Menu

美容整形の相談・紹介

検索

無料メール相談 24時間OK

鼻柱下降術 に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

[ 鼻柱下降術 ]

鼻柱下降術の概要・効果

鼻柱とは、左右の鼻の中心部分のことです。鼻中隔とも呼ばれ、クリニックによっては「鼻中隔延長術」というオペ名称となっている場合もある部位です。鼻柱下降術では、鼻柱の位置を下げ(唇に近づけ)て鼻全体のラインを美しく整える手術です。鼻が最も自然かつ美しく見える鼻柱の位置は、鼻柱の付け根が小鼻よりもやや下に位置している状態です。
もし鼻柱の付け根が小鼻の付け根よりも上に位置している場合、小鼻が大きく見えたり、丸く見えたりしてしまいます。鼻柱下降術では、これらの症状を改善します。逆に鼻柱の付け根の位置が下すぎて鼻の穴が見えてしまうような場合(サルのような鼻)には、鼻柱形成術が適しています。
鼻柱下降術単独でのオペもないことはありませんが、症例としては少なめです。なぜなら、理想とする美しい鼻の形を作り上げるためには、鼻尖や鼻翼とあわせて鼻全体のラインを整える手術となるケースが多いためです。
鼻柱下降術で鼻柱の高さを調整するためには、軟骨を移植するか、プロテーゼを入れることが必要となります。軟骨・プロテーゼともに鼻の穴の中を切開して行うので、外からは傷口が見えません。

こんな方におすすめ

鼻のラインを自然にしたい、鼻翼を手術せずにスッキリした鼻にしたい、鼻柱の位置を改善したい方

鼻柱下降術のメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

鼻柱の位置を改善出来るので、前から見ても横から見ても自然で美しい鼻のラインを手に入れることが出来ることです。デメリットとしては、自家軟骨を利用する場合、その傷跡が残ってしまうこと、プロテーゼの場合感染のリスクがあることです。

鼻柱下降術の失敗例

鼻柱下降術での失敗は、主に鼻柱の位置です。手術が終わってみると、自分が希望していた状態よりも、位置が下がりすぎていた(または下げたりなかった)ため、修正を行うという例が過去にあります。鼻の印象は、わずか1mmで変わってきますので、手術前には医師とのカウンセリングにおいて位置をよく検討することが重要です。

鼻柱下降術の修正に関して

術後の印象が、当初のイメージとは異なったという理由での修正が多い手術です。修正を行う場合は、まず執刀医とよく話し合うことが重要です。特に自家軟骨移植で鼻柱下降術を行った場合、組織の癒着具合も関係してきますから、修正のタイミングについても確認する必要があります。

鼻柱下降術の名医とは

1mmで印象が変わる鼻のオペなので、医療知識や技術はもちろん、センスが重要です。知識・臨床経験が豊富でセンスのある医師選びが、仕上がりに関わってきます。

関連する施術(機器)

鼻尖縮小術鼻中隔延長術鼻翼縮小術

メーカー ※医療機器の場合のみ

鼻柱下降術の口コミ(体験談・評判)

鼻柱下降術のCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

30万前後

ダウンタイム

痛み・腫れは、抜糸までの1週間程度は続く。その後はほぼ痛みもなく、傷口も目立たない

痛み・腫れ

強い腫れが続くのは1週間程度(個人差あり)

施術の流れ

カウンセリング→デザイン→麻酔(クリーム麻酔、局所麻酔または静脈麻酔)→オペ(自家組織採取(※1)、切開、挿入、縫合、ギプス、アイシング(※2)、回復室で休憩(※3))→当日帰宅可能
※1…プロテーゼ使用の場合は、自家組織採取は行われない
※2…アイシングを行わないクリニックもある
※3…静脈麻酔を選択した場合のみ

FAQ

経過

抜糸までの1週間を過ぎれば、痛み・腫れともにひく

モニター

あり(2~5割引)

抜糸時期(※オペ系のみ)

オペ後、1週間。ギプスが取れるのもこのタイミング

術後の洗顔・メイク

当日から可能

施術時間の目安

約60分

麻酔の種類

クリーム麻酔、局所麻酔または静脈麻酔

鼻柱下降術に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
≪ 美容施術一覧へ戻る

人気ランキング

おすすめランキング

話題のキーワードで検索

キーワード一覧
無料メール相談