとんどありません。

    一般的に1.5mm、3.0mm、4.5mmの3種類のカートリッジを使い分けて施術していくことが多く、1.5mmでは真皮層を、3.0mmでは脂肪層を、4.5mmでは筋膜(SMAS層)をそれぞれ刺激します。超音波によって熱エネルギーが加わるとまずは組織が収縮することによる引き締めが期待でき、これが施術直後のリフトアップ効果となります。

    これに加えて熱エネルギーにより肌内部のコラーゲンやエラスチンが傷つき、新しいコラーゲンやエラスチンの生成が促進することで肌にハリや弾力が生まれます。この結果長期間にわたって引き締めの効果が持続します。

  • ウルトラセルQ+(HIFU)

    ウルトラセルQ+は切らないたるみ治療器といわれていて、1度の施術で顔のたるみ、法令線、マリオネットラインの改善に即効性を感じることができる治療になります。

    HIFU(高密度焦点式超音波)という超音波テクノロジーでSMAS筋膜(表情筋層)に熱エネルギーを加えることでSMAS筋膜を引き締めます。熱エネルギーを与えることによりコラーゲンやエラスチンを増生するため長期的に効果を持続させ、術直後から2~3カ月後に最も効果を感じ、半年~1年間程度持続します。

    数あるHIFU治療器のなかでも痛みが軽減されている機器で、痛みに弱い方でも安心して施術を受けることができます。
    また顎下周辺の治療に特化したヘッドの「リニア」は、脂肪溶解を目的として約58度の熱エネルギーを脂肪部分に照射して溶解させます。頬から下への施術で、小顔効果・二重顎が改善されます。線状照射により、照射時間が通常の2倍速となるので施術時間が短く済み、痛みも緩和されます。 

    この記事は、
    プリモ麻布十番クリニック
    大場教弘医師が監修しています。

  • ウルトラVリフト(ショッピングリフト、リードファインリフト)

    髪の毛よりも細い医療用吸収糸PDO(Polydioxanon/ポリジオキサン)を特殊な針を通して皮下に埋め込みます。吸収糸の刺激で顔面の皮膚や筋肉を引き上げ、たるみ改善と共に長期的なコラーゲン合成を促し、肌質改善、ハリ改善ももたらします。

    さらに針自体の刺激による創傷治癒効果で美肌効果・毛穴改善効果が期待できます。施術後すぐにメイクをして帰ることができるためショッピングリフトと呼ばれています。効果は施術後約1年弱期待できます。術後は洗顔時に手で触れると若干の痛みを感じたり、2~3日は鈍痛を感じます。 腫れや内出血は個人差があり、約2週間で改善します。

    この記事は、
    BIANCAクリニック銀座
    堀田和亮医師が監修しています。

  • フォトナ4D

    フォトナ4Dはエルビウムヤグレーザーとネオジムヤグレーザー、2種類のレーザーを組み合わせた治療ができる複合レーザー治療器です。最大の特徴は顔の外側(肌側)だけではなく、内側(口の中)の両方からアプローチできるという点にあります。

    フォトナ4Dは肌のあらゆる組織層に引き締め効果とコラーゲン生成によるハリ、ボリュームアップ効果をもたらします。2種類のレーザーをさまざまなパルス幅で照射可能で肌悩みに合わせて以下、4つのモードから最適な治療を選ぶことができます。

    ・スムースリフト
    口腔内の粘膜側からレーザーを照射。肌の深い部分にまでレーザーによる熱が到達。ほうれい線やゴルゴ線の解消に。

    ・スムーストーニング(FRAC3)
    3次元のフラクショナルレーザーで毛穴の開きやハリの改善、赤ら顔の解消などに。

    ・スムースタイト(PIANO)
    肌の組織の温度を40~42℃程度まで上昇させることで肌をタイトニング。

    ・ライトピール
    エルビウムヤグレーザーによるピーリング。肌のくすみやざらつきを改善。

    それぞれのモードは肌への負担が少ないので、組み合わせることもできます。総合的な美肌治療、エイジングケアを試したい方におすすめの治療です。

  • メーラーファット除去

    頬骨とほうれい線の間にある脂肪「メーラーファット」を除去して、たるみを改善する治療です。ほうれい線や頬のたるみは加齢によってお肌の組織が衰えることで、脂肪(メーラーファット)を支えきれなくなることで起こります。この脂肪を除去することでほうれい線やマリオネットライン、ブルドッグラインなどが改善し、お顔がすっきりします。

    脂肪の吸引は口のなかや鼻のなかから、カニューレと呼ばれる管を挿入して行います。縫合や抜糸の必要はなく、顔の表面に傷跡が残ることもありません。麻酔を使用するため、術中の痛みはなく、ダウンタイムも短い治療です。

    メーラーファットを除去し過ぎても頬がこけて老けて見える恐れがあります。頬の中央、深い部分にある脂肪「バッカルファット」と合わせて、どこからどのくらい脂肪を除去すれば美しく自然な仕上がりになるかは個人差があります。左右のバランスや顔の奥行まで考慮する必要がある繊細な施術であり、医師の高い手技が求められます。他のたるみ施術の適応も含め、医師とよく相談してから施術を受けるようにしましょう。

    この記事は、
    ルラ美容クリニック渋谷本院
    佐藤さゆり医師が監修しています。

  • VOVリフト

    VOVリフトはアメリカのFDAが認可した溶ける糸を使用したたるみ治療です。これまでの溶ける糸は持続期間が6カ月~1年半程度でしたが、VOVリフトで使用するPCL(ポリカプロラクトン)でできた糸の持続期間はおよそ2年継続します。従来の糸による治療と比較するとリフティング効果の持続期間が大幅に改善しました。

    使用する糸にはコグ(とげのようなもの)がついており、組織にひっかかってたるみを強力に引き上げることができます。同時にフェイスラインが引き締まり、小顔効果も実感できるでしょう。コグは丸みを帯びているので、挿入時の痛み(違和感)が抑えられているのも特徴です。挿入後、時間の経過とともに糸は溶けて吸収されることから、切る治療は避けたいという方だけではなく、顔に異物を残したくないという方にもおすすめの治療方法です。

    さらにVOVリフトでは、糸が分解、吸収される過程で肌の内部でコラーゲンの生成が促されるため、持続的な肌質改善効果も期待できます。

  • ナノリッチ(脂肪注入)

    お顔のしわやくぼみといった老化サインを改善する脂肪幹細胞治療の一種です。ナノリッチでは、まず自分の体から採取した脂肪から硬い繊維組織を除去し、ナノ化してなめらかな状態にします。その後、脂肪を濃縮して良質な幹細胞のみを抽出してから、気になる部分に注入するため、これまでの脂肪注入と比較して定着率が高く、しこりや石灰化などが起こるリスクが低減されているのが特徴です。

    ナノリッチはジェルのようななめらかなテクスチャーなので、まぶたをはじめとした皮膚が薄い箇所への注入も可能です。頬のこけやこめかみのくぼみ、ほうれい線やゴルゴ線といったエイジングサインはもちろん、目の上や下、鼻の下などにある浅いシワが気になる方に適しています。また、ナノリッチは良質な幹細胞が豊富に含まれているため、肌質改善効果も期待できます。

    従来の脂肪注入と比較してリスクが低い治療ですが、術後に腫れや内出血が起こるリスクがあります。

    この記事は、
    La Clinique Shinjuku
    福田麻衣医師が監修しています。

  • プロファイロ

    イタリアのIBSA社の製品プロファイロ(PROFHILO)は高分子と低分子のヒアルロン酸を独自の特許技術によって安定した状態で配合したハイブリッドヒアルロン酸製剤です。

    このハイブリッドヒアルロン酸製剤をBeauty Esthetic Pointと呼ばれる顔、首にある10の箇所にピンポイントで注入することで、細胞が活性化し真皮層のコラーゲンやエラスチンが増生されます。その結果、加齢によって低下したツヤと弾力を取り戻し、自然なリフトアップ効果がもたらされます。

    これまでのヒアルロン酸注入は主にシワを埋めたり、くぼみにボリュームを与えるフィラー(充填剤)として使用されてきました。そのため、注入する箇所や量によっては不自然な印象を与えることが欠点でした。

    これに対し、プロファイロのヒアルロン酸は低粘度で皮膚によくなじみ、注入後の炎症やアレルギー反応を起こしにくいという特徴があります。肌そのものを再構築(リモデリング)する再生治療に近い形で注入するため、自然なリフトアップ効果が得られるのがメリットのひとつでしょう。

    この記事は、
    ルラ美容クリニック渋谷本院
    佐藤さゆり医師が監修しています。

  • サーマクールFLX

    サーマクール最新の第4世代モデルがサーマクールFLXになります。
    独自のテクノロジーにより、照射毎にエネルギー量をチェックすることで、常に正確なエネルギーを送り届けることができます。
    そのため、照射箇所全体が均一に加熱され、安全でより効果的な治療が可能になりました。
    照射時に振動を与えると、痛みの感覚よりも振動の感覚の方が脳によく伝わるため、痛みを感じにくくなります。(ゲートコントロール理論)

    サーマクールFLXはバイブレーション機能が進化し、縦のみだった振動が多方向に振動を与えながら、しっかり熱エネルギーを送り届けるため、痛みを感じにくく、確かな効果を実感していただけます。また、肌表面を冷やしながら照射することで、肌を保護して痛みを抑える効果があり、痛みが苦手な方でも快適に治療を受けていただけます。
    また、従来のものよりもチップが大きくなり、治療時間が25%*短縮したことで、より気軽に治療を受けていただけるようになりました。(*CPT3.0㎝²との比較)

    この記事は、
    東京美容皮膚科クリニック
    二宮幸三医師が監修しています。

  • サーマクールCPT

    皮膚を冷却しながら電気エネルギーの高周波RF(ラジオ波)による熱作用を加えることで内部のたんぱく質を変性させ、皮膚を引き締めます。同時に創傷治癒効果によってコラーゲンの生成・再生、繊維芽細胞の生成が起こり、長期的な引き上げ(リフトアップ)効果や肌の引き締め(タイトニング)効果が期待できます。

    タイトニング効果は施術直後から実感でき、数カ月後にわたってリフトアップ効果が現れます。持続期間は最長6カ月程度とされています。サーマクールCPTでは振動を与えつつ、断続的に高周波を照射するため、従来のサーマクールと比較して痛みや熱感が緩和されています。また、高温状態が均一に保たれるため、より効果的に肌を引き締めることが可能になりました。

    おもな治療部位は、頬(法令線)、首、輪郭・アゴ周り、口もと(マリオネットライン)、額など。目元専用の機種「サーマクールアイ」では目元への施術も可能です。

    この記事は、
    東京美容皮膚科クリニック
    二宮幸三医師が監修しています。

  • PRP血小板療法

    PRP血小板療法は患者自身の血液から取り出した血小板を利用したしわ治療法です。

    採血後、遠心分離機を用いて血小板成分を抽出し、気になる部分に注入していきます。濃縮された血小板には成長因子が豊富に含まれているためダメージを受けた肌をスムーズに回復させ、若返りを図ることができます。また、自分の血液から採取した成分を使用するので、アレルギー反応などの心配がない治療方法でもあります。

    効果が自然という点もPRP(PRP血小板療法)のメリットと言えるでしょう。

    この記事は、
    東京美容皮膚科クリニック
    二宮幸三医師が監修しています。

  • ウルセラ(ウルセラリフト)

    高密度焦点式超音波=HIFU(ハイフ=High Intensity Focused Ultrasound)と呼ばれる超音波を一点に集約し、肌の表面にダメージを与えることなく、皮下の層に熱を起こしてSMASを引き上げるリフトアップ法です。

    確かなリフトアップ効果を得るためにはSMASへのアプローチが必須ですが、皮膚を切開する手術には抵抗がある方も多いでしょう。ウルセラは「切らないリフトアップ」とも呼ばれ、術後2カ月程度の時間をかけて徐々に効果が現れるため周りに気づかれる心配もありません。

    ウルセラはサーマクールよりも皮膚の深い位置に超音波を照射できるとされます。おもな施術部位は、目もと、眉、首(上部)、額(側頭部)、フェイスライン、こめかみ、頬など。たるみ治療の定番サーマクールとの併用をすすめているクリニックもあります。なお、ウルセラはFDA(米国食品医薬品局、日本の厚生労働省のような機関)認可の医療機器です。

    この記事は、
    東京美容皮膚科クリニック
    二宮幸三医師が監修しています。

  • ヒアルロン酸注射(しわ、ほうれい線)

    年齢と共に減少するヒアルロン酸を気になる部位にピンポイントで注入して、肌にうるおいとハリを取り戻す施術です。ヒアルロン酸によって内側からふっくらさせることで、ほうれい線やマリオネットライン等を改善することができます。ヒアルロン酸はもともと人体に存在する成分なので、アレルギーなどが起こりにくい治療です。

    シワのような線だけではなく、面で肌を持ち上げることも可能です。見た目年齢を上げる深いほうれい線に注入することでしわを目立たなくさせ、若々しく見せることが出来ます。
    使用するヒアルロン酸には濃度や分子の大きさなど、さまざまな種類があり、シワの深さや顔のパーツによって適切なヒアルロン酸を選ぶ必要があります。

    外科手術不要、ダウンタイムがほとんどなく短時間で若々しい肌を取り戻すことができ、万が一気に入らないときはヒアルロン酸分解酵素で元に戻せるのも大きなメリットでしょう。プチ整形のひとつとしてされる人気が高い治療法です。

    この記事は、
    東京美容皮膚科クリニック
    二宮幸三医師が監修しています。

  • ダブロ

    ウルセラと同様、高密度焦点式超音波=HIFU(ハイフ=High Intensity Focused Ultrasound)を使ってSMAS層を引き上げ、たるみを改善する切らないフェイスリフト治療です。熱のエネルギーによって皮膚のたんぱく質が変性し、即効性ある引き締め効果(スキンタイトニング)が得られ、創傷治癒作用がもたらすコラーゲンの生成促進によって徐々にハリが増していくという点もウルセラと同じです。

    ダブロはウルセラと比べて熱が広く分散して作用するため、痛みが少ないという特徴があります。面で皮膚を引き上げることが可能なので、フェイスラインのたるみ改善にも適しています。効果の持続期間はウルセラに比べて短めですが、ウルセラより施術費用が安価であることもメリットでしょう。ウルセラのアフターケアとしてダブロの施術を受けるとより効果的です。

    なお、ウルセラはアメリカで開発されたマシンでFDA(米国食品医薬品局)の認可を受けていますが、ダブロは韓国で開発されたマシンなのでKFDA(韓国食品医薬品局)の認可のみ受けておりFDAの認可は受けていません。

    この記事は、
    BIANCAクリニック銀座
    辻沢由有医師が監修しています。

  • FGF注入療法

    線維芽細胞成長因子FGFとはFibroblast Growth Factorの略で、人間の体内で作られるたんぱく質の一種です。

    FGF注入療法では、細い針を使ってこのFGFを肌の気になる部分に注入しコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成促進機能を持つ線維芽細胞を増殖させます。これによって肌が本来の再生力を取り戻し、しわやほうれい線、肌のくぼみやクレーター状になったニキビ跡などのダメージが改善されます。

    針で注入するだけの施術なので、これまで治療が難しかった首や手の甲のエイジングケアにも適しています。また、コラーゲンやヒアルロン酸が真皮層に保持されることでお肌の透明感やうるおいもがアップし、肌の美しさが底上げされるという嬉しいメリットも見逃せません。

    FGF注入療法は異物を注入するのではなく、自家組織を再生させる治療であるため安全性が高く効果の持続期間も長くなっています。ダウンタイムもほとんどなく、自然な仕上がりが人気の施術です。

  • イデバエ注射

    顔のリフトアップと美肌、タイトニング効果による小顔作用が期待できるイタリアで開発された美容注射です。 

    イデバエ注射では、コエンザイムQ10の約3倍の抗酸化力を持つ新しい成分「イデベノン」と、筋肉を収縮させることで表情筋を引き締める「DMAE(ジメチルアミノエタノール)」という薬剤を使用します。

    イデノベンの強力な抗酸化作用は、紫外線などによる活性酸素から肌を守り、老化の進行を抑制します。またDMAEの作用によって筋肉が収縮、肌が引き締められることでしわやたるみの改善、小顔、リフティング効果などが期待できます。また、加齢によるたるみが原因の目立つ毛穴にも効果的です。

    通常のリフティング治療や美肌注射はそれぞれ単独の効果しか期待できませんでしたがイデバエ注射では、リフティングと小顔、美肌を同時に叶えることができます。副作用がほとんどなく、継続して治療を受けることで若々しいお肌をキープできることも大きなメリットでしょう。

  • リファーム

    リファームはRF(高周波)とIR(赤外線)を組み合わせてお肌を強力に引き締める治療です。リファームSTと呼ばれる美容医療用治療器を使用するため、リファーム ST という施術名で実施しているクリニックもあります。

    高周波は肌の真皮層に作用してコラーゲン繊維を収縮させ、肌を引き締めます。リファームでは、同時に照射される赤外線によって肌が温められ高周波が肌の奥に届きやすくなっているので、より効率的に高周波の効果を得ることが可能です。引き締め効果は術後すぐに実感できるでしょう。

    また、高周波と赤外線、2つの熱エネルギーによってコラーゲン生成が促され長期的にハリをキープする効果も期待できます。数回治療を繰り返すことで、肌が持つコラーゲン生成の力そのものが活性化されるので老化を遅らせることにもつながるでしょう。

    サーマクールやポラリスといった他の高周波の治療と比べ痛みが少ないのもリファームのメリットのひとつと言えます。肌を冷却しながら照射するため、術後の赤みもほんのり肌が赤くなる程度です。

    この記事は、
    東京美容皮膚科クリニック
    二宮幸三医師が監修しています。

  • ニュートンコグリフト

    ニュートンコグ(Newton Cog=N-COG)という医療用の溶ける糸を使ったリフトアップ術です。万有引力の法則で有名なニュートンにちなんで重力によるたるみを支える意味でニュートンコグいう名称が付けられました。

    ニュートンコグリフトで使う糸は従来の医療用の糸と異なり、糸自体にコグ(とげ)がジグザグに入っています。肌を引き上げる力が強く、均一に持ち上げることができるため施術直後からリフトアップ効果を実感できます。

    ニュートンコグの糸は半年から1年ほどで体内に吸収されていきますが、糸の周辺にコラーゲンが生成され、吸収された後もたるみ改善効果が継続します。半年から1年後に2回目の施術を受けるとさらに効果的です。

    また、糸はカニューレと呼ばれる細長い管を使用して挿入するため痛みや腫れが少なく、ダウンタイムも短くなっています。肌に異物を残したくない方や切開せずにリフトアップしたい方に適した施術と言えるでしょう。

    この記事は、
    BIANCAクリニック銀座
    辻沢由有医師が監修しています。

  • シルエットリフト

    シルエットリフトはコーンと呼ばれる円錐形で吸収性の素材がついた糸を用いた"切らないフェイスリフト"です。
     
    コーンが付いている糸は、非吸収性と吸収性の2種類があります。立体的な円錐形のコーンが360度組織を支えて引き上げるため、従来の切り込みが入っただけの糸よりも強力なリフトアップ効果が期待できます。

    深いほうれい線やブルドックラインと呼ばれる頬のたるみの改善にも適しています。糸を固定する部分は小さく切開しますが、頭髪に隠れる位置なので傷が目立つことはありません。

    挿入後8~10カ月でバイオコーンは吸収されていきます。その間にコーンや糸、糸についている結び目の周辺にコラーゲン組織が新生され、溶けた後も組織を支えます。また肌のハリもアップします。

    この記事は、
    ビスポーククリニック 福岡院
    五反田希和子医師が監修しています。

  • 3Dリフト

    円錐状のコーンのついた糸を使い、気になるたるみやフェイスラインを立体的に引き上げる施術です。

    特徴は、コーンを使うことでしっかりと皮膚をつかんでけん引することができるという点です。糸の中心部を支点として双方向に配置されたコーンがお互いをひっぱり合うようにして皮膚を引き上げ、より立体的で自然な仕上がりになります。

    さらに糸やコーンが刺激となり、コラーゲンやエラスチンなど肌の弾力のもととなる成分の生成が促進されるので、ハリと潤いをアップさせる効果にも期待できます。

    糸とコーンは完全吸収性なので、肌の中に異物が残る心配もありません。糸が完全に吸収されるのは8~10カ月ですが、コラーゲン生成による効果は約3~5年にわたって継続します。

    糸を挿入する際に針の跡が残りますが、徐々に消失します。皮膚を切開する必要がないので傷跡が残らないのも大きなメリットです。痛みや腫れも少なく、ダウンタイムが短いため、手軽に受けられるリフトアップ治療と言えるでしょう。

  • スプリングリフト

    スプリングリフトはフランスで開発された非吸収性の素材で作った糸を用いた"切らないフェイスリフト"です。フェイスラインやアゴ、首のたるみを広範囲に引きあげることができます。 

    使用する糸はポリエステルとシリコンでできており、耐久性と伸縮性に優れています。切れたりゆるんだりしにくく、筋肉の動きに合わせて糸が伸び縮みすることから、つっぱり感や見た目の不自然さがほとんどありません。また、非吸収性なので長期間リフトアップ効果が持続するというメリットもあります。
    また、糸についたコグ(トゲ部分)はシリコン製で丸みを帯びています。皮下の組織を傷つけないので、痛みを感じることなくしっかり肌をリフトアップしてくれます。

    シリコンとポリエステルは生体適合性が高く、体への影響はありません。医療現場で長年、インプラントの素材として使用されてきただけに、安全性の高い素材と言えるでしょう。吸収性の糸を使ったリフトアップの施術で満足できなかった方にもおすすめです。

    この記事は、
    ビスポーククリニック 福岡院
    五反田希和子医師が監修しています。

  • ハッピーリフト

    イタリアのPromoItalia社が開発した医療用の溶ける糸を埋め込むことで気になるたるみを引き上げる施術法です。

    使用する糸は体内で吸収されても副作用が起こる心配はほとんどありません。すでに手術用の吸収糸として使用されている素材でもあるため、安全に使うことができます。異物が残るのが心配という方にも適した治療です。

    糸は両端から中央に向かってフェザー状に毛羽だちのようなトゲがついています。このトゲが皮膚をしっかりと引き上げ、たるみを解消します。皮膚を切開する必要がないので、ダウンタイムがほとんどなく、大きな傷が残る心配もありません。

    ハッピーリフトはこめかみに固定しなくても頬や額、頸部、下垂した眉付近など好きな場所に糸を埋め込めるので、自由度が高く引き上げたい部分をピンポイントで引き上げることができる特徴があります。また、糸が吸収される過程で周囲にコラーゲンが生成されるため、吸収後も一定期間リフトアップ効果が持続します。将来的なたるみの予防を希望する方にも、おすすめの治療と言えるでしょう。

    この記事は、
    城本クリニック 立川院
    滝本磨理香医師が監修しています。

  • マトリックスIR

    マトリックスIRは高周波(IR)と美肌効果の高いダイオードレーザーの2つのパワーを組み合わせた美容医療機器です。主に小じわや毛穴などの改善、キメを整える目的で使用されています。

    マトリックスIRのダイオードレーザーはフラクショナル化(細かい点状)して照射されます。同時に高周波を照射して熱を与えることで、従来の治療と比べて肌の深部にまでエネルギーを届けることができるため、痛みを抑えながら効率よくたるみやしわを改善することが可能です。

    マトリックスIRでは、照射時の熱によって皮膚上層部のコラーゲンが収縮し、術後すぐに引き締め効果が実感できます。さらに皮膚深部に到達した熱エネルギーによってコラーゲン生成が促されハリがアップするため、継続的な若返り効果も実感できるでしょう。

    しわやたるみの改善はもちろん、加齢とともに気になる毛穴を目立たなくしてキメ細かい肌に整えてくれるのもマトリックスIRのメリットです。皮膚の質感を高めたい方にも適した治療と言えます。

    この記事は、
    東京美容皮膚科クリニック
    二宮幸三医師が監修しています。

  • ミントリフト(ミニ)

    ミントリフト(ミニ)は糸を使って顔のたるみを改善するフェイスリフトです。
    従来のリフティング用の糸は、糸自体に切り込みを入れていたためトゲ状の部分の強度が弱く、思うようなリフティング効果が得られないことがありました。ミントリフト(ミニ)の糸は切り込みを入れるのではなく、太めの糸にコグと呼ばれるトゲ状の突起をつけることで強度が大幅に改善されています。

    コグは360°すべての方向についているため、肌を強力に持ち上げることができます。また、挿入してからしばらくするとコラーゲンが産生されるようになるので、リフトアップ効果に加え、肌のハリや弾力アップにも期待できる施術です。糸は完全に吸収されるタイプでアメリカのFDA(食品医薬品局)で認可を受けている安心して受けられる施術と言えるでしょう。

    ミントリフト(ミニ)と他の糸によるリフティングとの違いは糸が吸収されるまでの期間が8~12カ月と長く、効果の持続性に優れているという点にあります。糸の挿入は切開せずにこめかみ部分やおでこの上など有毛部分から行うため、傷跡が残ることはなく針の跡も目立ちません。周りにバレることなくリフティングしたいという方にもオススメの治療方法です。

    この記事は、
    BIANCAクリニック銀座
    堀田和亮医師が監修しています。

  • サーミRF(サーミタイト)

    サーミRF(サーミタイト)は2014年にアメリカで開発された美容医療器「サーミRF」を使用してお肌のたるみを引き締める(タイトニング)治療方法です。

    サーミRFでは、専用の極細カニューレをたるみが気になる部分の皮下に挿入し直接、高周波を照射して熱を加えます。これによって皮膚と皮下組織を収縮し、強力な引き締め効果をもたらします。

    高周波を照射すると熱の作用によって皮膚の繊維組織が収縮し、術後すぐに皮膚が引き締ります。また、熱によって一時的にダメージを受けた肌が回復する過程でコラーゲンが産出されるため、長期的なハリ向上効果も得られるのです。

    これまで加齢による皮膚のたるみはたるんだ皮膚を切除し、引き上げる方法が主流でしたが、サーミを用いることによって切らずにたるみの改善が可能となりました。

    また、従来の皮膚の表面から高周波を照射するタイプのたるみ改善治療と異なり、皮下に直接、アプローチするためこれまでにない引き上げ効果が得られます。

  • “大丈夫な”ヒアルロン酸はコレ! 注入治療前に知識を

    プチ整形の代名詞ヒアルロン酸の注入。ヒアルロン酸という言葉は、化粧品のCMやお店などで、一度は聞かれたことがあるのではないでしょうか。 効果として、顔のアンチエイジング、しわ対策、潤い、ハリがでてくるなどがうたわれています。化粧品などにはヒアルロン酸が微量含まれていますが、高濃度のヒアルロン酸を直接皮膚に注射してアンチエイジンング治療をしようというのが、クリニックでの注入治療になります。 通常の効果やメリット、デメリットなどは当サイトの施術一覧を参照していただいて、今回はクリニックで使われるヒアルロン酸の種類について書いてみます。 レスチレン(RESTYLANE)とは よく安全なヒアルロン酸はどこの?という疑問があります

    この記事は、
    いなばクリニック
    稲葉岳也医師が監修しています。

Go to Top